リンク集

無料ブログはココログ

« 北茨城マダラ釣り(第十五隆栄丸)の覚書 | トップページ | TKBに参戦したものの・・・@つり幸 »

2015年10月 7日 (水)

DKO C予選(惜しかった~)@山下丸

今日はダイワカワハギオープンのC予選。

強~い北風の予報で、もしかしたら延期になるのでは、と思いつつ山下丸に向かいました。

しかし、予定通り開催でございます。

お仲間では、ゴヨーさんに淵野辺さんに海賊船の船長、皮研からはH江さん、A井さん、T橋さん、A川さん、U山さん、S木さん、TさんがC予選に参戦です。

予定より10分早め、6時20分に抽選開始。

今日は北風で終日上げ潮、となると、本来であればミヨシが有利なはずなんですが、

これだけのシケだと、揺れが半端ないから、ミヨシにはなりたくないなぁ。

船べりが低くて釣りづらいし、女性にはトイレがしんどいから、E船だけにはなりたくないなぁ。

A船でもB船でもC船でもD船でもいいから、ミヨシ以外をお願い!

って思ってくじを引くと・・・・ E船右舷ミヨシ2番でございました。

がっくりしながら、橋を渡ります。(E船の船着き場は橋の向こうなの)

1007_1

さて、定刻となり、船は一路竹岡に向けて走ります。

揺れる揺れる。

船は小さいので、半端なく揺れます。

そして水をバッシャンバッシャンと、容赦なくかぶります。

揺れで荷物も飛びそうです。

しかし、この船にはドアの付いたキャビンがないのです。

ドアがないものの、大勢がキャビンっぽい板の間に避難。

必死に揺れと水しぶきに耐えます。

ポイントに着くまでの時間が、以上に長く感じました。



さて、ようやく開始。

ってか、最後にE船が到着した時、他の船は既に開始してました。

とりあえず、仕掛けを入れてみたものの、風と波でアタリが全然わかりません。

だけど、餌は取られます。

犯人は、トラベラー軍団。

それに、キタマクラもいます。

そんな中、しばらくして、ようやくチビ本命を2枚掛けられました。

しかし、それからしばらく沈黙の時間。


最初の2枚は中錘を着けて底で釣りましたが、あまりにアタリがわからないので、

中錘をはずし、思いきって底を切りました。

底で餌をふわふわさせてから、僅かに宙を切ってアタリを待つというスタイル。

ミヨシ側なので、底ぎりぎりの宙をキープするのは非常に難しいのですが、揺れに合わせた竿の上げ下げで、できるだけ仕掛けが底近くに留まるようキープし。

これで、カスっとしたアタリが取れた時は嬉しかったですね。

ようやくポツリポツリと、4枚。

少しサイズがよくなったので、キープします。

いつの間にか午後になってしまい、あと30分というところで、再び中錘を付け、底を狙ってみました。

これで最後に2枚追加。

3枚リリースを含む8枚で終了でした。

1007_3



終わってみたら、右舷胴の間の宮本さんが9枚でトップ。

そして、2位の8枚が3人。

予選を抜けられるのは、そのうちの2人。

何と検量対象になってしまいました。

左舷ミヨシにいらした前田さんも同じく8枚だったので、カワハギのサイズを比べっこしてみたら、明らかに私の方が小さい。

もう1人の検量対象の方のカワハギが、よっぽど小さくない限り、抜ける見込みなしです。


検量は船宿に戻ってから。

検量対象者が揃うのを待っていたら、もう1人の方がカワハギを袋にぶら下げていらして・・・

測るまでもなく、見るからにその方のカワハギが一番大きかった。


皮研のメンバーは、全員予選敗退~。

仲間うちでは、淵野辺さんだけが1位通過。


今年は竹岡プラも1度もしなかったので、シーズン初の竹岡沖でした。

小型ですが、もっちりとした竹岡ならではの肝も入ってましたよ。

1007_5


そして、トラギスのお刺身。

天ぷらにするほど数釣れなかったのでお刺身にしましたが、上品な味で美味いです。

1007_4






« 北茨城マダラ釣り(第十五隆栄丸)の覚書 | トップページ | TKBに参戦したものの・・・@つり幸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/62458406

この記事へのトラックバック一覧です: DKO C予選(惜しかった~)@山下丸:

« 北茨城マダラ釣り(第十五隆栄丸)の覚書 | トップページ | TKBに参戦したものの・・・@つり幸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31