リンク集

無料ブログはココログ

« 釣り復帰:久里浜沖のタチウオ@忠彦丸 | トップページ | 丸十丸の生わかめでしゃぶしゃぶ »

2015年2月19日 (木)

超簡単!カルチチゲ風と蒲焼き丼

寒い時期、タチウオも鍋にすると美味いです。

普段はしゃぶしゃぶにすることが多いのですが、今回は趣向を変えて、カルチチゲ風にしてみました。


とは言っても、要は市販のチゲ鍋用スープで煮込んだだけ。

タチウオは、大名おろしにしてから切るだけ。

超簡単メニューです。

タチウオは煮ると崩れやすいので、炙りの時と違い、皮に包丁目は入れません。

0220_2

これで2人前。

刺身で食べるにはちょっと多いですが、鍋に入れるとふわふわになり、いくらでも食べられてしまいます。

もちろん、刺身でも食べられる新鮮なタチウオなので、最初はお刺身でいただきながら、鍋が煮えるのを待つという、一挙両得なメニューなのです。


うっかりして、鍋の方を写真に撮るのを忘れてしまいました。

韓国では大根と一緒に煮込むようですが、何を入れてもおいしいです。

今回は大根、白菜、しいたけ、豆腐、ニラなどを入れ、最後はうどんで〆ました。

体がとても温まります。



もう1品、ランチにお勧めのメニューは、何と言ってもタチウオの蒲焼き丼です。

0220_1


15センチ位の胴切りにしたタチウオを、大名おろしにします。

小麦粉をまぶし、オリーブ油をひいたフライパンで、タチウオの両面をきつね色に焼きます。

タチウオの身は非常に柔らかいので、小麦粉をまぶすことで身が崩れるのを防ぎます。

仕上げは、市販のすき焼きのたれを回し入れて味をなじませるだけ。

添えてある焼きネギは、タチウオを焼く途中にフライパンに加えました。

簡単ですが、家族に人気のメニューです。


   

« 釣り復帰:久里浜沖のタチウオ@忠彦丸 | トップページ | 丸十丸の生わかめでしゃぶしゃぶ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/61167242

この記事へのトラックバック一覧です: 超簡単!カルチチゲ風と蒲焼き丼:

« 釣り復帰:久里浜沖のタチウオ@忠彦丸 | トップページ | 丸十丸の生わかめでしゃぶしゃぶ »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31