リンク集

無料ブログはココログ

« マダイとヒラメのリレー【マダイ編】@天翔丸 | トップページ | そして再びマダイ釣りだよ@天翔丸 »

2015年6月 1日 (月)

マダイとヒラメのリレー【ヒラメ編】@天翔丸

前半戦のマダイでは、出来過ぎなほど釣れまして、前回のリベンジとしては大成功。

そして、ようやく日暮れが近くなってきた18時半、ヒラメ狙いに切り替えとなりました。

再び、本日の大失態を思い出します。

釣具屋で購入した泳がせ用のアジを全滅させてしまったのです。

泳がせられるアジは、午前中に漁港で釣った1匹と、埼玉のおじさまから分けていただいた1匹のみ。

0601_11

ポイントは名立沖の20メートルダチで、かかり釣りとなります。

今朝釣ったこのアジが、元気にバケツで泳いでいてくれて、妙に愛しい。

0601_12    


続投のマダイ竿の方の仕掛けに今朝釣ったこのアジを付けて投入。


そして、もう1本竿を出しました。

ヒラメでは実績のあるAグリップ ネライ 240Mに電動丸plays3000。

こちらにおじさまからいただいたアジを付けて投入。
0601_14


泳ぐ餌はこれだけしかないので、もうこのまま置き竿で放置。


リーオマスターGMは底から1.5メートルのタナに設定。

何も気配なく、しーんとしています。

0601_13



Aグリップの方は底から3メートルのタナに設定。

【2本竿を出す場合は、微妙にタナを変えた方が釣れるチャンスが上がります】



しばらくして、こっちの竿が海に引き込まれました。

ちょっと小さいですが、一応本命じゃ。

0601_15


リーオマスターGMの方は、いつの間にか魚がいなくなっていました。

トホホ・・・。

イワシやコノシロや子サバやアジが寄ってきたら、サビキ釣りして餌を確保しようと待ち構えていましたが、小魚天国の時間はやって来ず。

もう泳がない餌しかない・・・と思っていたら、救う神あり!

BOMBER船長が生簀に隠し(?)持っていたらしいアジを分けてくださったのです。

ありがたや~。



その後、水中ランプに引き寄せられて小魚が多少集まっては来ましたが、船下に定着するには至らず。

小さな白魚のような魚のまばらな群れに、時折トビウオが混じり、サバがたまに海面近くを通りがかり、ダツだかヤガラのような魚が海面を横切り。

以上終わり。

イワシが群れをなして船にくっつくシーンはとうとう見られず。

21時を回り、水中ライトを消しました。

魚が沈んでいくのを利用して、うまくいけばそれから15分がチャンスタイムだと言われていたのですが、結局何もアタリはなく、21時半に終了となりました。


ソイとかスズキといったゲストは1匹も混じらず、ちと残念。

上越のっこみヒラメはそろそろ終盤ですので、次はまた来年ですね。

« マダイとヒラメのリレー【マダイ編】@天翔丸 | トップページ | そして再びマダイ釣りだよ@天翔丸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/61703125

この記事へのトラックバック一覧です: マダイとヒラメのリレー【ヒラメ編】@天翔丸:

« マダイとヒラメのリレー【マダイ編】@天翔丸 | トップページ | そして再びマダイ釣りだよ@天翔丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31