リンク集

無料ブログはココログ

« 釣り前夜祭@ビストロ・ルフュージュ | トップページ | 貧果で宴会@平塚漁港の食堂 »

2015年4月22日 (水)

イワシ釣って泳がせ釣り@庄三郎丸

沖釣り初心者3人(仕事仲間)を連れ、庄三郎の泳がせ釣りに行ってきました。

釣りものとしては「カサゴ・ヒラメ」となってますが、サビキでシコイワシを釣り、それを餌にして底の高級魚を狙う五目釣りです。

初心者にはウィリー五目の方が釣れるかな?とも思ったのですが、アジ・サバよりも高級魚が釣ってみたいという意見があり、泳がせ釣りに決めました。


庄三郎では二隻出しになっていて、私たちは22号船の右舷胴の間。

ミヨシにお一人、ミヨシ2番がHクン、その隣が私。

0422_1

ミヨシ4番がSさん、5番がMクン、そして艫に別のお客さん2人。

0422_2

しかし、開始早々、ハプニング続き。

最初にサビキ仕掛けが配られ、エサになるシコイワシを釣るわけなんですが、

Sさんはまず、サビキ仕掛けの付け方がわからない(どちらが上かわからない)というので説明し、やっと仕掛けを付けたと思ったら、仕掛けが道糸に何度もからんでしまって投入できない。
(覚書:初心者には、最初に仕掛けの上下がどちらか説明すべし)
(覚書:初心者には、道糸と仕掛けが絡まないようなセッティングを説明すべし)

Mクンはリールのドラグが緩んだ状態のまま投入してしまい、「あげて~」と言われても全く巻けずにいる。(ドラグが最大に緩んだ位置で固く固定されてしまっていました。)
(覚書:初心者には、投入前にドラグの調整の仕方を説明すべし)

投入したものの、どうやってタナに合わせるかわからない
(覚書:初心者には、道糸1メートルごとにマークがあることを説明すべし)
他の釣りであれば、徐々に慣れていけばいいわけなんですが、今回の釣りは、開始早々に餌となるシコイワシを十分(1人20匹ほど)釣らなくてはならないんです。

しかも、イワシの群れの移動が速いので、流し替え後の投入の合図で遅れずに入れないと、すぐにノーチャンスになっちゃいます。



皆さん、エサのシコイワシ釣りにてこずっていて数が伸びず、これは困ったぞ~
と思いました。

しかし、しばらくすると全員慣れてきて、5つのサビキ針に3~4匹ずつかけられるようになり、1時間後には15~20匹のシコイワシを釣るのに成功しました。

私のバケツの中はこんな感じ。

0422_3


さて、餌捕獲タイム終了です。

西の方のポイントへ移動し、今から泳がせ開始です。

最初の水深は40メートル位。

仕掛けを投入したら、底をちょっとだけ切って待っているだけだから、あとは皆さん、難関は脱したかと思いました。



しかし、現実はそう甘くなかった。

根がきつく、漁礁などで高低差もあるので、結構根がかりします。

皆さんそのたびにギブアップなので、すぐにヘルプに回ります。

その間、少し余分に錘を切った状態にしていたら、今度は私の仕掛けが根がかりしたり。

そのたびに仕掛けを交換したり、予備の錘を出したり・・・。



おマツリも結構するので、おマツリほどきにも時間が取られます。

魚が付いて走った時にしか見かけないような、道糸同士が団子のような塊になっていたり・・・。

あるいは、手前マツリで、道糸と仕掛けがぐしょぐしょに撚れて団子になっていたり・・・。

どうしてこんなになっちゃうのか、全くもう、理解できません。
(すみません、こういう時の私、ちょっとイラっとしてました。引率者失格です。)

もしかしたら、底ダチがちゃんと取れていないのかもしれません。

それでも、釣れてくれれば気分はよくなるのですが、全然釣れません。

潮が全然流れていないようで、食いが悪く、もたれは出るのですが、食い込んでくれません。


しばらくして、根がかりをやっとはずしたら、竿がぐっと入りました。

一瞬、根に潜った魚を引きずり出したのかと思いましたが、非常に重いだけで、巻いても生体反応全くなし。

犯人はテグスの塊でした。

海の環境美化にちょっとだけ貢献(笑)。


9時を回り、やっと本命が釣れましたけど。

カサゴ。しかし、小さい。20センチちょい。

0422_4


10時を回り、Mクンがようやく、シコイワシ以外の生命体をゲット。

チビオニ~。(リリース)

0422_5


しばらくして、Hクンもようやく、シコイワシ以外の生命体をゲット。
ヘビ~。ダイナンウミヘビかな?(気を付けてリリース)

0422_6



生命体はここまでで、以降ずっと、本命的な魚は釣れず・・・。

そのうち、みなさん居眠りしだす始末。

(やっぱり、釣りものの選択を間違ったかな。初心者には適度に忙しいアジとかにすべきでした。これじゃ、楽しめませんね)


そのまま1時を回ってしまい、船長が、

「1時半沖上がりなんですが、15分残業します」とアナウンス。

胴の間で全然釣れていない私たちを思ってのことかもしれません。


しかぁし、貴重なこのロスタイムのタイミングで、MクンとSさんがまたまた、激しいおマツリ。

道糸同士が団子になっていて、そこに仕掛けもからまってます。

2人で一生懸命ほどこうとしていますが、見るとスナップから僅か10センチほどの位置。

「もう~、こんな所で絡んだ道糸をほどく時間がもったいないよ~。切って結び直して!仕掛けは予備がまだいくらでもあるから、切れるところで切って交換して!」
と、つい大きな声を出してしまいました。
(初心者はそういう判断ができなくて当然なのに、引率者失格です。)


今日は、初心者に厳しい釣りものを選択してしまい、それ故皆さんが苦労していたのに、引率者失格な言動をしてしまい、本当にごめんなさい。

しかし、海の神様はこんな私を見放さなかった。

ロスタイムの最後に、ジャンボカサゴをゲット~。

0422_7

アヤメでもウッカリでもなく、正真正銘のカサゴで、36センチありました。


最後の最後に大きな本命が釣れたのは嬉しかったのですが・・・。

しかし、本日はこれから、堤防組3人と合流して、7人で宴会を予定しております。

7人で食べるのに、大きな魚はこれ1匹です。トホホ。

さてと、どうしたものか。

後編:【貧果で宴会@平塚漁港の食堂(仮題)】に続きます。



追伸:

仕掛け:捨て糸3号5センチ、親子サルカン介して上の幹糸5号1メートル。
真ん中50センチのところに回転ビーズ。
ハリスは 5号30センチ、針は丸セイゴ17号。

タックル:ライトゲーム CI4 Type73 M200とステファーノ200XG(PE 1号)

※根がかりするので、1号のラインは厳しかった。
捨て糸を3号に落したけれど、ラインが負けて切れた。
しかも水深は30メートルから70メートルまで。深いと手巻きはきついです。
ベストは小型電動 PE2号だと思います。

« 釣り前夜祭@ビストロ・ルフュージュ | トップページ | 貧果で宴会@平塚漁港の食堂 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/61487088

この記事へのトラックバック一覧です: イワシ釣って泳がせ釣り@庄三郎丸:

« 釣り前夜祭@ビストロ・ルフュージュ | トップページ | 貧果で宴会@平塚漁港の食堂 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31