リンク集

無料ブログはココログ

« 桜と木の芽入り鯛めし | トップページ | マダイで飲み会@バル・ブレッツァ »

2015年6月 4日 (木)

イサキいなくて大アジ釣り@大松丸

ブログの更新が追い付きません。

ええと、剣崎イサキが解禁になりまして、今年こそは早いうちに一度行き、大型を釣ってこようと思ってました。

ところが、松輪の船宿のホームページを見ると、今年は全然釣れてないじゃないですか!

それでも行く?

ボウズ覚悟で行く?

今日は夜がマダイで宴会なので、昼過ぎにあがる松輪の船なら間に合うし。

さすがに今日釣りに行くとはうちのスタッフには言えないから(私以外は全員仕事をしているの)、こっそりと・・・何もなかったように昼過ぎに戻ればいいんじゃない?

というわけで、イサキの季節の年に1~2回しか行かない大松丸にお邪魔して来ました。

釣れないイサキは人気ない?

4時半に船宿に着くと、まだ四隅が空いていたので、右舷大艫をゲット。

で、江奈港に向かって車に乗り込もうとした時にすれ違ったご夫婦・・・ん?はてどこかで見た覚えがある。

船に乗り込まれた時にお声をかけたらビンゴ!

HUSとの釣行ブログを書いていらっしゃる きよりんさんでした。


当初マダイが大型船の予定だったのですが、イサキの方が人数が多くなったとのことで、大型船に乗り込み、定刻の5時半に河岸払い。

右舷のミヨシ2番目がきよりんさんで、その右にきよりんのHUSさん、そして私と並びの席になりました。


0604_2


港を出て15分、どうやらいつものイサキのポイントに到着。

上から20~13メートルのタナで投入開始となりました。

周りを見回すと、船はあまりいません。

やっぱり、釣れないイサキは人気ない?


今日の付け餌は、これだよ。

0604_1

お刺身で食べられるマルイカだ。

ちょっともったいないですね。

冷凍庫にあったイカの在庫がこれだけだったの~。

食べたらとても美味しそうな柔らかさ。

それってつまり、付けエサとしてはあまり身持ちがよくないのです。



回り、誰も釣れて来ません。

10分ほどして、ようやく魚信をとらえる。

チョウチョウウオの仲間のシラコダイだよ。

0604_3

これは臭くて不味いと聞くので、即刻リリース。

しばらくして、船はイサキのポイントをあきらめたのか、久里浜方面へ走り出す。

40メートルダチのポイント。


底近くでしゃくると、竿がキュイキュイっと。

0604_4_2


ヒットしたのは35センチほどの大アジでした。

なるほどね、イサキが釣れないからアジでお土産狙いってわけか。

しかぁし、イサキのつもりできたので、ウィリーのハリスは1.25号と1.5号なのです。

このサイズのアジだと、最低でも2号ないと厳しいなぁ。

無理するとすぐハリスが切れるので、少しドラグを効かしめにして、ゆっくり巻きます。



周囲でも大アジがポツリポツリと釣れ始めました。

この大アジはオキアミの方が釣れるのよね。

左舷大艫の方はオキアミでばしばし大アジ釣ってます。

あ~あ、オキアミ買ってくればよかった。

(一昨日マダイ釣りで使った残りのオキアミを多少持って来てましたが、海水でふやけてしまっていて、餌もち悪すぎてあまり使い物にならず・・・)



そして、今回何よりびっくりしたのは、きよりんHUSが凄い。

あと10メートル位って時に、必ずタモ持って隣で待ち構えてくれるのです。

きよりんさんがHITすれば必ずきよりんさんの傍らでタモ持っているし、私がHITすれば必ずこっち来てくれるし。

凄い、凄い、凄すぎる。

掛かりの浅い日のアジを何度も何度も海面でバラした経験のある私としては、こんなHUSと一緒に釣行しているきよりんさんが羨ましいぞ。



しかぁし、今日はアジ釣りじゃないぞ。

アジのタナにずっととどまってばかりはいられません。

と、めげずにしゃくり続けます。

すると釣れたのはネンブツダイに。

0604_5


チビなトゴットくん。

0604_6



再び移動してイサキのポイントに戻るも、イサキは釣れず。

左舷大艫の方が1匹、ようやくイサキの顔を見ていました。

私は、ベラだよん。ぐすん。

0604_7

で、またしてアジのポイントに戻ります。

もうアジはいいやと、敢えてアジのタナを通り過ぎ、しゃくり続けます。

結果、何も釣れない。。。


クーラー余裕あり過ぎ~。

0604_8


本日の釣果:
大アジ 10匹、トゴットメバル3匹(持ち帰りは以上)で、イサキはボウズだよ。

本日のタックル:
ライトゲーム CI4 TYPE73 M200  フォースマスター400DH(PE2号)
プラビシは40号と60号を潮と水深によって使い分け。

本日の反省点:
オキアミを買わずに乗船したこと。
そして、イサキだからと、ハリスを細いのばかり持って来たこと。


次は剣崎イサキがコマセに反応するようになってから来ようっと。

きよりんさん、帰りがけ、仕事の電話とメールチェックを急いでいたため、あたふたと立ち去ってしまい、HUSにお礼を言いそびれました。すみません。

またご一緒してくださいね。

« 桜と木の芽入り鯛めし | トップページ | マダイで飲み会@バル・ブレッツァ »

コメント

新しい釣り友ができた様ですね!
ブログで見慣れた人だと初対面でも初めての様な気がしないのは不思議です。
昔からの知り合いの様な...。

まるかつさん、

そうなんですよ。
よくブログで拝見している方なので、全然お初な気がしません。
しかも、平日釣行は珍しいとのことで、しかも2年ぶりにいらした船宿だそうで、私も年に2回しか来ない船宿で、偶然よくぞ出会ったって感じです。

そのうちまるかつさんの仕立てでもご一緒できるかもしれませんね。
次をまた楽しみにしています。

お疲れ様でした。
本当にこの日イサキの顔1尾で良いので見たかったですね~
滅多に行かない剣崎のイサキ、釣れない事は覚悟でしたが(笑)
まさか本当に釣れないとはσ(^_^;)

でも大きな鯵で遊べたので意外と楽しかったですし、ネットつながりの
初対面のMIKKAさんとも普通に話せて楽しかったです。
それとHUSがお役にたてて良かったo(^-^*)o 私が良く魚船べりでバラスので
タモ入れ担当なんですよ(笑)
またイサキが釣れはじめたらリベンジしましょうね~o(^-^*)o

はじめまして^^
アジ喰いたいとの娘達コールに この釣りどおかなぁーと
興味沸いてたので コメントさせて頂きました!
なかなか 東京湾イサキは難しいよぅですね^^;
でも アジ専門船よりは楽しめるかと思う!?
デカアジのお味は如何でしたか(^_-)

きよりんさん、

コメントありがとうございます。
この日はあんまり悔しくて、2日後に洲崎沖のウィリーに行きました。
上越のマダイ釣り含めると週4回も釣りに行っちゃって、自分でもバカ~って思いましたけど、大きなイサキ5匹ゲットしましたよん。

HUS素敵です。あのタモ入れの慣れ方、尋常ではないです。
もし中乗りになったら、HUSは大人気必至です(笑)。

マルッチPPさん、

コメントどうもありがとうございます。

結論から言うと、久里浜近辺の大アジは、味にアタリハズレがあると思ってます。
マアジですが捌いてみると、赤かったり黒っぽかったり。
猿島周りや八景沖や、あるいはもっと湾奥の中型アジは、きれいな薄ピンク色で脂がのってます。
あるいは脂が乗った大アジが食べたければ、根つきの走水界隈ですかね?

普通においしいですが、あのトロットロ感はないの。
引きはめっちゃ楽しいんですけれどね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/61716784

この記事へのトラックバック一覧です: イサキいなくて大アジ釣り@大松丸:

« 桜と木の芽入り鯛めし | トップページ | マダイで飲み会@バル・ブレッツァ »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31