リンク集

無料ブログはココログ

« 連休最終日はカサゴ釣り@山下丸 | トップページ | そしてキンメ宴会は無事開催@日本料理さくら »

2015年5月20日 (水)

黒いのゾロゾロ@番匠高宮丸

連休後の怒涛の仕事も落ち着き、大阪からわざわざ東京に出て来て通訳の仕事を手伝ってくれているM子さんにおいしい魚を食べていただこうと、キンメの会をすることになり。

つまり、下田まで仕入れに行って参りました。

前日のんびりと支度をしていて、さてとちょっと仮眠してから出かけるかと思いながら番匠高宮丸のHPを見たら、

あれれ、集合2時50分、出船3時20分  とあります。

もう夏時間ではないですか。もう出なくちゃあかんではないですか。


というわけで、結局いつもと同様、一睡もせずに出発となりました。

ミヨシに超常連のオヤジさん、2番が私、3番がはるばる北海道からいらした初挑戦の方、そして大艫の方。

本日、4人という余裕の釣り座が嬉しいです。

0520_1

今日は新島沖ではなく、利島沖に行くのだそうです。

サイズはちょっと小さ目だけど、数が狙えるんだそうで。


定刻の3時20分に河岸払い、1時間30分ほど走り、5時ジャストに第1投目となりました。

私は2番目の投入で、ミヨシのオヤジさんの仕掛けが完全に入れ終わってから投入したのですが、着底は私が先。

ちょっと嫌な予感がします。

水深は少し浅く、300メートル弱。

0520_2



今日はミヨシから巻き上げの指示が出て、順番が来て巻いていくと、予感的中で。

ミヨシのオヤジさんとおマツリ。

で、アタリは全然感じなかったのですが、下の方の針にウケグチメバルが1匹付いていました。

0520_3



5時50分に2投目、少し深くなり、380メートル。

0520_4


今度は着底するなり明確なアタリが出ました。

船長は、アタリが出たらどんどん糸伸ばすようにとの指示なので、少しずつ糸を出しながら待ちます。

で、巻き上げタイムとなり、期待しながらあげてみると、カラスザメ1匹。

なぬー、もっと明確なアタリはあったんだけどな~キンメちゃんはどこに消えた?

お隣のオヤジさんには4匹位付いていたのに・・・。


6時半に3投目(以降はほぼ2投目と同じ水深のポイント)。

この流しは全員スカで、私はまたしてミヨシとマツりまして。

1投目に「クッション付けてるからマツるんだよ~。次にマツったらクッションはずしてよ」とオヤジさんに言われていたので、ここで最強クッションをはずしました。

(オヤジさんの糸の落下がやけに遅く、私が先に着底してしまうのが原因ではないかと、内心思いながらでしたけど・・・)



4投目、またしてアタリが出たのですが、巻き上げ時、あと100メートルというあたりで、魚信が消えてしまいました。

あげたら、魚は全くついていなくて・・・私以外は全員、キンメをゲットした模様でした。

やっぱり相変わらずおマツリするので、潮がきっと変なのでしょう。

ミヨシのオヤジさんが、またキンメを4匹位ゲットして、下の方についていたユメカサゴを要らないからと、くださいました。

0520_5


ミヨシのオヤジさんは、あまり糸を出さずにキンメの数を着実に増やしているのに対し、後ろの2人はかなり糸を出して、キンメをぽつりぽつり釣っています。

キンメの顔を見ていないのはもう私だけ・・・微妙な気持ちで外道をいただきます。



5投目、再びスカ。

しかも、オヤジさんよりも遅く着底させようと、少し強めにサミングしていたら、今度は初挑戦のお兄ちゃんより私が先に着底しちゃったし・・・。

私はいったい、どうしたらよいのでしょう。

(上司と新人ちゃんに挟まれ、どちらとも適度な距離をおきたい 中間管理職の苦悩・・・みたいな)



・・・既に後半・・・だんだんと心が折れそうになってきます。

仕入れなので最低5匹は釣りたいと思っていましたが、もうそんなこと言いません。

せめて、顔だけでも見せて~と謙虚になります。


6投目、またまた明確なアタリが出て、今度こそと、少しテンションかけぎみに糸を出していきます。

そして、船長の合図とともに順に巻き上げ開始。

仕掛けの下の方に、待ち焦がれた赤い影がゆらゆら見えました。

謙虚な姿勢が通じて、1匹だけ~。

0520_6



少し潮が流れて来たので、どんどんいきましょうと言われ、7投目。

今度は着底するなりアタリが出て、全員にヒット。

北海道から来たお兄ちゃんは、根がかりした錘が切れず、無念の高切れしちゃった模様。

私も根がかりで、ドラグをフルに締めて勢い付けてもダメで、ミヨシのオヤジさんが一緒に糸引っ張ってくれて、やっとこさ錘だけ切って、2匹回収。

0520_7


そして8投目。

今日は9投目もやるよ~と言うので、合間にクーラーボックスの底に入れておいた、予備の仕掛けにゴヨーさんの特製ハラモを付けてスタンバイします。

0520_9


この流しはミヨシと仕掛けがぐっちゃぐちゃにマツリながら6匹あがってきたので、3匹ずつ分けました。

0520_8


やっとやっと、ワン・ツー・スリーと来ましたよ。

最後に4匹釣ればツ抜けしますよ。


ラスト1投。

1人だけ調子のよいミヨシのオヤジさんの真似をして、50号の中錘を入れてみる。

着底後しばらくして、明確なアタリ。

そして更に次のアタリ、また次のアタリ・・・いやこれは、最後の最後にキンメゾロゾロの予感。

最低でも4匹は確実だなとほくそ笑む。

ああ、これで仕入れは上出来だと、バケツに海水を汲みながら巻き上げの合図を待つ。

0520_11


巻き上げ開始。錘を切っても、竿を叩く、叩く・・・

ワクワクのクライマックス。

そして、上がってきたのは・・・。

黒い、黒い、黒い、黒い、くろ~~~い。

だっこちゃん(カラスザメ)、何匹だ?

なんと、11匹掛け~。

どんだけ~。
というわけで、キンメゾロゾロならぬ、だっこちゃんゾロゾロで、仕入れは6匹で終了。

20匹で独り勝ちのオヤジさんが最後の流しの1匹をくれたので、7匹になりました。


20150521kinme


まあ、キンメの宴会分の仕入れは何とかなりましたけど・・・。

« 連休最終日はカサゴ釣り@山下丸 | トップページ | そしてキンメ宴会は無事開催@日本料理さくら »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/61627364

この記事へのトラックバック一覧です: 黒いのゾロゾロ@番匠高宮丸:

« 連休最終日はカサゴ釣り@山下丸 | トップページ | そしてキンメ宴会は無事開催@日本料理さくら »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31