リンク集

無料ブログはココログ

« 【速報】上越マダイのリベンジ成功だぁ! | トップページ | マダイとヒラメのリレー【ヒラメ編】@天翔丸 »

2015年6月 1日 (月)

マダイとヒラメのリレー【マダイ編】@天翔丸

本日のマダイ釣り、13時半集合の午後船のため、のんびりと出船時間を待ちます。

午前中は2時間ほど、名立漁港のヘチにて、泳がせに使うアジを狙いました。

この通り、アジはいるんですが、フグが先に寄ってきて、邪魔して釣れません。

0601_01

とりあえず、1匹だけ捕獲に成功。

まあそれでも大丈夫。

徳市釣り具店でアジを8匹予約してありますから。


1時過ぎたので釣具屋へ行き、オキアミ2キロ、付け餌1パック、泳がせ用のアジ8匹、そして小魚捕獲用のアミコマセを購入し、再び漁港に集合。

本日の乗船者は私を入れて2名のみなので、くじを引いて私が左舷ミヨシ、埼玉からいらしたおじさまが右舷ミヨシとなりました。

さて、定刻の午後2時に河岸払い。

本日のタックル、リーオマスター真鯛GM S-270にフォースマスター2000(PE3号)。

0601_2


仕掛けは最低でも5号と言われたので、改めて作り直しました。

上糸が6号7メートル、下糸が5号5メートル、間を少し重めのサルカンで連結しています。


0601_0

ちなみにこの時期は4号だとハリス切れ続出なんだそうです。

どんだけデカいの? モンスター級が釣れるかなぁと、またしても妄想が膨らみます。


さて、船は2時に河岸払い、すぐに名立沖のポイントへ。

最初の指示タナは上から15メートル。

仕掛けを入れ終わったらすぐタナに到着してしまいます。

指示タナへビシを合わせたら、それ以上は絶対に下さないようにとの指示です。

コマセを降り過ぎるのもNGなので、やさしく、やさしく、誘います。

そしたらプルッとアタリが出て、ついいつものくせで合わせたら、掛かりません。



前回のプレのっこみでは、かすっとしたアタリで合わせる釣り方だったのですが、

のっこみも本格化したこの時期のマダイは、またまた釣り方が違うようで。

「向こう合わせぎみにした方がよいくらいで、置き竿の方が釣れるかもよ」とBOMBER船長。

つい手持ちしたくなってしまうし、つい合わせてしまう私には難しい釣り方ですが、とりあえず、アタリがあっても大合わせないと、心に言い聞かせます。

どうしたことか、今度は餌もなかなか取られません。



そして・・・しばらくして、ふと思い出したことが。

さっき買ったアジ、どうしたっけ?

集合時間直前の1時20分に釣具屋でビニール袋に入れてもらい、乗船時に袋のまま一旦クーラーに入れたのでした。

あれれ~今は既に2時40分。

すっかり忘れてたよ。

クーラーを開けたら、ビニール袋の中のアジは窒息モード?

しかも、袋の中の海水がクーラーの中で冷えすぎてしまい・・・・慌ててバケツに入れるも、時既に遅し?

全員が、お腹を上に向けたまま生き返らず・・・・。

がぁぁぁん、やっちゃいました・・・。

1匹300円もしたアジが、全員お陀仏でした。

超ショック!

0601_3


ちなみにバケツの中で泳いでいる1匹は、午前中に港で釣ったアジです。

「泳がせ釣り」ならぬ、今夜のヒラメは「泳がせられない釣り」になっちゃいました。

教訓:マダイとヒラメをリレーする際は、アジをバケツに放流するのを忘れないこと!
(って、そんな間抜けは私だけ?)


すっかり気分は落ち込んでしまいましたが、今はマダイの方に気持ちを集中しないと!

と気持ちを一生懸命切り替えて、はい、15時にようやく1枚目ゲット。

0601_4

1.5キロくらいの、まだまだピンク色の綺麗なマダイです。

針は口の上の皮に引っかかってましたね。危ない危ない。


15時半、2枚目ゲット。ちと黒ずんでます。

0601_5


15時55分、3枚目ゲット。今度はますます黒い。

0601_6


少し深場に移動して、次のタナは40メートル。

16時15分、4枚目ゲット(チビでした)


16時45分、5枚目ゲット。またして、綺麗なピンクの子。

0601_7


なんとこの子は、上唇に針がかかってました。危ない危ない。

0601_8


16時55分、6枚目ゲット。これもなかなか綺麗です。

0601_9


というわけで、マダイのリベンジは大成功。

ドラグは緩めにして、取り込み時も無理に引っ張らない、かといって絶対緩めない。

これで海面バラシなしハリス切れなしですよ。

私にしては出来過ぎです。


お隣の埼玉のおじさまはどうしたことか、この段階まで1枚も釣れず、アタリもないそうです。

「どんな仕掛けを使っているの?」と聞かれました。

今日の仕掛けは上に書いた通りですが、チモトから1メートルの位置に、2Bのガン玉を付けました。

これが功を奏したのかもしれません。

(のっこみ時期は軽い仕掛けの方がよいと聞きますので、釣れなかったらガン玉をはずそうと思いながら付けていました)

てなわけで、前半戦は4時間ちょいで、マダイ6枚にハナダイ1枚。

【速報で掲載した写真を再掲】

0601madai_1


最後の1時間で、お隣のおじさまは型のよいのを2枚立て続けに釣り、オデコ逃れてさぞかしほっとしたことと思います。

« 【速報】上越マダイのリベンジ成功だぁ! | トップページ | マダイとヒラメのリレー【ヒラメ編】@天翔丸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/61702873

この記事へのトラックバック一覧です: マダイとヒラメのリレー【マダイ編】@天翔丸:

« 【速報】上越マダイのリベンジ成功だぁ! | トップページ | マダイとヒラメのリレー【ヒラメ編】@天翔丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31