リンク集

無料ブログはココログ

« アカイサキはカルパッチョが美味い | トップページ | 剣崎カワハギ解禁@山下丸 »

2015年6月10日 (水)

下手っぴなマルイカ釣り@やまてん丸

momoちゃんと玉さんとゴヨーさんが、やまてん丸のマルイカに行くということで、私も行きたいなぁと思いつつ、前夜は遅くまで仕事をしており、目途が立ちませんでした。

やまてん丸ではマルイカ船だけが完全予約制なのです。

予約制だから集まり次第出船するとのことで、6時半までには船宿に着いていた方がよいと言われ、起きられる自信もなく。

そんなわけで前日は予約もせず、支度もせずで寝てしまいました。


ところが、目が覚めたら5時55分。

今すぐ支度すれば何とか間に合っちゃいそうじゃないですか。

とりあえず今日の今日で乗れるかどうか聞いてみようと、電話をかけてみる。

いや、まだ6時前だから多分誰も出ないし、今日は釣りには行かずに仕事しようと、次の瞬間には再び冷静になり、ワン切りしました。


で、もう1回寝ようとしていたら、電話が鳴ったのです。

見知らぬ携帯番号。

出てみたら、「先ほどお電話いただきました・・・」と、どうやらおかみさんの声。

携帯に転送されていて、番号が残っていたんですね。

とっさに、「今日のマルイカもし空いていたら乗りたいんですけど」と言ってしまいました。

そしたら「大丈夫ですよ。今日は2隻出しなので十分余裕あります」と、おかみさん。

それでつい、「そうですか、今から支度して出るので、ぎりぎりになるかと思いますがよろしく」と言ってしまいました。




結局、行くわけです。

もう大慌ての5分で支度して、6時8分に家を出ました。

船バッグにはウィリーの時のままの荷物がゴロゴロ入っていた状態から準備開始したのに、5分でスッテと竿とリールを車に積み、着替えて家を出たのは、我ながら凄いわ。

そして途中コンビニに寄っても尚、6時40分には船宿に到着してしまいました。

火事場の馬鹿力・・・いや、喩が違いますね。



前置きが長くなってしまいましたが、結局、マルイカ船に乗っています。

ゆうじ船長の船で、右舷艫からゴヨーさん、玉さん、momoちゃん、そして私がど真ん中。

0610_1

ミヨシ側に3人の片舷7人でした。


マルイカ用の竿は持ってないので、イサキ・ウィリーで使った長い竿(ライトゲーム TYPE82 M200)でやってみます。

周りは皆さん、当然ながら140~160センチ位までの短い竿でした。

よく考えたら、マルイカにはちょっと柔らかいけれど、Aブリッツショート 145Sも持っていた。

そっちを持ってくればよかったと後悔しても時既に遅し。


やまてん丸の常連竿頭の玉さんに釣り方を教えてもらう。

東京湾特有の釣り方かもしれないけれど、という前置き付きで。


1)着底したら、糸ふけを取っている間に離れてしまうことが多いので、底近くなったらサミングでブレーキをかけ、着底と同時に空合わせしてまずは着乗りを狙う。

2)次に底をゼロテンでキープしつつ、3つ数えるごとに合わせを入れるタイム釣り。

3)しばらくしたらスッテを見切られてしまうので、5メートルほど巻いてから落とし直す。

以上が基本動作。

あとは叩いて誘う動作を入れたり、合わせのタイミングをズラしてみる、などが応用編。



玉さんのタックルを借りてスタートしたmomoちゃんが早速ヒット。

私は竿先が柔らかいので触りはわかるのですが、竿先の遊びが大きすぎてどうやっても掛けられません。



仕掛けは市販のリーダー(枝間100センチ)に適当に色違いのスッテを並べた直ブラスッテ5本仕掛け。

ところが、玉さんが「枝間は80センチ位の方がいいよ」と、上2つ直結、下3つ直ブラの仕掛けを作ってくださいました。

これだと一番上のスッテを竿先まで巻けば一番下のスッテまで見えるので、釣れる時の手返しがよいのです。

仕掛けを替え、大きめな合わせでようやく、40分位して顔を見ました。

0610_2


9時過ぎに4杯。

0610_3

そして5杯目はマイクロ、超かわいい~。

0610_4


とここまで幸先よく来ましたが、以降昼まで全く追加できず。

しかも根がかりでスッテも錘もロストしちゃうし・・・。

見かねた玉さんが新しい仕掛けを作ってくれるとともに、竿(メタリアマルイカ)まで貸してくださいました。


あ、やっぱり竿だったわ~。

0610_5

とここでまた連チャン。

全員下から2番目のブルーに掛かりました。

0610_6


念願のツ抜けをいたしましたが、それでまたぱったりと止まってしまい。

後半じわじわと増やしていったmomoちゃん、いつの間にかダブルツ抜けしているし。

見てると着底と同時に乗せているのですが、同じようにやっても私には掛けられない。


11杯で終了でした。

0610_8


玉さんは私たちの面倒を見ながらなのに52杯で堂々の竿頭。

momoちゃん24杯で大健闘。ゴヨーさん22杯。

あれれ~11杯の私はスソかな~?って思ったら、4杯の人もいらっしゃいました。

いや~難しかったけど面白かった。

今年はマルイカの当たり年なので、苦手なイカにもう少し取り組んでみることにします。

« アカイサキはカルパッチョが美味い | トップページ | 剣崎カワハギ解禁@山下丸 »

コメント

とっても難しい釣りだと実感しました・・・。

竿も買ったみたいだし、すぐリベンジせねば

沖漬けは作らなかったのかい?

まるかつさん、

そこまで余裕はなしよ。
この釣り、面白いけど難しい。まずはプラクティス~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/61778551

この記事へのトラックバック一覧です: 下手っぴなマルイカ釣り@やまてん丸:

« アカイサキはカルパッチョが美味い | トップページ | 剣崎カワハギ解禁@山下丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31