リンク集

無料ブログはココログ

« アマダイの外道料理色々 | トップページ | 皮研9月例会@丸十丸 »

2015年9月24日 (木)

アマダイの昆布〆炙りと、メバル料理

今日も魚を食べます。

家族に文句は言わせない。

と思ったら、子供たちは誰も帰って来なかったよ。

だから、全部私の酒の肴じゃ。

こちら、アマダイを昆布〆にしたものを炙りました。

0924_8

これは単に美味なんてもんじゃありませんね。

ねっとりした食感&香ばしさが凄い。

普通の刺身にするよりもずっと美味いですね。



それから、アカムツ釣りの外道のウスメバルを塩焼きにしました。

身がほろっほろです、

軽く塩をしただけなのに、身が甘いです。

ああ、とっても美味いです。

0924_6


そして、ウケグチメバル。

これは前に塩焼きにして失敗したことがあります。

この魚、何故か焼くと凄く固くなるんです。

だから若い子に受けるよう白ワインでアクアパッツァにする予定だったんですが、子供たちが帰って来ない。

結果、煮つけにしました。

0924_7

やったぁ、大成功。

身がふわっふわでした。

他のメバルよりも身がしっかりしているので、煮崩れにくいのが逆に扱いやすいですね。

実はこれもアカムツの外道で、釣ってすぐに刺身で食べようかと思っていたんですが、、サメの歯型が付いていたのでやめました。

相模湾のキハダマグロ釣りで、サメに食いちぎられたマグロは生で食べるなと言われたことを思い出したからです。

サメに齧られた魚は、雑菌が繁殖するため、生食は避けた方がよいそうで。

歯形が付いた位で気にするべきかどうかはわかりませんが。











« アマダイの外道料理色々 | トップページ | 皮研9月例会@丸十丸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/62346548

この記事へのトラックバック一覧です: アマダイの昆布〆炙りと、メバル料理:

« アマダイの外道料理色々 | トップページ | 皮研9月例会@丸十丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31