リンク集

無料ブログはココログ

カテゴリー「メバル」の2件の記事

2015年8月 9日 (日)

引き続き夜メバル@山下丸

この釣りは、年に1回しかやらないのですが、夏の風物詩。

昼の暑さから逃れ、涼しい夜釣り。

昼はカワハギ釣りで、北風の予報だから少しは過ごしやすいかと思ったら、とんでもなく、やはり暑かった。

なので夜の釣りに期待です。


夜メバルはカワハギと同じ船で出るということだったので、左舷ミヨシをそのまま確保しました。

メバル用の竿って、3メートルを超える長い竿が基本なんですが、私はシマノのライトゲームで、2メートルの竿です。

船宿の仕掛け、3本針は2.5メートルあるので、この竿の長さだとうまく捌けません。

なので2本針にしました。

カワハギあがってから夜メバルまで2時間もあるため、ちょいとヤギタに行って来ました。

カワハギの針を買いに行ったのですが、夜メバル用の3本針仕掛けで1.8メートルというのが売っていたので、すかさず購入。

これなら2メートルの竿でもさばけそうです。

はい、まだ明るいうちに出船となりました。

0809_11


ポイントは久里浜沖だから、あっという間に釣り開始。

0809_12    


15メートルの浅場でしたが、全然釣れません。

メバルってね、ずっと上を向いていて、上から落ちてくる餌に反応するって言うじゃないですか。


先月大阪出張の合間に海遊館に行き、確信しました。

メバルはひたすらじっと、上を見ています。

Mebaru

だから、底から2メートル位切った位置から、ゆっくりゆっくり、落しながら誘ったんですが、全然アタリがないのです。


やっとあたったと思ったら、きゅいんと強い引き、これはアジです。

なかなかメバルが釣れない。



7時にようやく顔を見ました。


0809_13


ええと、実は私が考えていた釣り方、違ってました。

正解は、底ギリギリで待つ釣りでした。


底を取ったら、錘をほんの10センチ切って、そのままじっと待ちます。

しばらくすると、ちょっかいを出してくる前アタリがあるのですが、それでも竿を動かさないように、我慢してじっとしていると、突然、ズギュギューンと、竿が入るのです。


やばい~竿の入り方が半端なく、楽しいよこの釣り~。

しばらくして、夜も更け、メバルダブルだよ。


0809_14

ダブルが2回あり、20時15分にツ抜けしました。

0809_15


ツ抜けが目標だったので、もう思い残すことはありません。

と、適当に底を切って置き竿にしていたら、竿がズギューンと入りました。

アジかと思ったら、違う。

もっと走ります。

なんじゃこれ~、タモお願いします~と、お隣の方にタモ入れしていただいたら、

やっとタモにおさまった魚はフッコでした。

ハリスは1.25号だったんですよ。

よく海面まで連れてこれたわ。



最後に少し深場に移動して、更に大きなメバルが釣れました。

19匹で終了。

20センチ未満の2匹はリリースしたので、持ち帰りは17匹です。


0809_16


涼しいし、引きは強いし、いやあ、面白すぎる。

「年に1回しかやらない」と書きましたが、もう1回やりたいかも~。

2013年8月17日 (土)

年に1度の夜メバル釣り@山下丸

8月中のどこかで行こうと思っていた釣りものです。

今週はお盆で仕事がないため、連日の釣行になりますが、夜メバル釣りに行って参りました。

年に1回しか行かない釣りですが。

0817_1

山下丸には結構お客さんが集まって来ていて、2隻出しとなりました。

私は司朗船長のアジ船の右舷胴の間に釣り座をゲット。

ライトがあって明るいので釣りやすいとのことでした。


たっぷりのアオイソメが配られ、まだ明るい18時に河岸払い。

0817_3


本日のタックル、シマノ ライトゲームCI4 タイプ73 M200にステファーノ CI4+のリール。

0817_4


仕掛けは幹糸がフロロ2号で、枝間は下から30、60、60、50センチの全長2メートル仕掛け。

この長さの仕掛けが、2メートルしかない竿ではぎりぎりか。

船宿サービス券で船宿仕掛けを1セットいただきましたが、3本針にしたら2.5メートル。

ちょっと長いので、自作を使うことにしました。

ハリスはナイロン1.5号の40センチなので、ハリス同士がからまないといいけど。

ちなみに針は丸セイゴ13号です。



それにしても、海がなんだかうねっていて、とても釣りづらそうです。

出船前に坂本勉船長から、基本は錘を1メートル切った位置で、上下2メートルの幅で誘うようにとアドバイスをいただき、とりあえずやってみますが、なんの音沙汰もなく。


30分ほどして、ようやく魚信があり、巻き始めますが、上がって来たのはムツでした。

0817_6

25メートルの浅場でムツが釣れるとは、ちょっとびっくり。

サイズは小さいですが、これは嬉しい外道なのでキープです。


しばらくして、メバルにしてはちょっと違う・・・何だろうと思ったら、立派なサイズのアジ。


がぁぁ、メバル釣れません。

1時間ほどして、ようやく本命の顔を見ました。


ほどなくして、花火が始まりました。


0817_8

今夜は浦賀の花火大会なのでした。


とりあえず、魚は釣れなくても、花火が見られるならいいか。

メバルも音を怖がって隠れちゃうかもしれないしね。


というわけで、しばし、花火見物です。

0817_9


花火が終わり、ようやく型のよい30センチ近いメバルが1匹釣れました。

そしてあともう1匹追加して、そこからはたまに餌を齧られるだけで、ダメだ、釣れません。

タナが悪いのか、誘いが悪いのか・・・。

まあ、回りもあまり釣れてないけどね。


最後に少し深いポイントに行き、底近くでブリブリッとしたアタリが出ましたが、メバルのような元気はない。

カサゴでした。

ここでカサゴを2匹釣って終了。

0817_10

ツ抜けは船中2人だけだったということでしたが、私は本命がたったの3匹。

なんだか情けなさすぎですね。



まあ、納涼花火大会だったと思うことにします。

夜の船宿は、いつも見慣れたのとちょっと風情が違い、いい感じ。

0817_11


帰宅後、お風呂入ったらすぐに晩酌タイム。

またまたマグロをいただきました。

やっぱり、最高に美味い~。

0817_12

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31