リンク集

無料ブログはココログ

カテゴリー「マゴチ」の3件の記事

2013年6月29日 (土)

イワシでLT泳がせ釣り@保田

届いたばかりの竿を見ながらニヤニヤしていたら、UMIMARUさんからイワシの泳がせ釣りのお誘いがありました。

20号の錘で、イワシを泳がせながら、カサゴやマゴチを狙うんだそうです。

おお、新しい竿の試し釣りにぴったりかな。

0628_1

というわけで、早速、行って参りました。

久里浜港7時20分発のフェリーに乗り、8時ちょい前に金谷港到着。

金谷港でUMIMARUさんにピックしていただき、10分ほどで保田漁港に到着しました。

荷物を積み込み、すぐに出発です。

0628_3

シマノ ライトゲーム CI4 73 M200にDAIWAのスマック付けて、ラインはPE1号。

仕掛けはUMIMARUさんの手作りをわけていただきました。

ハリスは4号で、捨て糸30センチにハリス40センチ、幹は120センチ位の親子サルカン仕掛けです。

錘は20号とのことでしたが、手持ちは25号しかなかったので、25号でやってみました。



餌の付け方は、下あごから抜くということで、やってみましたが、イワシが小さくて、針を通すのが難しい。

投入するなり、UMIMARUさんは尺近いサイズのカサゴを釣りあげます。

底に着いたら50センチ位あげるようにという指示でしたが、私はちっとも釣れなくて。


やっと釣れたのがこの子。

餌を変わらないサイズや。情けない。

0628_5
しばらくして、UMIMARUさんがマゴチを釣りあげました。

続けて2本も。


私は全然釣れず、しかもあげてみると餌がもう泳がない。

そのうち、連続で根がかりさせてしまい、

どうやら道糸が細すぎるようです。

もっと太いのを持ってくればよかった。

UMIMARUさんのベイゲームのリールをお借りして、交換しました。


何度か前アタリはあったのですが、どうしても食いこまず、あげてみると餌がこの状態。

トホホ。

0628_6

アタリがあってから、少しテンションかけ過ぎているんじゃないかな?違和感があるとマゴチは餌を話しちゃうからね、とUMIMARUさんからアドバイスをいただき。

もう少し送り込むようにしてみます。


さて、しばらくして事件発生。

なるべく荷物を軽くするべく、長靴でなくサンダルで来たのですが、チクっと痛みが。

ああ、やられた!

ブヨに刺されました。

実は私、子どもの頃から虫刺されアレルギー(当時は、小児ストロフルスという病名でした)で、特にブヨに刺されると、もの凄いアレルギー反応が出るのでした。

まさか東京湾で刺されるとは・・・油断してました。
ここからは痒みと闘いながらの釣りになり、



昼近くになると、UMIMARUさんがサイズアップで、50センチオーバーの立派なマゴチを連続して釣り上げました。

私は相変わらず掛けられない。

半月錘に付けて吹き流す、自作のマゴチ仕掛けに替えてもみましたが、全くダメです。


タナを底ぎりぎりでやってみたらと言われ、錘を切った位の所でやってみます。


アタリがあって、あとちょっとと食い込むのを待っていたら、今度はこれや。

0628_7
合わせられませんでした~。がくっ。



それにしても、餌がすぐ弱ってしまうとずっと思っていたら、餌の付け方が悪かったようで、針を深く差し過ぎていたようです。

上の写真を見ると一目瞭然だわ。

口の際の所に針を刺し抜くべきところを、少し奥まった所に刺してしまっていたようで、それが原因でイワシがすぐ弱ってしまったらしく。

ああ、これ、サイマキでも同じようなことをやってしまったのを思い出しました。

餌が元気よく泳がないと、釣れませんよね。


さて、昼過ぎになり、餌の付け方も修正し、最後の最後にやっと竿が入りました。

やった~やった~やっと釣れた~。

UMIMARUさんがタモ持って待ちかまえてくれました。


ところが、水面まであとちょっとという所で、スポッと・・・抜けました。

ああ、とうとう最後まで、マゴチに遊ばれてしまいました。


1時に潮どまりになってしまったので、引き上げました。


おみやげにマゴチ2本とカサゴを何匹かいただきましたので、釣れなくてもクーラーにはお魚が入りました。

0628_8

しかも、ボートの上できれいに捌いて下さったので、持ち帰ったら食べるだけという、至れりつくせりな状態でいただきました。

ありがとうございました。


UMIMARUさんの釣った、型のよいマゴチはこちら。

0628_9

次はこんなのが釣りたいです。

シロギス釣りながら置き竿でやるより、やっぱり手持ちの方が面白いですね。

餌の付け方と、タナの取り方と、前アタリが出てからの送り込み方、肝に銘じてまたチャレンジします。

2013年6月 8日 (土)

マゴチ狙いのシロギス船@山下丸

シロギス船で外道のメゴチを釣ってマゴチ釣り。

山下丸の坂本船長曰く、そんな釣りが、今月中ならできちゃうんだそうです。

「シロギス船でマゴチ狙い」

何と魅力的な響きでしょう。



シロギス釣りって私、殆どやらないんですね。

半日船ならまだしも、シロギス狙いで1日船に乗ったことは一度もありません。

だって、小さいから捌くの面倒なんだもん。

天ぷらやフリットにするなら、カワハギやアマダイの外道でたくさん釣れちゃうトラギスの方が、ふわっふわで美味しいし。


そして、マゴチはというと。

はい、昨年一度だけ、一之瀬丸のマゴチ船に乗りました。

底を1メートル位切ったところで、ひたすら手持ちで待ち、とにかく忍耐の釣りでした。

最後の最後に顔が見られたからよかったけど、これで○ボだった日には、立ち直れそうにありません。

基本的に気が短いので、一日中待つような釣りは嫌い。


でも、シロギスとマゴチのコラボなら、話は別ですね。

シロギスでお土産を確実に確保しつつ、置き竿でマゴチも狙えちゃう。

少なくとも手ぶらで帰ることもないし、あわよくば大物も釣れる。

しかも適度に忙しい釣りになります。


というわけで、マゴチ狙いで山下丸のシロギス船に初めて乗ることにしたのですが。

混んでいたら4隅以外で2本竿が出せないかもしれないと思い、4隅を取るべく早起きし、5時半には船宿到着。

坂本船長に「今日は随分早いですね~」と言われましたが、

その時には既に四隅のうち3つまでリザーブされていて、唯一残っていた右舷ミヨシに釣り座をゲット。

一緒にワラシベ長者を目指すmomoちゃんがミヨシ2番で並ぶことにします。



さて、今日のカワハギ船は、達人が沢山お見えでして。

アサリの殻剥きをしている赤○さんに、葉山の達人藤○さんに、さくらの鈴○さん達。

0608_1


今日はカワハギにしなくてよかったかも。

このメンバーでは、きっと自分には分け前がないわ。

などと思いつつ、対岸のシロギス船へ。



平日だというのに、シロギスのお客さん、片舷10人ほどになり、2隻出しにするとのことです。

私たちは坂本船長の船に居残り、結局片舷7人ずつ、14人で出船となりました。


0608_4


さて、本日のタックル、A-トリガー ライトゲーム 180Mにスポルザ(道糸1.5号)

0608_5
あ、これは置き竿のマゴチ用ね。

シロギス用は、船釣り始めたばかりの頃に買った安いキス竿に、シマノのBIOMASTER 2000(道糸1号)。



下浦沖は近いのであっと言う間にポイントに到着し、10メートルダチでスタート。

「まずはメゴチを釣らないことには話にならないよね~。」

なんてmomoちゃんと話しながら、キス用の天秤仕掛けを投入。


あれれ~スピニングリールでアンダースローのキャストするのって、難しい・・・
全然投げられません。

それでも1投目で本命のシロギスゲット。

そして、次にメゴチ、その次もメゴチ、またしてメゴチ。

底を取るなり、メゴチがかかります。


とりあえず餌は確保したので、自作の仕掛け(ハリス1.5メートルに極ムツ16号)の針をメゴチの上あごから鼻に抜き、泳がせスタートです。

0608_6

半月錘で底を取ったら、1メートル位底を切り、あとは置き竿にしておくだけ。


そして本命のシロギス釣りに戻ります。

何度も練習しますが、スピニングでうまくキャストできません。

しかも、天秤仕掛けでシロギス釣るのって、あまり慣れていないので、海底の様子があまりイメージできません。

しょうがないからそのまま下に落とすと、必ずと言っていいほど、メゴチのダブル。

私と同じくスピニングリールの扱いにてこずっていたmomoちゃんと、二人でせっせとメゴチ釣り。

・・・泳がせの餌には困らないけど、こんなに要らない・・・


潮があまり流れていないようなので、ハリスがべったり海底についてしまうからか、メゴチがシロギスより先に食ってしまうようです。

ならば胴突き仕掛けにしてやろうじゃないかと、予備竿のA-ブリッツショート&Newスマックに胴突き仕掛けを付けて投入してみました。

これでシロギスがぽつぽつ釣れましたが、竿が柔らか過ぎて、合わせが効きにくい。


そこで、再びキス竿&スピニングに戻し、天秤仕掛けでキャストの練習をします。

私は左ききなので、竿を左手に持ちますが、右舷ミヨシだったので、左側(つまり右舷前方)には、いくらキャストしても大丈夫。

なので、左手の手首のスナップを利かせ、前方ではなく、左手に向けてキャストしてみました。

これで、何とか道糸を斜めに入れることができるようになりました。

10時近くだったでしょうか。左舷艫の方で、マゴチが上がったようです。

船長のアナウンスを聞いて、俄然やる気になりました。

泳がせの仕掛けを時々チェックし、メゴチがあまり動かなくなったら、釣ったばかりのメゴチと交換です。

潮があまり流れていないようなので、ハリスを1メートルに短くしてみました。

(これは昨年のマゴチ釣りで上手くいったパターンです)


さて、ドラマは11時に訪れました。

メゴチを泳がしていた竿が、ズシッと海面に刺さりました。

来た、来た、来た~。

すかさず、竿をロッドキーパーからはずして手持ちにし、合わせを入れます。

針はがっちりとかかっているようで、竿がギュイーっと持っていかれそうになります。結構な引きで、超楽しい~。ああ、嬉しい~。

マゴチでもアマダイでもマダイでもヒラメでも、この瞬間が、至福の瞬間なのです。

小物釣りでは味わえない、アドレナリンが湧きまくる瞬間。

momoちゃんがタモを持って構えてくれましたが、海面で暴れるマゴチがなかなかタモに入らず、大騒ぎの末、ようやくゲットしました。

約50センチの立派なマゴチをゲットできました。

0608_7

はあ、これで私は今日の目的を果たしました。

あとはmomoちゃんにもマゴチが来れば言うことなし。


午後になり、更に潮が流れていない感じになって来ました。

メゴチを置き竿で泳がせながら、シロギス釣りを続投しますが、キャストしてズルズル底をひきずったのでは、メゴチしか釣れません。

そこで、少し弾みを入れてみました。

リズミカルにさびくことで、錘を一旦底から離し、仕掛けを軽く踊らせます。

そして再び錘が底に着いたら、しばらくそのままステイ。

こんな誘いを入れることで、シロギスもポツポツ釣れるようになりました。

相変わらずメゴチも混じり、結局、シロギスは47匹で終了。

0608_8

チビメゴチはせっせとリリースしましたが、それでもメゴチが50匹以上いて、シロギスよりも多かった。

右舷大艫にいらした森○さんが断トツの竿頭で、シロギスを96匹釣ったそうです。

さすがです。

マゴチは船中4本(2本釣った方がお1人)でした。


明日から出張なので、シロギス2匹だけ残し、シロギスとメゴチは全て友人4人に差し上げました。

マゴチは-60度冷凍庫へ直行です。

そして今夜の晩酌。

Sirogisu

シロギスは刺身と炙り、外道で釣れたチビイワシを手開きにして添えました。

1人で晩酌する分には、これで十分ですわ。

2012年6月24日 (日)

初挑戦のマゴチ釣り@一之瀬丸

10日ぶりの休み、そして今月やっと2度目の釣りです。

一度挑戦してみたかったマゴチ釣りに、ようやく初挑戦しました。

お世話になったのは一之瀬丸の一日船。

7時に出港して、午後3時沖揚がりの4時頃帰港。

サイマキ5匹付いて9000円です。

でも、私は女性割引なので半額の4500円でした。

お得で嬉し過ぎます。

初めてなので船長のそばがいいかなと、左舷胴中央に釣り座をゲット。

出船前にナオト船長のレクチャーを受けます。

まずは餌のサイマキ(クルマエビの子ども)の付け方。

サイマキのツノを半分位折り、針を口から入れてツノに刺し、針先をツノからほんの僅か(1ミリ位)出す。

船長の手さばきを見ていると、超簡単そう。

(実際には、簡単ではなく、勢い余って針が突き抜けたり、斜めに針をかけちゃったり、サイマキを即殺させちゃったり・・・でした)

そして釣り方。

底を取ったら1メートルあげる。

万一リールで巻いている間に食ったら絶対バレるので、竿を下向きにした状態で底を取り、そのまま1メートル上げるとのこと。

あとは1分間に2回位底を取り直し、それが誘いになるということで、延々と底取りを繰り返すのだそうです。

なんだか地味で忙しい釣りですね。

さて、定刻の7時にマゴチファン10人を乗せて出船しました。

0624_1

40分ほどで大貫沖のポイントに到着。

0624_3

本日のタックル、A-trigger ライトゲーム180Mにスポルザ(PE1.5号)

A-trigger ライトゲーム180Mは錘負荷20~60号なので、15号の半月錘でちゃんとアタリが取れるのか、少し不安でした。

(かと言って、予備で持ってきたA-Britzショートだと竿が短すぎて扱いにくそうでした。)

30分ほどして、左舷トモ2番の方がマゴチゲット。

すかさず船長が色つきの安全ピンを出してきました。

生簀に入れておく目印にするそうです。

常連さんはそれぞれ、自分の目印となるピンだとかヒモだとかを自前で持っているそうです。

船にもいくつかの色違いのピンが用意されているのだとか。

そうこうしているうち、船中でポツポツとマゴチが釣れだしました。

しかし私はと言えば、ひたすら忍耐でございました。

まめに底をとり直しても、じっと待ってみても、置き竿にしてみても、マゴチらしきアタリがありません。

一度だけいきなりぐいっと引きがありましたが、すぐ離れてしまいました。

竿がはじいてしまったのでしょうか。

時々、違うアタリが混じり、餌をやられます。

サイマキがそのままあがってきても、死んでいるので付け替えます。

外道の犯人はフグだそうです。

針が17号と大きいから、まずフグはかかりませんね。

昼頃からは、外道のアタリすらなくなりました。

こりゃ、渋い日のタチウオ以上に難しいかも。

左舷ミヨシの方が断トツのトップで、昼過ぎには6匹。

1時過ぎ、左舷ミヨシ2番の、私と同じ初挑戦の男性もようやく1匹目をゲット。

もしかして、私だけボウズでしょうか?

昼過ぎた頃から潮止まりタイムのようで、底潮が全然動いていない様子。

船長が「それだけが原因かわからないけど、左舷ミヨシの人は仕掛けを1メートルにして釣れてます」

と教えて下さったので、早速仕掛けを1メートルに縮めてみる。

潮が流れていない時はタナの位置は変えずに仕掛けを短くする。

確かに、それはありかもしれない。

アマダイ釣りで、底スレスレをキープするために、潮に応じてタナを変えてみたり、フロートやガン玉付けてみるのと同じですね。

1時半を過ぎ、船は第二海堡そばに移動しましたが、今度は潮が速くて底が取りにくい。

0624_4

20分ほどでまた移動。

残り40分を切りました。

最後は大貫沖の浅場7メートルのポイント。

忍耐の限界と思えた沖揚がり10分前に、コツンコツンと。

それから少し送り出してみたらグイ、グイっと。

もう少し待ったら今度はズンっと。

ここで「おっしゃ~」っと合わせました。

竿が強く引きこまれます。

隣で船長がタモを構え、

「頑張れ、バラすな、あとちょっとだ~」

と声をかけて下さいました。

無事タモに収まった時はもう、大興奮。

やった~。

50センチオーバーゲット!

0624_5

今日は小さいのばかりだったとのことで、今日釣れた中では一番のサイズでしたよ。

このマゴチを釣らせてくれたのが、このサイマキくんでした。

0624_52

13匹目のサイマキでしたが、どれよりも一番元気で、私の餌付けが(やっと慣れて)うまくいったのか、針が付いているのにピョンピョン跳ねてました。

船宿に着いてから、生簀に貯めていたマゴチを出したところを撮影しました。

全部で10数匹でした。

0624_6

ということは、6匹釣ったお1人を除いて、平均1匹?

1匹釣れれば決して悪くない。

何とも忍耐の1日でしたが、終わりよければすべてよし、です。

06241

帰宅後、とりあえずお刺身を造ってみました。

疲れちゃっていたので、ブツ切りモードです。

06242

薄造りみたいにきれいにはなっていませんが、これで半身分でした。

ワサビ醤油と、柚子胡椒ポン酢で食べてみました。

どちらも美味しかったけど、ポン酢の方が上品な白身により合ってました。

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31