リンク集

無料ブログはココログ

« 明けましておめでとうございます | トップページ | オニカサゴとタコで宴会@日本料理さくら »

2016年2月 4日 (木)

2年ぶりのオニ退治@庄三郎丸

あれよあれよと言う間に、もう2月になってしまいました。

1月の釣り、6回でした。

1月2日 アマダイ@真鶴 ふみ丸
1月4日 アマダイ@やまてん丸
1月6日 カワハギ@山下丸
1月9日 ハナダイ@片貝洋一丸
1月15日 タチウオ@金沢漁港 鴨下丸
1月22日 午後LTアジ@忠彦丸

ブログを書くのをサボっていたら、すっかりサボり癖が付いてしまいました。

また気を取り直して再開です。



さて、今回はほぼ半月ぶりの釣りで、そして2年ぶりのオニカサゴじゃ。

0204_1_2


庄三郎丸のオニカサゴは錘80号のLTなので、メタリアタチウオで挑戦します。

200メートルしか巻いていないフォースマスター 400DHを持って行ったら、いきなり150メートルダチで焦ってしまったという2年前の反省をもとに、今日のリールは フォースマスター 2000。

3号を430メートル巻いてあるので、根がかりで高切れしても安心です。

船宿に到着したのは5時頃で、ミヨシが2席埋まっていただけ。

私は右舷の大艫に入りました。

(終日上げ潮の北西風の予報だったから、右舷ミヨシがベストの釣り座なんですけどね)



前日余裕がなかったので、船宿に着いてから仕掛けを作りました。

親子サルカンを介して、下のハリスは70センチ、枝は30センチ、枝から上は60センチ。

全てフロロ5号です。針はがまかつの極ムツ 18号。

4セット作って終了。足りなくなったら船の上で結びます。


定刻の7時に河岸払い。結局、4隅に1人ずつという、贅沢な乗合になりました。

朝日がとっても素敵~。

0204_2


船は江ノ島沖を通り過ぎ、もうちっと行ったあたりで投入となりました。

テンビンとの接続部分にも、もう1本ハリスを出して、最初3本針でやってみます。



期待の第1投。水深125メートル。

底を取ったら錘を50センチ位あげ、こまめに底を取り直しましょう。

そして、もたれたり、違和感があったら、合わせた方がよいとの船長のアドバイスでした。


で、まず底を取り、僅かに錘を切ったら途端、なんだかひったくるようなアタリがあり。

オニカサゴではないことは確かで、最初回遊魚っぽい引きだと思ったのですが、その後ただただ重く。

でも軟体動物系でもないし・・・。



海面に現れたのは テンビンとの接続から結んだ一番上の針にスレ掛かりしていたアラ でした。

0204_3


実は今年の初釣り、アマダイの外道で アラを初めて釣りました。

その時はチビだったけど、今回は中型サイズ。

いつかはジャンボサイズを釣ってみたいものです。


そして次なるは、チビなアカタチ~。

0204_4


それから、トラギスにユメカサゴ・・・。

結構餌取りが多く、18号の大きな針に12センチもあるサバ短という組み合わせにもかかわらず、チビ君たちが果敢に食ってきます。

一番上のテンビンとの接続部から出した針は、根魚以外のゲストを呼ぶようなので、2本針に戻しました。




ようやくオニの顔を見られたのは、9時を回った頃。

25センチにちょっと足りない小型ですが、大きいのが釣れないと困るので、しばらくキープします。


0204_5


なんかですね~やっぱり、オニカサゴを釣るには合わせのタイミングが必要でした。

最初のカスって感じたところで合わせるのは早過ぎでしたよ。

アタリがあったら僅かに糸を送りこみ、少しの間待ちます。

そうすると、最初よりももう少し大きなアタリが出ますので、タイミングを見計らって(これが難しいんだけど)、聞き合わせ。

それで、竿先が入って魚が掛かったと判断したら、電動で巻き合わせ。

これが正解でしたね。

(2年前のブログにも同じようなことを自分で書いてました。全く進歩のない自分)



ところが、次は、合わせが僅かに遅れてしまい、根にもぐられてしまいました。

どうやっても、引きずり出せない。

しょうがなく、仕掛けを引っ張って切りました。


そして、間もなく正午というあたりで・・・しばし置き竿でおにぎり休憩。

・・・竿先が、僅かに動いてます。

すぐに手持ちに持ち替えて、ゆっくり聞き合わせてみました。

そしたら、ゴゴゴゴン、ゴゴゴゴンって、おっと、これは覚えのある引き方。

間違いなくオニカサゴのアタリです。

結構引くので、少しドラグを調整し直します。

(もうもう、この段階でワクワクのピークで、顔がにやけてしまいます)



そして、船長にタモ取りしていただき、無事ゲットしたナイスサイズ。

0204_7


ああ、よかった~。

明日6人で宴会です。これが1匹あれば何とかなります。


しかし、終盤にもう1つ、ドラマが待っていました。

釣ったのは地球?

また根がかりかよ~って、糸を引っ張ったら、根からはずれたようで、糸は巻けるようになったけど、重たい何かが付いている感じ。

大きな岩でも付いてたら超恥ずかしいな~。

なんて思いながら電動で巻いていると、時折り引くんですよね。

これはもしかして・・・・例の、タコくんではないでしょうか。


じゃじゃ~ん。

あがってきたのは2.5キロのミズダコでした。

0204_8

ミズダコって、北海道で獲れるタコだと思ってました。

相模湾にもいるんですね~。

やりましたね~。大収穫です。

明日の宴会が楽しみや。


このタコがツキを呼んだのか、更にオニカサゴを更に2匹追加。

最終的にオニカサゴを4匹ゲットできました。

0204_9


最初の1匹は、この段階でリリース。

3匹でも十分満足です。

今日は凪で穏やかで、2月というのに寒くなく、凄く楽しめました。

オニカサゴ、最高!

« 明けましておめでとうございます | トップページ | オニカサゴとタコで宴会@日本料理さくら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/63178772

この記事へのトラックバック一覧です: 2年ぶりのオニ退治@庄三郎丸:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | オニカサゴとタコで宴会@日本料理さくら »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31