リンク集

無料ブログはココログ

« 少人数でキンメの会(割当て多すぎ) | トップページ | やっぱりヘタレな皮研例会@丸十丸 »

2014年12月20日 (土)

コマセでイシダイ釣り@利一丸

マルソータさんにお誘いいただき、剣崎は間口港、利一丸の仕立てでイシダイ五目に行って参りました。

イシダイ釣りと言えば、同じく間口港の伊仁丸から、カラス貝で釣るイシダイ釣りに一度だけ挑戦したことがあります。

あの時は・・・ボウズでした。

なぜか伊勢海老だけ釣りました。

仕掛けは違いますが、ある意味今回はリベンジということになります。



さて、初めての船宿なので多少は余裕を持って間口港に到着したものの、メンバーを見つけられません。

周りの人に聞きながら、ようやく港の一番奥の方に利一丸の船&メンバーを発見しました。

マルソータさんもそうですが、2週間前に まるかつさんのカマス仕立てでご一緒したポン太さん、すずきんさん、蛸仙人さんもいらしたので、すぐにわかりました。

で、車を近くの駐車場に停め、仕度をしたらすぐに抽選。

私は右舷胴の間です。

まだ暗い中、6時過ぎに船に乗り込みました。

1220_1

右舷はミヨシからポン太さん、私、すずきんさん。

こんなに余裕があっていいのかと思うほどの余裕の釣り座でした。




で、6時35分には港を出発。

1220_2


本日のタックル、以前ウィリーでよく使っていたリーディング 82 MH190を久しぶりに使うことにして、リールはフォースマスター 400DH(PE2号)。
漁港の規定で7時過ぎにならないと竿を出してはいけないそうで、港の近くでしばらく待機しながら、船長のレクチャーを受けます。

まず、ビシの窓の調整は、出船前に船長が見てくださいました。

下は2.5目盛り開けて、上の窓は全開。

1220_3


オキアミとはいえ、下をこんなに開けて使うのは初めてです。


次に仕掛けですが、マルソータさんから「ハリス4号3.5メートル。先から1メートルに枝を出したグレ8号2本針仕掛け、もしくはウィリー仕掛け」とご連絡いただいており。

釣り具屋に行ったら条件にぴったりのウィリー仕掛けを見つけてしまったので、すかさず買い。

餌針の仕掛けは針だけ購入して自作しました。

1220_42


ところがですね、船長から、「針は小さめのグレ7号の方がよいよ」と言われ。

たまたまなんですが、グレ7号のウィリー仕掛け(ハリスは2.5号)を持って来ていました。

それを船長に見せたら、仕掛けが短い(2.5メートル)ので、これに1メートルのクッションをて付けてやるといいよと言われ、

結局、イシダイ用に用意した仕掛けではなく、前から持っていたウィリー仕掛けでやることにしました。

仕掛けはウィリーで一番下だけ空針ですが、2番目の緑のウィリーにも餌を付けるという、ウィリーと餌のハイブリッド仕掛けです。



釣り方です。

【船長のレクチャー内容】

タナは海面からで、30~35メートルなど、幅が指定されます。

指示タナの一番下までビシを下ろしたら、まずは竿先を海面に着けた状態から、すうっと大きく誘います。

誘い幅はかなり広い。

手が上に上がる位まで。

アタリはこの大きなしゃくりの動作の中で出ることが多いそうで、そのアタリがあったらすかさず合わせろと。

アタリがなければ竿を下げてリールを1巻き。

これを上の指示タナまで繰り返すそうです。

上のタナまで来たら、回収して餌チェック。

餌取りも多いので、この段階でほぼ餌はないんだそうです。



釣れないとつい、指示タナよりも下げたくなるが、下げてもまず釣れない。

指示タナの範囲内の少し上の方でアタることが殆どなのだそうです。

また、相模湾のウィリーみたいに、こまめなしゃくりでは釣れないよ~、なんだそうです。



そして、ジャスト7時。

船が突然猛スピードで走り出し、僅か5分ほどで投入の合図が出ました。

船長のレクチャー通りに始めてみます。

指示タナは35メートルのところから、30メートルまで。

アタリがないのであげてみると、餌が取られてます。

それで、コマセを詰め直し、餌を付け直し、再度投入。

また35メートルから誘い開始。

32メートルのところで、誘いの大きな動作の途中、10時位の角度でカスっとした感覚があり、そのまま竿を上げていったら、ぐっと竿が入りました。



結構すごく引くんですけど・・・。

ちょっとマダイっぽい間断のある引きでした。

あがってきたのは、いきなりイシダイが一荷だよん。


1220_5


開始わずか3分の7時8分に本命ゲット!

1匹は結構いい型です。チビはリリースしました。


そして、7時15分に3匹目。

これは明らかに小さいサンバ君なのでリリース。

1220_6


7時30分に4匹目と5匹目を連続で。(小さい方はリリース)

1220_7


7時50分、6匹目(リリース)


8時4分、7匹目。まあまあの型。

1220_8



8時8分、8匹目。ナイスサイズ。

1220_9



8時17分、9匹目。これもなかなかよい型。
   
1220_10


8時24分、10匹目。まあキープなサイズ。

1220_11


とまあ、どうやらイシダイと気が合ってしまったようで、開始1時間ほどでツ抜けしてしまったのでした。

船長のレクチャー通りやっただけなんですけど。

何故か真ん中の緑のウィリーに餌を付けた針に良型がかかりましたね。



アタリは小さいので、これを見逃すと釣れません。

大きな誘いの途中、結構竿を振り上げた状態(10時から11時の角度)で微かなアタりが出ることが多く、そこから合わせるほどの幅が残っていないので、更に大きく竿を後ろに向けて振りあげつつ、同時に巻き合わせしました。



この勢いだと、20匹位いっちゃう?

なんて思ったら、そんなに甘くなく、しばらくして朝のサービスタイムが終了したようです。

8時54分、11匹目。ぎりぎりキープサイズ。

1220_12


9時5分、12匹目。これもぎりキープ。

1220_13


9時を過ぎてからはアタリが遠のき、たまにアタってもウマヅラでした。


そして11時頃に移動となりました。

1220_14_2


少し深く50メートルあたりが指示タナになり、イシダイが釣れなくなったので、どうやらイナダ狙いのようです。

で、まずはイナダを1匹釣りました。

次にまた投入したら、左舷とおマツリしてしまい、取れたので巻き始めたら、まだラインが40メートル位のところで竿先に違和感。

ん?

と思ったらトップガイドが嫌な形に折れ曲がり、慌てて電動のスイッチを止めたものの・・・。

なんと、ラインにおマツリした時の針がそのまま引っ掛かっていて、

針がガイドに引っ掛かった状態でテンションかかってしまい、トップガイドと2番の間で、竿が折れてしまいました。

1220_15


うう、ショックですぅ。

さすがに、40メートルもラインが出ている状態で針が引っ掛かっているとは予測できませんから、これは災難と思うしかありませんけどね。

こんな折れた竿にもイナダは掛かっていて、2匹目ゲット。



しかし、このアクシデントでテンションはすっかり下がってしまい。

しかも、コマセがちょうどなくなってしまったところで。

クーラーはもう入らない位満タンでしたし。

もうしまっちゃおうかと思いながら、しばし休憩してました。




ところがですね、もうそろそろ沖あがりかと思っていたら、船長がまだ1時間できると。

最後の1時間、また最初のイシダイのポイントに戻ってやってみることになりました。

それで気を取り直し、コマセブロックを半分追加して、予備竿のメタリアタチウオ&レオブリッツ150で続行することにしました。

うむむ、久しぶりにDAIWAの電動リールを使いましたが、やっぱり、巻き上げが遅いですね。

で、最後にサンバ君をもう1匹追加して、イシダイ13枚で終了。



持ち帰りは8枚で、ゲストはメジナとウマヅラとイナダでした。

1220_16


型も結構よかったし、釣果は大満足です。

普段やらない釣りって、新鮮で、本当に面白いですね。

今回、マルソータさんにお誘いいただかなければこんな面白い釣りを経験できなかった。

マルソータさん、そしてご一緒くださった皆様、どうもありがとうございました。

« 少人数でキンメの会(割当て多すぎ) | トップページ | やっぱりヘタレな皮研例会@丸十丸 »

コメント

お疲れ様でした。
って、あれだけ釣りまくれば、心地よい疲れでしょうね^^vv
私は朝イチのウィリーはまったくだめでした。
釣りはじめからMIKKAさんが隣でバンバン上げる姿を見て、餌釣りに仕掛けチェンジしたおかげで、なんとかお土産できたってところです。
MIKKAさんの爆釣がなければあのままウィリーで・・・・
おぉー、コワ^^;;
またご一緒しましょう!!

このたびは参加いただきありがとうございました。
圧巻の釣りでしたね。
今年は良型が多かったですが、大きいのは1キロ200ぐらいあったのかな。
おいしい魚なのでいろいろ楽しめそうで裏山です。
また、よろしくお願いします。

すずきんさん、

コメントありがとうございました。
私は最初からウィリー仕掛けでしたよ。餌も付けてましたけど。
すずきんさんが2号でも取れるとおっしゃっていたので、細めでしたけど2.5号を使っていたので、ぶっちされたらどうしようと、ハラハラしました。

すずきんさんが釣ったうちの1匹は、大きかったですね~。

マルソータさん、

今回はお世話になりました。
最初お誘いいただいた時、「型は小さい」とお聞きしましたが、やってみてびっくり。
いい型が多かったです。
1キロ位のが2匹、800g位が2匹いました。

捌いてみたら、お腹の中が脂で真っ白。
身も脂で真っ白でした。
お刺身、しゃぶしゃぶ、塩焼きで楽しみました。

こんばんは!
先日はお疲れ様でした!
石鯛釣りは 楽しかったですね(^^)
石鯛のお刺身は寝かせて 今日いただきました!
アラ煮もとてもおいしく 食べ過ぎました(笑)
また 機会がありましたら よろしくお願いします。

蛸仙人さん、

いやぁ、面白かったですね~。
雨の予報でしたが、昼間では殆ど降られなくてよかったですね。
蛸仙人さんは左舷だったから、あまりよく見えてなかったけど、振り返るたびに釣ってましたね。

イシダイのお刺身、寝かすとおいしくなるんですね。
脂肪がとろけるような味わいでした。
全部食べちゃうのがもったいなくて、大きいのの半身だけ、お正月用に冷凍しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/60853594

この記事へのトラックバック一覧です: コマセでイシダイ釣り@利一丸:

« 少人数でキンメの会(割当て多すぎ) | トップページ | やっぱりヘタレな皮研例会@丸十丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31