リンク集

無料ブログはココログ

« 丸十丸の生わかめでしゃぶしゃぶ | トップページ | カマスのはずが、サバサバ~@庄三郎丸 »

2015年2月28日 (土)

大原のヒラメ釣り@敷島丸

外房は大原のヒラメ釣りに行って来ました。

大原のヒラメ釣りは、2年前にボウズを食らって以来ですので、リベンジマッチです。

珍しく前日午後には大原イン。

いすみ市役所に用事があったのです。

なので民宿に前泊することにしました。


今回お邪魔したのは、「晴海」という、割烹と民宿を兼業しているお店です。

ただし、割烹の方は金曜定休ということで、残念ながら素泊まり。

泊まった部屋の名前がシャレてます。

0228_12

これで釣れなかったら、シャレがきついってことになってしまいますが。


素泊まり4000円の民宿ですが、何と部屋の中にバス・トイレ・洗面台が付いています。

0228_1

これなら女性でも利用しやすいですね。

で、ゆっくり寝て、出陣と思っていたのですが・・・。

ダメでした。

とうとう、一睡もできませんでした。

それでなくても興奮して眠くない上に、夜通し北風が吹きすさび、窓ガラスが薄いのか、
夜通し「ガラガラ、バリバリ」と。割れそうな音がするのです。

前に名立でも同じ思いをしたことがありました。


風の強い日に海沿いの宿は要注意です。


あきらめて仕度をし、4時半に大原港に到着。

前日、棒を立てて席を確保しておいた右舷艫に入ります。

艫2番にmomoちゃん。

船は右舷4人、左舷3人の7人を乗せて定刻の5時半に出港しました。

20分ほどでポイントに到着し、船長がバケツにイワシを準備してくださいました。

0228_3

6時までは竿を降ろしてはいけないらしく、ここで10分ほど待機します。

0228_2

敷島丸はノーマルタックルなので、本日の竿はA-Gripネライ240M。

リールはアマダイのタックル同様、若干ラインを細くして、フォースマスター400DH(PE2号)。

もしライトタックルが使えるようならと、シマノライトゲーム CI4+ M200も持って来ていましたが、

「こんな竿で80号の錘が背負えるんか? これは予備竿だな」

と、船長に手の届かないところに片付けられてしまいました。


さて、6時になるとともに仕掛け投入です。

なんと、水深は僅か10メートルでした。電動は要らなかったかも。

捨て糸はフロロ4号50センチ。ハリスは6号80センチ。

幹糸は6号1メートル。



底を取ったら、50センチほど底を切って、静かに待ちます。

いや、静かに待てません。

北風が強くて、凍えるほど寒く、海はうねっていて、仕掛けの位置が定まりません。

波の上下動を逆の方に竿を動かして、少しでも仕掛けが安定するよう試みます。


しばらくして、「もわっ」と、あの、ヒラメが餌を把持している感覚が出ました。

少し糸を送り出すようにして、じぃっと待ちます。

しばらくすると、今度は「ツンツン」と、どうやら餌を引っ張っているようです。

ここでもまだ合わせません。

もっと大きなアタリが出るまで、糸を更に送り込むようにして我慢我慢。

このじれったさが、ヒラメ釣りの醍醐味。


1分近く待ったかと思います。

ぐいっと竿が入り込んだ瞬間に少し竿を上げて合わせたら、うまく針にかかりました。

まあまあのサイズ、1枚目ゲットしました。

30分ほどして2枚目ゲットと、幸先よく本命をゲットしました。

0228_4

次にまた、仕掛けを落とすなりヒット。

タモ入れしてくれる船長を呼ばなくてはならないので忙しい。

(大声で船長を呼ばないと、怒られるのです)

と思ったら、これは違った。なかなかのサイズのアイナメでした。


この段階でまだ7時半。

この調子だとどれだけ釣れるだろうかと、妄想を膨らませたところ、朝のおみやげタイムは
ここまでだったようで、しばし沈黙の時間が続きます。

そうなると、風は強いし、海は悪いし、ひたすら、寒い。

鳥山ができていて、イワシが入っているようで、それを追ってヒラメも来ているようなんですが。
0228_5


たまにアタリがあっても、糸を出しても巻いても、どうやっても食いこますことができず。

待ち切れずに合わせてもすっぽ抜けたり。

仕掛けを上げてみると、餌は傷だらけだったり。

0228_6

表面を舐めとられたような状態になっていたり。

0228_72

朝のうちは「え~、アタリが全然わからないよ~」とか言っていたmomoちゃんも無事本命ゲットし、「竿が短い」と船長のダメ出しがあり、船長のタックルを借りての続投となり、いつの間にか4枚も釣っています。


ああ、今日はもう朝の2枚で終わりかな。

と、置き竿にしていた11時過ぎ。

竿先にアタリが出て、しばらく見ていたら、竿が入り込んだ。

おっしゃぁと、手持ちに替えて竿を上げ、巻きます。

今日一番のサイズが釣れました。

0228_7

おそらく、今まで仕掛けを動かし過ぎていたんでしょうね。

普段誘う釣りばかりしているので、無意識のうちに仕掛けを動かし過ぎていたんだと思います。

そこで、意識して「何もしない」ようにしていたら、またアタリが出て、アタリが出ても更に意識して「何もしない」ようにしたら食いこみました。

4枚目ゲットで沖あがりとなりました。

ヒラメ4枚にアイナメ1匹。

0228_8



リベンジ成功でした。

今夜はオーケストラの練習で、明日から知床方面に旅行に出るため、せっかく釣ったヒラメを食べられません。

3枚をお友達に差し上げ、一番大きかった1枚だけ下処理し、捌きついでに味見をしてみました。

0228_9

身はまだちょっと硬いけど、美味い~。

あとのお楽しみは4日後。

それまで、チルドで寝かします。

« 丸十丸の生わかめでしゃぶしゃぶ | トップページ | カマスのはずが、サバサバ~@庄三郎丸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/61228738

この記事へのトラックバック一覧です: 大原のヒラメ釣り@敷島丸:

« 丸十丸の生わかめでしゃぶしゃぶ | トップページ | カマスのはずが、サバサバ~@庄三郎丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31