リンク集

無料ブログはココログ

« トラギスのフリットにレンコの酢漬け | トップページ | 波崎からアカムツ仕立て【実釣編】@仁徳丸 »

2015年9月18日 (金)

波崎からアカムツ仕立て【準備編】@仁徳丸

明日は待ちに待った まるかつさんのアカムツ仕立て。

仕掛けは2本針厳守。

針は極ムツ17号を3セット、太地のホタ針16号を2セット用意しました。

ステ糸、枝間はフロロ8号で120センチ。

ハリスはフロロ6号で50センチ。

錘は120号、リールはPE3号のフォースマスター2000という、超ライトなセッティングです。
 

0919_1_2

波崎のアカムツ釣りは、今年から120号になったそうで。

120号であれば、一日手持ちでも楽々ですね。


さて、アカムツといえば、実は狙って釣れたことが一度もない私でした。

最初にアカムツ船に乗ったのは、2011年10月13日の真鶴で、ボウズ。

次にアカムツを狙ったのは、2012年6月27日の宇佐美で、またまたボウズ。

治久丸の常連さんに、「3回通わないと顔は見れないよ~」と言われました。


アカムツ用の竿が欲しくて、いろいろ検討した結果、40号~200号まで背負えるシマノ ライトゲームCI4 82H190を買ったのが2012年11月19日。

1119_1

しかしその後、この竿はビシアジ用の竿となってしまい、アカムツ釣りに行く機会はなく。

何故か2013年7月31日のタチウオ釣りの外道でアカムツが釣れまして。

それがアカムツとの初めての出会いでした。

こちらが記念すべき初アカムツくん。
 

0731_2_2

食べてみたら、うひょー、チビでも脂が乗っていて美味いのなんの。

機会があればアカムツ釣りに行きたいなぁと思いいつつ、更に2年経過して今に至る。


【これを読みながら私の記憶力が凄いと思っている人がいたら、それは違います。自分のブログを対象に、google検索をかけました。自分の記憶力だけでは釣りの全てを覚えていられませんので、自分のブログがこういう時に役立ちます。】


そんな経緯があるため、とにかく私の目標は、「本命の顔を拝めること」

いくらアカムツの聖地、カンネコ根を攻めるからと、数釣りなどという欲はかきません。

どうかお顔を拝ませてください。

そんな謙虚な気持ちで参加させていただきましょう。



ところが、ちょっと前から、ライトゲームCI4 82H190の継ぎが抜けなくしまっておりまして。

今までこんな時に即効はずれた CRC 5-56を吹きかけてもダメ、

石鹸、ペンチ、などなど、考えられる限りの方法で抜こうとしましたが、無理しすぎたため表
面のグラスコートが割れ、カーボン繊維がボロボロになり、ガイドにも亀裂が入ってしまいました。

それでも継ぎ目はびくともしない。

こんなことになるなら、初めからギブアップして修理に出せばよかった、と思っても後の祭り。

実はこの竿、バットのリールシートに対して、ガイドが90度横を向いたまま継ぎ目が動かなくなってしまったので、どうしても角度を直したかったのです。




抜けなくてもいいから、90度角度が動いて欲しいと思いましたが、ダメでした。

アカムツ釣りのために買った竿は、結局、ビシ竿として一生が終わってしまいました。

そんな経緯を経て、今回は120号と錘が軽いので、Aグリップ ネライ 240Mを持って行くことにしました。


アカムツの竿は柔らかい方がよいということですが、ちょっと長過ぎ&柔らかすぎるかなぁという一抹の不安を抱きながら出発です。



あとはクーラーです。

25リットルを持っていくつもりでしたし、それでも十分だと思ったのですが、

アカムツは数釣れないだろうから、25リットルでも大きすぎると思いましたが、

サバが40匹釣れる妄想がどんどん膨らんでしまいまして。


サバがもし40匹も釣れたら、クーラー入らないし、

釣りの後、夜はオーケストラの練習で、外道のサバを喜んでもらってくれる友達がたくさんいるので。

みすみすリリースするのはもったいないし・・・。

と、サバ40匹の妄想から離れなくなってしまい、結局35リットルを持って行くことにしました。

少し遠くに出かける釣りの前夜はこうやって、興奮と妄想で一睡もできないのでした。



前置きがあまりに長くなりすぎたため、記事を2つに分けました。



【実釣編】に続きます。

« トラギスのフリットにレンコの酢漬け | トップページ | 波崎からアカムツ仕立て【実釣編】@仁徳丸 »

コメント

こんなにじらせる釣行記はかつて無いぞ...前戯が長すぎ...。

>サバがもし40匹も釣れたら、クーラー入らないし、
>興奮と妄想で一睡もできないのでした。

アホ過ぎる...船上で興奮状態になった理由が良く解りました。

早く本編を読ませてくれ~、読者は皆そう思っているでしょう!
狙い通りか?(笑)

まるかつさん、

大変失礼いたしました。

アホ過ぎる・・・それ、よく言われます。
口を開けば魚の話になるし、なんでも魚で例える癖もあり、家族から疎まれてます。

ちなみに、まるかつさんがアカムツのブログアップしてから、何故か私のブログも連動してアクセス数が増えたんです。
何気に無言のプレッシャーを感じまして、慌てて書きました。

シルバーウィークで仕事のメールとかが来ないから暇だったしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/62323753

この記事へのトラックバック一覧です: 波崎からアカムツ仕立て【準備編】@仁徳丸:

« トラギスのフリットにレンコの酢漬け | トップページ | 波崎からアカムツ仕立て【実釣編】@仁徳丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31