リンク集

無料ブログはココログ

« アマダイは蒸しましょう | トップページ | そしてサゴシを食してみました »

2014年10月 8日 (水)

大寝坊だったアマダイ釣り@山下丸

週末は台風のため、自宅待機。

火曜までは底荒れしているだろうからと釣りはやめといて。

(と書くと、頭の中は釣りのことしかないと誤解されそうなんで、釈明すると、

月曜火曜は一応、仕事してたんですよん。)

さて、今日はゴヨーさんが市場のタケさんと一緒に山下丸にアマダイ釣りに行くということで、ご一緒させていただくことにしました。


ところが、目が覚めてびっくりじゃ。

7時を既に回っていたんです。

あちゃ~、大寝坊でございます。


それでも私は諦めません。

ゴヨーさんに電話して、ぎりぎりになると船宿に伝えてもらい。

大慌てで仕度して、7時20分に家を飛び出しました。

ところが、寝起きでボーっと運転していたようで、こんな時に限って道を間違える。

高速に乗るルートではなく、一般道のルートを走り始めてました。

すぐに気が付いて踵を返すも、ここで貴重な時間を5分ロス。



大丈夫、飛ばせば25分で着けるはず。

出船15分前に着けば、なんとかなるでしょう。



と思ったら、高速降りてから気が付いた。

今は通勤時間だよ~。

人も多く車の交通量も多く、いつもより時間がかかります。


それでも、コンビニに寄ることだけははずせない。

2分で買い物を済ませ、「角ハイボール 濃いめ」を買うのも忘れない。


予定より遅れ、7時55分に船宿到着。

なんと、出船5分前でした。

ゴヨーさん、タケさん、そして山下丸の皆さん、

本当にぎりぎりで、すみませんでした。


とうわけで、前置きが長くなりました。

こんな私にゴヨーさんがリザーブしていてくれた釣り座は、特等席の右舷大艫。

「全く手間のかかるヤツだ」とか言いながら、クーラーと船バッグを運んでくれる、やさしいゴヨーさんでした。


さて、目指すは剣崎沖。

1008_1

タックルは、メタリアタチウオにフォースマスター400DH。

最近、ノーマルアマダイもこの超小型電動リールにしています。

一日手持ちでも疲れないし、道糸が2号なのでアタリが取りやすい。


あの遠くに見える船団は、ワラサ船のようです。

1008_2


8時40分、70メートルダチでスタート。

投入するなり外道がかかった前回とはうって変わり、アタリが全然ない。

それで、少し高めのタナを狙ってみる。

私の仕掛けは真ん中に親子サルカンとガン玉が付いているので、少し高めから誘い落とすと、2つの餌がヒラヒラと同じ位の高さでゆっくり落ちるはずなのだ。

そしたら、いきなりひったくるようなアタリがあり・・・。

型のよいレンコでした。

1時間たっても、2匹目のレンコが釣れたきりで、寂しいクーラー。

1008_3

船長には、誘い上げた時に仕掛けがふきあがってしまうのではないかと。



上潮は道糸が真横に入るほどぶっ飛んでいて、底潮はあまり流れていない模様。

しかも、台風の影響か、かなり潮が濁っている。

今日の誘い幅はイメージしにくいです。

外道も釣れないから、余計タナをイメージしにくいし。


二枚潮なので、空いているのにオマツリも多く、釣りにくい。

昼前に、左舷では既にアマダイ2枚目をあげた人がいるらしい。

ちょい焦ってきます。


昼過ぎて、海面から30メートル落としたところで、いきなりフケアタリ。

ああ、サバがかかっちゃったよ。

と思って高速で巻き始めましたが、私の道糸と左舷の艫の方の仕掛けがからんでしまい、私の方で左舷の方の仕掛けを上げ、スナップはずしておマツリをほどき、再び巻き始めたら、まだ魚が付いている。

じゃじゃ~ん。

サバじゃなくて、サゴシでした。

初めて釣ったサゴシ。かなり嬉しいゲストです。

撮影したアングルで細く見えますが、実際はかなりでっぷりと太ってました。

1008_4

下の針が口にかかっていた上に、上の針が腹を貫通していたため、スレであがって来たものです。

スレがかりしていたので、オマツリしている間もハリスを切られることなく上がってきたようです。


で、本命はと言うと。

午後1時ですよ。

チビですが、やっと釣れました。

このチビが、非常に愛しく感じる瞬間です。

1008_5

上の針に食っていました。



アタリが少ないため、餌を見せて少しでもアピールさせようと、仕掛けの下針近くに、短いハリスで針をもう1本、出しました。

これをやると、外道がよくかかるんです。

外道が釣れ過ぎる時は逆効果になっちゃいますが、アタリの少ない時は効果抜群。

2時過ぎに2匹目のアマダイゲット。

この短ハリスにかかっていました。

この前後はパタパタっとトラギスも釣れた瞬間があり、ほんの一瞬、活性が高かったようでしたが続かず。


最終的に、28センチ位のアマダイ2匹のまま終了でした。

1008_6


渋い日だったようで、船の釣果は0~2匹でした。

今回こそ大型を、と思いましたが叶わず。

次こそはアマダイシールをゲットしたいなぁ。

(45センチ以上の大型を釣った人が貰えるという、金ぴかのシールなんです)






« アマダイは蒸しましょう | トップページ | そしてサゴシを食してみました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/60449163

この記事へのトラックバック一覧です: 大寝坊だったアマダイ釣り@山下丸:

« アマダイは蒸しましょう | トップページ | そしてサゴシを食してみました »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31