リンク集

無料ブログはココログ

« カワハギの酢豚風(レシピ変更) | トップページ | 釣り前夜祭@ビストロ・ルフュージュ »

2015年4月16日 (木)

午後アジ釣り@こうゆう丸

今月は雨やシケばかり続きますね。

久しぶりの晴れとなった今日、朝から掃除洗濯を一気に片付けまして。

仕事も一段落しちゃってますので、家事が済んだらあとは釣りでございます。

こうゆう丸のアジ釣りに行ってきました。


船宿に着いたのは12時を回っていましたが、右舷ミヨシが空いていたのですかさずゲット。

0416_1

私と同じようにいい天気に誘われたのか、後から後からお客さんが見えて、

平日だというのに最終的に右舷7人、左舷8人の大盛況で出船となりました。



まずは猿島周り30メートルダチのいつものポイント。

0416_2

船長の指示タナは底から2~2.5メートル。

普段だとほんの1~2投で顔が見られるのに、どうしたことか、釣れない。

20分ほどしてようやく顔を見ました。

0416_3



それからが大苦戦。

うまく今日のパターンを見つけられず、ツ抜けするのに2時間近くもかかってしまいました。

0416_4



船長は何度か流しかえたものの途中で浅場に見切りをつけ、途中からは70メートルダチの深場になりました。

右舷ミヨシ3番のお客さんは、顔を見るのに1時間以上かかってましたから、渋かったのは間違いないのですが。

最初、底から1.5メートルでこませを撒いて2メートルで待つ。

反応がなければ2メートルで更にこませを撒いて2.5メートルで待つ。

なんて感じでやってましたが、アジが全く口を使わない。



しょうがないので、タナを取り直そうと、仕掛けを下げるとなぜかそこで食ってくるんです。

でも、下げる動作の途中なのでとっさに合わせられず、結局釣れない。



とりあえず、誘い下げる途中にアジが食ってくることがわかったので、釣り方変更。

底から1.8メートルでこませを撒き、まずは2.5メートルまでビシをあげ、そこからゆっくり誘い下げ。

おっと、ビンゴでした。

底から2.2~2メートルの間で、アジは食ってきます。

でも、食いが浅いので、そこですかさず合わせの動作を入れます。

底の潮があまり流れていないようで、仕掛けはだらんと下に垂れているのでしょう。

だから誘い下げても一番下の針にしかかかりません。

追い食いを狙って待つと、最初に掛かったアジがはずれるので、1匹ずつ取り込みます。


ツ抜け後40分の3時45分に20匹。

0416_5



それから更に40分の4時25分に30匹。

0416_6



追い食いできないと書きましたが、最後の方でトリプルのおまけつき、32匹で終了しました。

スランプ時間が長かったので、全然ダメだろうと思っていたのですが、終わってみれば、トップが33匹だそうで。

やだ~、惜しかった~。



イシモチは2匹だけ。

深いところに行ったので、全体的に型がよく、25センチ前後のグッドサイズの金アジでした。

0416_7

« カワハギの酢豚風(レシピ変更) | トップページ | 釣り前夜祭@ビストロ・ルフュージュ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/61475673

この記事へのトラックバック一覧です: 午後アジ釣り@こうゆう丸:

« カワハギの酢豚風(レシピ変更) | トップページ | 釣り前夜祭@ビストロ・ルフュージュ »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31