リンク集

無料ブログはココログ

« 癒されなかったアジ釣り@こうゆう丸 | トップページ | 黒いのゾロゾロ@番匠高宮丸 »

2015年5月 6日 (水)

連休最終日はカサゴ釣り@山下丸

早起きしたら、ちょっと前にやった平塚の泳がせカサゴ五目のリベンジに行こうと思っていたんですけどね。

目が覚めなかったぁ。

なので、年に1回しか行かないという、山下丸のカサゴ釣りに行って来ました。


山下丸には海賊船の船長に、バンバンさん、そして皮研の荒○さん(父)もいらして、みなさん当然、カサゴではなくカワハギ釣り。

一瞬、この軟調のゲーム竿でカワハギ船に乗ってしまおうかと思ってしまいましたが、初志貫徹。

カサゴ釣りです。

本日、右舷の胴の間。

さすがに連休だけあり、片舷10人も乗っています。

竿はライトゲームCI4 TYPE82 M200、リールはステファーノ 200XG(PE1号)

0506_1

餌は船宿支給、たっぷりのサバ短。

0506_2    


開始後5分で顔を見ますが、なかなか続かず。

その後まあまあの24センチを釣り、9時にようやくツ抜けしました。

0506_3


今日はアシカ島にもたくさんの釣り客がいらっしゃいます。

0506_4


11時にダブルツ抜け。

0506_6

お昼にトリプルツ抜け。



午後になり、あまり伸ばせず。

チビオニばかりかかります。

最終的に38匹で終了。

0506_7



終わってみればトップが40で私が二番手でした。

1年に1回しかやらない釣りなので、備忘録を書いておきます。


【仕掛けと錘の準備について】
仕掛けは前日3組だけ作り、市販の3組セットになった仕掛けがあり、船宿サービス券でも2組セットになったのををもらいましたのでなんとかなると思ってましたが、

やはり根がかりでだいぶロストし、途中で仕掛けはなくなってしまい、船で買って何とか間に合いました。

錘もほぼ同じ数だけロストしています。

やはり、仕掛けと錘は最低10個ずつは持って行った方がいいですね。


【根がかりについて】
カサゴ釣りに根がかりは付きものなので、恐れず根を責めます。

ただし、最初の着底ですぐに1度底を切らないと、着底すぐに根がかりしてしまい、釣りになりません。

自前の仕掛けは捨て糸が10センチに対して一番下のハリスが40センチ位あるので、底を切っていても下の針が底に届きます。

それでも、ひょんなきっかけで根がかりします。

とにかく、こまめに底を取り直しましょう。



【釣り方について】
釣り方は、底から竿をゆっくり持ち上げ、ゆらゆらと落していきます。

カサゴは底から上をじっと見ていて、落ちてくる餌に誘惑されて食いつく、というイメージです。

つまり、落とし込みの途中でアタリが出ることが多いですが、違和感を感じると放してしまいます。

なので、アタリがあったら多少送り込む感じ。

それで、大きく引き込んだら瞬間的に合わせます。

これが遅れると、魚に根に潜られて根がかり状態になってしまうので、結局魚だけでなく、仕掛けごとロストします。

(と書きながら、私もこのタイミングを逃して何度かロストしました)

まあ、根魚全般的に共通する釣り方ですけどね。




そこそこ数が釣れて、今日は少し癒されました。

でも小さい。

15センチ未満は、ちゃんと帰れそうなカサゴは全てリリースしましたが、それでもクーラーに30匹あり、20センチ未満がほとんど。

海賊船の船長がチビでも貰ってくれると言うので、20匹差し上げました。


最終的にお持ち帰りは11匹。

0506_8


1匹28センチの大きいのがいますが、これは私が釣ったのではなく、カワハギ釣りの外道で荒○さんが釣ったもの。

なんと荒○さんは、カサゴばかりに好かれ、カワハギは3枚しか釣れなかったそうです。

私がカサゴ釣りをやめてカワハギに行っていたら、顔を見られたかどうかも怪しいです。

« 癒されなかったアジ釣り@こうゆう丸 | トップページ | 黒いのゾロゾロ@番匠高宮丸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/61623786

この記事へのトラックバック一覧です: 連休最終日はカサゴ釣り@山下丸:

« 癒されなかったアジ釣り@こうゆう丸 | トップページ | 黒いのゾロゾロ@番匠高宮丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31