リンク集

無料ブログはココログ

« 波崎からアカムツ仕立て【準備編】@仁徳丸 | トップページ | アカムツ1匹を基本的な3品で楽しみました »

2015年9月19日 (土)

波崎からアカムツ仕立て【実釣編】@仁徳丸

1時に出発し、首都高から東関東自動車道をひたすら直進し、3時過ぎにはもう到着です。

まだ時間があるので、集合の10分前である4時20分にアラームをかけて暫く仮眠。


集合時間5分前に仕立て船の所に行ったら、もう全員集まってまして。

くじを引き、右舷前からたー坊さん、マルソータさん、ケンイチさん、うぞっさん、ポン太さん。

左舷前から、すずきんさん、MIKKA、rubyさん、Meckeyさん、そして、最後に残ったくじが大艫だった まるかつさん。


船に乗り込み、5時に河岸払い。


本日のタックル、【準備編】に書きましたが、 シマノのライトゲームCI4 82M190が壊れてしまったため、止む無く ダイワのAグリップ 240M。

Aグリップも210Hぐらいだったらちょうどよいかと思いますが、この竿はものすごく柔らかくて長いのです。

胴付きの底の釣りでうまく使えるか、心配です。

リールはフォースマスター 2000(PE3号)。

0919_2

錘が120号、道糸3~4号厳守ということだったので、一日中手持ちできるライトなセッティングが嬉しいです。


そして餌。

船宿支給のホタルイカは超ジャンボパックでした。

それから、家の-60度の底の方に眠っていた、ゴヨーさんのスペシャルソーダガツオと、先週の番匠高宮丸の仕掛けに付いていた鮭皮を持ってきました。

0919_3    


船は45分ほど走り、カンネコ根の120メートルダチでスタート。

まずは、鮭皮と、胴を取って肝をむき出しにしたホタルイカとの抱き合わせでやってみます。



最初、釣り方のイメージがつかめない。

底を取ったら糸ふけを取り、もぐった錘を外に出したら一定のテンションを保って錘を付けておく。

そして、アマダイの時のように竿を振り上げ、ゆっくりゆっくり落していく。

時に、着底した状態でたるませてみる。

まあ、そんなイメージだったんですが・・・・・。


竿が長くて柔らかいので、大ぶりなアクションをつけないと、竿が吸収してしまい、仕掛けが全く動きません。

そして、錘が底に付いている状態だと、竿が吸収してしまい、アタリが全く取れません。

困ったなぁ、このままだとアタリが取れないから釣れないぞ。

どうしたものか・・・。

と、しばし置き竿にして考えこみます。


大艫のまるかつさんはなんと、一投目に本命ゲットしています。

しばらくして、お隣のrubyさんがヒット。

こちらはウスメバルの一荷でした。

私のところにも、ようやくアタリが出て、ゆっくり聞き合わせてみます。

ほぼ尺サイズのウスメバルでした。

0919_4



そしてお次は、キュイキュイっという引きはもしかして・・・・・やっぱり、

大きなアジでした。

0919_5



錘を僅かでも切っていれば、この柔らかくて長い竿でもアタリが取れることにようやく気付きました。
そうだったそうだった。

この竿でムツを爆釣した時も、底は2メートル位切っていたのでした。

一度掛けてしまえば、あとは竿が引きを吸収してくれるので、バレにくい竿です。



しかし、底を切るとなると、捨て糸が長すぎるかもしれない。

そう思って捨て糸をちょっと短くしてみたところ、サメがヒット。

しかも、2回連続ですよ。

(下はサメの写真ですが、仕掛けを持ちながらの撮影なので、うまく撮れていません)

0919_6



その頃から、サバもかかりだして。

釣れたサバをすぐ身餌にしてみます。

サバが釣れる時に新鮮なサバの身餌は、共食いを招く元で要注意なんですが。

(クロムツ釣りの時にも言われたし、今回は まるかつさんにも言われました)

とにかく、やれることは何でもやってみようと思い。



そして更に、捨て糸を切りました。

名付けて「捨て糸捨て作戦」。

捨て糸を、何と10センチまで詰めてしまったのです。



捨て糸を捨てたので、釣り方も変えました。

最初から底を切ります。

着底したら、すぐに1メートル底を切り、

その位置から、更に竿をあげて、ゆっくり下ろす。

食わせる間をおいてから、また誘い。

そして底を取りなおす。

の繰り返し。



ほどなくして、待望のアカムツ、ゲット~。

底を切っていましたが、「捨て糸捨て作戦」だったので、上の針にかかりました。

やったぁ、やったぁの大騒ぎ。

0919_7


「捨て糸捨て作戦」が功を奏したのか、その後、2匹目ゲットん。

大きいよ。40センチありました。

0919_8


ガツガツっとすごい引きだったから、でっかいサバがダブルでかかったのかと思ったよ。

これが良型のアカムツの引きなのね。

海のルビー、女王様も、良型はクロムツ同様、ちょっぴり下品な引きでした。

更に続けて、3匹目をゲットん。



ところが、この頃から、サメの猛アタックが始まりました。

4匹目の本命らしき魚がかかって巻いていた時、あと30メートルのところでいきなり、ガツンガツンガツンと、変な動きがして、

その後、シーン。

あげてみると、魚はいません。


これがサメだと確信したのは、ウケグチメバルを釣った時です。

同じくあと30メートルのところで、ガツンガツンと竿が暴れ始めたので、スピードを上げて巻きました。

無事あがってきたメバルには、歯形がしっかりついていましたよ。

0919_9

それにしても、ほた針ってのを初めて使いましたが、がっしりと掛かってなかなかはずせませんね。すごい針ですね。



さて、顔を見れれば御の字と思っていましたが、クーラーには既に3匹のアカムツが鎮座しています。

0919_10


この頃、すずきんさんは禁断の大技、「アカムツのプチ入れ食い」モードに入っており、

私はタモ入れ係。

何をどうしているんだか、見ていて全然わからないのですが、投入するなりまた釣る。

「アカムツの入れ食い」なんて、一生に一度も拝めないかもしれない場面に遭遇したもんだから、私の興奮はピークタイムを迎えてしまい、

もうゲラゲラと笑いが止まらない。

すずきんさんは「にやにや顔」が止まらない。


結局、後半はサメに何度もアタックされ、私は3匹で終わってしまいましたが、型のいいのもゲットできたので、もう大満足。

しかも10人全員が本命のアカムツを顔を見られたのです。

トップは左舷ミヨシのすずきんさんと、左舷大艫のまるかつさんで9匹。

いい日にあたりました。



アカムツ3匹、アジ2匹、ウスメバル、ウケグチメバル、ユメカサゴ各1匹を持ち帰り。


0919_11


準備編に書いた「サバ40匹」は妄想に終わり、サバは7匹でした。

1匹は餌に、サバ6匹とドンコと尺ウスメバルは友人におすそ分け。

帰りは眠くなるかと思ったら、全く大丈夫でした。

よっぽど興奮していたのでしょう。

楽しい1日でした。



同行の皆様、興奮し過ぎて大騒ぎしちゃってましたね。

この場を借りてお詫び申し上げます。


追伸:今年から120号錘になった波崎のアカムツ釣り、今回やってみて思いました。

メタリアタチウオ M195が、竿の長さも全体の調子も穂先の柔らかさも含めてぴったりです。

つまり、深場のタチウオ、ノーマルタックルのアマダイ、そして波崎のアカムツがこれ1本でいいわけですね。

« 波崎からアカムツ仕立て【準備編】@仁徳丸 | トップページ | アカムツ1匹を基本的な3品で楽しみました »

コメント

続きを早く!
と書いたら本編が直ぐに出てきました。急かしちゃったかな?
念願のアカムツゲットおめでとうございます。
それも40cmのナイスサイズ、波崎に通ってもそうそう手にできない
サイズですよ。
捨て糸を短くするのも手ですが、底はさまざまに変化します。
ですから長め(100~150cm)の捨て糸にして、海底をトレースする作戦が
正解ですね。但し竿次第ですが。
来月も乗りたくなったんじゃないの?

お疲れ様でした。
朝、最後に到着と思ったら、近くで寝てたんですか・・^^;;
にしても、良い日に当りましたね。私の波崎釣行の中でも最高の釣果でした。
やわらかすぎる竿で釣りにくそうでしたが、腕でカバーってとこですね?お見事でした。
また、ご一緒しましょう!!

お疲れ様でした。

しかし、MIKKAさんはいつもよく釣りますよね。
40㎝超はもう6回乗っていますけど、未だ釣っていません。
羨ましい限りです。
12月はお手柔らかにお願いします(笑)

まるかつさん、

大丈夫ですよ。
続きを早く~ってコメント、実釣編をアップしてから読みました。

次は別の竿でやりますから、底をトレースします。
まるかつさんの去年のブログとかを読んで、イメトレしたんですが、竿が柔らかすぎて、うまくいきませんでした。

正直なところ来月も行きたいのですが、我慢我慢。
オーケストラの本番の直前なので、釣りは自粛なのです。

すずきんさん、

いやあ、もう隣でずっと興奮してました。
いいものを見させてもらいました。

腕?いやいや、欲が深いだけです。
殺気が強すぎるのか、魚がさっぱり釣れないこともよくあります。
またよろしくお願いします。

朝はぎりぎりですみませんでした。
乗合船の方に駐車して寝ていたものだから、皆さんが既に集合しているのがわからなくて。

マルソータさん、


40センチがそんなにスーパーレアだなんて、知らなかったものだから。
これもまた、ビギナーズラックというやつでしょう。
最初に一番いい思いをするというのは、誰でもよくあるパターンです。
その釣りにはまって本気になると、今度は迷いも生じて釣れなくなります。

ちなみに40センチのアカムツは脂がね、もう半端なかったですよ~。
(小さい方は冷凍してしまったので、直接食べ比べてはいませんが)

おおっさすがに40cmは旨そうですね~
脂ドロドロだったでしょ?
アカムツの脂じゃなかったら、絶対無理じゃないですか?
アマダイや黒ムツほどじゃないけど、アカムツは結構下品な引きしますが、
あの引きが、上げてくるときの長いドキドキを演出してくれますので、
また楽しみましょうね!
いいな~40cm
お疲れさまでした。

うぞっさん、

すごい脂でした。
びっくりしました。
少し脂を落とすような感じで、炙ったのを すだちポン酢で食べるのが一番おいしかった。

アカムツは型がよいほど下品な引きでした。
(上にふけたりはしなかったけれど)サバのダブルと思ってましたから。
来月は行けないので、また来年ご一緒できたら嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/62323156

この記事へのトラックバック一覧です: 波崎からアカムツ仕立て【実釣編】@仁徳丸:

« 波崎からアカムツ仕立て【準備編】@仁徳丸 | トップページ | アカムツ1匹を基本的な3品で楽しみました »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31