リンク集

無料ブログはココログ

« カマスのはずが、サバサバ~@庄三郎丸 | トップページ | アジ釣り?イシモチ釣り?@こうゆう丸 »

2015年3月15日 (日)

ついてなかったアコウ釣り@一之瀬丸

先週はいまいちの結果だったので、大カマスのリベンジでもしようかと、前日何となく船宿のホームページのネットサーフィンをしていたら、一之瀬丸の深場船が「アコウダイ確定」と書いてあるのに気付きました。

何とも2年ぶりになるアコウダイですが、久しぶりに行ってみることにしまして、オーケストラの練習の合間に予約をし、帰宅してから、深夜に準備しました。

自宅にあった仕掛けは2年前に作った残りなんですが、ハリスがナイロン16号で70センチ、幹がナイロン20号150センチを親子サルカン繋げたもの。

針は下田のムツ針、7本針仕掛け。

0315_1

古い仕掛けですが、3セットあったので何とかなるかな?

あとはハリスを結んだ針が20本位、それから150センチに切った幹用の糸も20本位あったので、いざとなれば船の上で仕掛けを作ることにします。

さて、アコウ狙いの深場船は右舷が5人、左舷が4人の9人で、定刻より少し早い6時50分に河岸払いとなりました。

1時間以上走って、ポイントは洲崎沖のようです。


0315_2_2


マグネットは船宿でお借りした、ウルトラマグネットMを2つ合体させたもの。

長いのは助かりますが、磁力がちょっと弱くなっています。

仕掛けは最初、馴らしを兼ねて、船の上で作った5本針でやることにしました。


船長の指示は、底を取ったら錘を切るようにと。

錘を底につけたままだと、根がかりをしやすいからと。

最初のポイントは水深400メートル位でした。

0315_3

はい、底を切ってすぐにいいアタリがありました。

さて、瞬間巻きを繰り返し、底に錘が着かないようキープしながら、待ちます。

船長が、「待ち過ぎると最初の1匹をバラすから、適当なところで巻くように」とアナウンス。

それでいざ巻こうとしたら、全然巻けない。

ちゃんと底を切っていたつもりなのに、錘ががっちりと根に嵌ってしまってましたようです。


右隣の方にアドバイスもらい、ラークに道糸をぐりぐり巻きつけてみますが、全然ダメで、船長がロープを巻き取るための電動ローラーに掛けて巻いてくれて、ようやく切れました。

しかし、ヒットしたはずの魚がいないだけでなく、道糸が45メートルの高切れで、空しくヒラヒラあがってきました。

おそらく、昨年のキハダ釣りでおマツリした際に、ラインが傷ついていたのでしょう。

道糸はしょうがないにしても、深場用リングのロストが勿体なかったなぁ。

(と、リングを勿体ながっていたこの頃はまだ、幸せでした)


気を取り直し、7本針仕掛けをセットし、2投目。

少し深いところに移動し、500メートルダチでしたが、全くヒットせず。

0315_4

「回り直しましょう」との船長の指示で巻いていたら、100メートルのところで、バタバタっと変なアタリ。

貧相に痩せたサバが、3匹掛かっていました。


3投目、今度は投入の途中、160メートルあたりで糸がフケて落とせない。

しょうがなく巻きあげると、犯人(魚?)はさっきより多少太ったサバ3匹。

右隣の方は、もっと早く100メートルあたりでサバにあたったようで、仕掛けを底まで落とせなかった私たちは、ヒマヒマヒマ・・・・。

(と、ヒマを憂いていたこの頃はまだ、幸せでした。)


4投目、ようやく投入できると喜んだのもつかの間、更に不幸が襲ったのです。

先にヒットした左隣の方の仕掛けに鮫がかかっていた状態で私の道糸とマツってしまい、ほどいていた途中にスパッと・・・。

ああ、私の道糸が、また切られちゃったよ。

リールのカウンタを見たら、あと235メートル。

嘘でしょ、お願い、嘘だと言って・・・。

さっき45メートル切れて、今235メートル切れて、合計280メートル切れちゃったわけで。

私のミヤCXー4HPは8号800メートル巻いてありましたが、例え今まで一度も高切れしたことがなかったとしても、狙っている500メートルダチに対して、残った道糸が約500メートル。

今日はもう、終わった。。。。

5投目からは、失意のパスです。


しかし、左隣の方に、水深どのくらいですか?と聞いたら、430メートル位だと。

さっきより浅いところを狙っている。

それならもしかして、ぎりぎりできるかもしれない。

気を取り直し、次の流しはダメ元で投入してみます。

0315_5


助かった。底に着いて428メートル。まだ何色か糸が残ってます。

この頃、右舷ではようやく、シングルヒットでしたが、型のよいアコウがあがったようです。


で、今度こそと思った7投目。

私にもようやくチャンスが回ってきました。

底から10メートル位切っては仕掛けを落とし直すという巻き落としを繰り返していたら、ちょっと変なアタリがあったので、すかさず電動スイッチを入れてみたら、針に掛かりました。

それが本当に、これはきっとアコウだろうと、期待できる感じのアタリだったので、ああ、やっぱり神に見放されてはいなかったんだと、もう涙が出そうなほど嬉しくて。

わくわく、ドキドキしながら慎重に少し低速で巻いていたら、あと130メートルの所でいきなり、竿先の動きのパターンが変わりまして。

どうやらサバが数匹かかってしまったようです。

それでも構わず巻き続けていたら、しばらくしていきなり、竿にかかる魚信がなくなってしまいました。

仕掛けを回収したところ、下から2番目の針にどうやら魚(今でもアコウだと信じています)が掛かっていたようです。

後から針に掛かったサバが暴れて魚を振り落とし、自分達も逃げていったものと推測されます。

(やっぱり不幸は終わらなかったのでした・・・)


次の流しが最後で、またポイント移動して、投入となりました。

小さいながらもアタリがあり、アコウではなさそうなのでそのまま放置してましたが、いつまでも魚はかかっていて、あげてみたら、やっぱり黒かった。

船長が、「カマボコの材料だよ」と。

オキギスでした。

0315_6


それでも、クーラーからっぽで帰るよりはと、キープしました。

とっても不幸な一日でしたが、今日はオキギスを釣って帰ることが最初から決まっていたのかもしれません。

だって私、昨日フードプロセッサを買ったんです。

かまぼこなら簡単に作れます(爆)

« カマスのはずが、サバサバ~@庄三郎丸 | トップページ | アジ釣り?イシモチ釣り?@こうゆう丸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/61291213

この記事へのトラックバック一覧です: ついてなかったアコウ釣り@一之瀬丸:

« カマスのはずが、サバサバ~@庄三郎丸 | トップページ | アジ釣り?イシモチ釣り?@こうゆう丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31