リンク集

無料ブログはココログ

« ワインと魚の会@BAR PREZZA | トップページ | 微妙な釣果な午後アジ@こうゆう丸 »

2014年9月20日 (土)

相模湾のアマダイ開幕@庄三郎丸

連休のスタートです。

昨夜は9人で泡1本、白2本、赤3本、そして持ち込んだムルソーにシャンボールにと、ワインをしこたま飲んだんですが。

何故か3時に目が覚めてしまい。

やっぱ、行っちゃいましょうかと、釣りに行くことにしました。

船宿のホームページを見ていたら、平塚の庄三郎丸が、今日からアマダイ開始すると書いてあって。

LTタックルで錘40号とあったので、二日酔いの体には楽でいいやと、仕度をし。

4時45分に船宿に到着しましたが、既に四隅は埋まっていまして。

私は右舷のトモ3番に入らせていただきました。


荷物を運んでもらい、船に乗り込みましたが。

この段階では、右舷も左舷も7人ずつ位で、ほどほどの人数でよかったと思っていたら。

最後に貸し竿の4人組みが胴の間に入り。

なんと、片舷11人ですよ。

・・・大丈夫かなぁと、一抹の不安を感じつつ、河岸払い。

0920_1


本日のタックル、シマノのライトゲーム CI4 TYPE73 M200に、フォースマスター400DH。

ラインは2号です。



最初のポイントは平塚漁港を出てほんの10分の80メートルダチ。

まずは底から1メートルを狙ってみました。

釣れましたよ。

トラギスにガンゾウヒラメだ。


ということは、タナが少し低いわけで。

底から1.5メートル切ってみました。

そこからゆっくり誘い下げ。

アタリがなければ底を取り直して、再び1.5メートル切って誘い下げ。



私の手作り仕掛けは、ちょうど真ん中に親子サルカンを介して2メートル。

枝ハリスは30センチ。

親子サルカンの真下、つまり中央に2Bのガンダマ1つ。



ゴヨーさんが3日前の山下丸で、中錘付けて誘い下げで7匹竿頭だったので、その作戦をいただきました。

要は、誘い下げている時に、中央にあるサルカンとガン玉の部分が先に落ちます。

おそらく、先端の針と枝針は、あとからゆっくりゆらゆらっと落ちるはずで。

底でじっと見上げていたアマダイが、たまらなくなってその餌に飛びつく。

というイメージでした。


作戦成功。

7時15分に本命ゲット。

0920_2

相模湾ではまずますのサイズです。

このサイズだと、しっかり3段引きをしてくれるので、顔を見る前にアマダイだとちゃんとわかります。


そして、9時過ぎに2匹目。

っと、ここまではよかったのですが、だんだんと潮がたるんできたようで、釣れなくなりました。


変な引きで、てっきりオマツリと思ったら、にょろにょろ(スソウミヘビ)がボンテージ状態、つまり仕掛けにがんじがらめになって上がってきました。

次にゴンゴンっと、ちょっとアマダイとは違うなぁと思ったら、まあまあの型のオニカサゴ。

10時半にこんな状態でございました。

0921_3

んで、だんだんと潮がたるんで来たようで、ガン玉を付けたままにするかはずすかでものすごく悩んだのですが。

結局、ガン玉は付けたままで、誘い下げに終始しました。



船は平塚の近くから、大磯沖、そして、もっと西へと移動します。

周りは全然釣れていないのに、私はポツポツと当たりまして。

当たったと言っても、待っていたわけではなく、誘い下げの途中の微かなアタリを見逃さずに大きく合わせて掛けました。


昼過ぎに7匹。


0920_4

だんだんとサイズダウンしているのが残念ですが。


そして最後の1時間、潮が早く流れるようになったようですが、それでオマツリが増え、ちょっと苦戦しました。

相変わらずの誘い下げ作戦で何とか8匹目をゲットして。

終了となりました。


右舷は大艫の方が2匹、右隣の方が1匹、左隣の方が1匹、その隣の貸し竿4人組の方はおそらく0~2という感じでしたので、右舷では断トツでした。

誘い下げ作戦のお陰です。



左舷でお一人が大型をあげたようで、50センチだと。

ううむ、数も嬉しいけれど、型も釣りたい。

誘い下げはチビを呼ぶのかな?


0920_5

数的には十分満足なアマダイ釣りとなりました。



外道は、
アカボラ6、トラギス6、オニカサゴ2、にょろにょろ(スソウミヘビ)2、
ガンゾウヒラメ2、カサゴ1、ドンコ1。

本命以外はアカボラと大きいオニカサゴだけ持ち帰りました。
今、家族が不在中なため、持って帰っても食べきれません。

というわけで、アマダイ5匹とオニカサゴはご近所の居酒屋さんに差し上げました。

お客さんに楽しんでいただければ幸いです。

« ワインと魚の会@BAR PREZZA | トップページ | 微妙な釣果な午後アジ@こうゆう丸 »

コメント

8匹はすごいですね。

先日有給を取って久比里で二回行きましたが、終始座ってべた底の人が終盤に50センチ近く釣ってました。
釣果一匹のようでしたが、さすがにでかかったです。

ワタクシは立ったままでゼロテンションになるようにがんばったので、全身ひどい筋肉痛になりました。

どの釣り方がいいのか、さすがに悩みます。

XEDさん、再びコメントありがとうございます。

そして、お疲れ様でした。

昨年、もうちょっと寒くなってからでしたが、庄三郎丸で13匹釣りました。

相模湾は個体が多いようで、だから釣れるんだと思いますよ。

ただ、型が小さい。

数は少なくてもいいから、やっぱり大型が釣りたいので次回は久比里で出陣の予定です。

錘80号で一日立って手持ちはちょっと辛いですけどね。


大きいアマダイを釣る人は、基本的にあまり誘っていないというか。

全くの初心者も大型を釣るしなので。

誘い過ぎない方が大型が釣れるのではないかと、ずっと思ってます。

私は、気が短いのでどうしても誘わずにはいられません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/60350351

この記事へのトラックバック一覧です: 相模湾のアマダイ開幕@庄三郎丸:

« ワインと魚の会@BAR PREZZA | トップページ | 微妙な釣果な午後アジ@こうゆう丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31