リンク集

無料ブログはココログ

« タチウオの手毬寿司と八幡巻風 | トップページ | クロムツの会@オン ザ カナル »

2015年10月15日 (木)

シーズン2度目の半夜クロムツ@つちそう丸

突然思い立って、網代の半夜クロムツ釣りに来ちゃいました。


1014_1

この釣り、確か今月いっぱいなので、終了前に行きたいなぁと思っていたところ、

今日は平日なのに予約成立していたので、思わず電話しちゃいました。

実は、8月に1回、ここに来たのでした。

その頃、ブログを2か月近くさぼっていたので、記録がありません。

で、サバの猛攻ばかりで、9匹しか釣れませんでした。



仕掛けはその時に作った余り。

幹:ナイロン10号 枝間120センチ

捨て糸:ナイロン10号100センチ

ハリス:フロロ8号60センチ

針:ムツ17号、胴突き4本針

錘:120号

それと、サバの猛攻時用、アカムツ釣りの時に作ったムツ針胴突き2本針仕掛けも用意。


4時半に集合し、つちそう丸では船長がそれぞれの釣り座を指定するシステムです。

私は、左舷艫2番になりました。

本日、最終的に片舷6人ずつの12人が集まり、5時ちょっと前に河岸払い。

1014_2

30分走り、投入開始となりました。

船宿支給の餌はサンマです。

1014_30


今日は、やってみたかった課題があります。

メタリアタチウオM-195と、Aグリップネライ 240Mとの違いをチェックすること。

どちらも120号錘を背負える竿・・・

アカムツのような底トントン釣りでは、Aグリップネライは柔らかすぎてアタリが取れなかったのですが(240Mだからで、210Hであれば問題ないと思います)、


クロムツは底を1~5メートル切る釣りなので、もしかしたらAグリップネライの方が食い込みがいいかもしれない。

一方、メタリアタチウオのように穂先感度でアタリを取る系タックルもいけるかもしれない、

この2つを比べたくて、まずはメタリアタチウオとフォースマスター2000MK(道糸3号)のコンビでやってみます。


1014_3    

投入していきなり、ガツガツっとアタリがあり、てっきりサバかと思ったら本命でした。


1014_4

メタリアはメタルトップなので、Aグリップでは取れない、最初のカスッとした前アタリまで伝わります。

それで、開始10分で良型4匹もゲットしてしまいました。

1014_5


そうでしたそうでした。

クロムツも結構、サバっぽいお下品なアタリだったのでした。

クロムツのアタリは、「ふけないサバ」と覚えておこう。


しばらくしてサバが釣れたので、すぐに餌を作ります。

1014_6

新鮮なサバ餌はサンマに比べると餌持ちが非常によく、いつの間にか餌が無くなるのを防げます。

ただ、何故かサバもサバ餌が好き(とも食い!)なんで、サバの猛攻時は注意して使う必要があります。


ちなみにつちそう丸では、まな板は釣り座ごとに用意されていますが、包丁は各自持参する必要あります。


注意点が一つ。サメが寄るので、落した頭や骨や内臓を海に捨ててはいけません。

大きく移動する時まで、ビニール袋などに保管しておく必要があります。


クロムツも釣れますが、サバも結構かかっちゃうので、、サバ餌とサンマ餌を1つ置きに着けてみます。


次に、AグリップネライM240と、電動丸3000plays(道糸5号)のコンビに替えてやってみます。
1014_7


結論として、やっぱり、クロムツにはAグリップネライ M240の方がよかったですね。

メタリアを使っていた時、途中から時々はじかれました。

アタリのわかりやすさではメタリアに軍配があがりますが、クロムツはタチウオやアマダイのように、カスッとしたアタリを取って掛けていく釣りではありません。

どちらかと言うと、誘いの中で向こう合わせしていく釣りなので、竿のしなやかさが求められます。

Aグリップのしなやかさが、魚に違和感を与えず、アタリをはじかず掛けてくれたようです。
そんなわけで、途中からはAグリップ1本に絞りました。



今回意外なことに、電動丸3000playsがよかったですね。

中途半端な太さである道糸5号が巻いてあるので、普段あまり出番がなく、

古いリールなので、デザインも今イチ。

ですが、巻き上げスピードが何故かとっても速いのです。

途中、サバやサメにアタックされるのを交わすため、結構速いスピードで巻きますが、電動丸だと、もの凄く軽やかに早くあがってきます。

古女房に惚れ直した、みたいな新発見でした。


さて、前半戦が終了し、この段階で18匹。

ここで初島周りに移動となりました。

30分以上走り、やっと投入となりましたが、サバの猛攻で数を伸ばせなくなり。

針を1本減らし、3本針にしました。

最終的に、クロムツ26匹で終了~。


1014_mutsu


全体的に型がよく、十分満足です。

1014_mutsu2


ゲストはスミヤキ、チビキンメ、アジ。

そしてこのお方たち。

1014_saba

痩せたのはリリースしましたが、でっぷり太ったのが多かったのでお持ち帰りしました。

この魚の量で、35リットルクーラーが満タンでした。

ああ、楽しかった~。

« タチウオの手毬寿司と八幡巻風 | トップページ | クロムツの会@オン ザ カナル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/62486240

この記事へのトラックバック一覧です: シーズン2度目の半夜クロムツ@つちそう丸:

« タチウオの手毬寿司と八幡巻風 | トップページ | クロムツの会@オン ザ カナル »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31