リンク集

無料ブログはココログ

« 寿司「松栄」@恵比寿&本牧海釣り施設 | トップページ | タチウオ宴会@阿佐ヶ谷 »

2014年9月30日 (火)

ドラゴンゲットなタチウオ@忠彦丸

本日、仕入担当に任命されました。

事務所で大掃除をするということで、掃除が終わったら、魚と日本酒で宴会したいと。

なので私は掃除はせずに、社命で釣りに行きます(笑)。


さて、釣りものは何にするか。

やはり、最近釣れているタチウオでしょうか。

前回前々回と、2回続けて満員でショート船に乗れず、半日船でしたが、今日は半日船が出ないということだったので、いつもより早起きで忠彦丸に行ってきました。


6時ちょっと前に到着しましたが、既に四隅は埋まっており、右舷艫2番に釣り座をゲット。

最終的に右舷は11人、左舷も10人位と大盛況でした。

タックルはメタリアタチウオ M195にフォースマスター400DH。

0930_1


30分ほどでポイントの観音崎沖に到着。

0930_2

今はワラサが盛り上がっているので、いっときほどの大船団はありません。


上からのタナで75~65メートルの指示で投入です。

今朝の安田船長のレクチャーで、「カウンターを信じず、色目糸で見るように」と。

真鯛釣りでは糸をいつも気にしてましたが、今まで、タチウオ釣りではカウンタだけを目安にやっていました。

ところがです。

上からのタナなので、試しに糸をよく見たら、なんと、6メートルも誤差が出ていました。

カウンタの数字の方が少ないのです。

いままで全然気にしていなかったけれど、もしかして、ずっとタナボケしていたのかも。



ということで、今日は上から正確なタナ取りを心がけるようにしました。

最初、割と大きく早めのしゃくりにしていたら、ガツンと突然アタッたきり、餌だけぼろぼろになって上がってくる、というのが何度か続きました。

そこで誘いを少し小さく、かつゆっくり目にし、しゃくった瞬間、リールを巻く前に2秒ほど止めの時間を入れてみました。

これでタチウオがゆっくりじらされて、ちゃんと針掛かりする作戦です。

作戦成功。

9時の段階で5本ゲット。

0930_3

いずれも4本指以上と、とても型がよいのです。

これでとりあえず仕入れは十分ですね。



少しゆっくり目の誘いでは、食い込んだ時にハリスまでガブっとやられ、ハリス切れが続出しました。

かと言って、早めにしゃくると小さいのしか釣れません。

大型狙いで、じっくり続けてみることにしました。

11時にちょっと前にツ抜け。

相変わらず型がよい。



そして、クライマックスは11時過ぎ。

ちょっとふけたようなアタリで電動巻き合わせたら、かなりの引きで。

あげてみたら、11本目は今までで最高のドラゴンでした。

0930_4

記録サイズです。

めっちゃ嬉しい~。

写真だとこれがどれだけデカいかが伝わらないので、船宿の写真を拝借。

0930_5

でっぷりと太ったドラゴンタチウオでした。

これ1本は、3本指10本釣るよりも嬉しいです。



掛け損じも結構あり、餌がなくなり、船長に餌のお代わりを2回しました。

最終的に、8回もハリス切れしてしまいました。


13時にストップフィッシング。

0930tachi1


船長には18本と申告しましたが、帰宅したら20本ありました。

0930tachi2


トップは45本だということで、トップの半分を目指している目標は達成できませんでしたが、サイズ的には十分満足な釣りとなりました。

右隣の大艫の方は私よりも数を釣っていましたが、型が小さく、

「どうしたら大型が釣れるのですか?」

と聞かれました。

たぶんですが、カワハギと一緒で、大型ほど慎重なので、少しゆっくり目のしゃくりと止めがよかったのだと思います。












« 寿司「松栄」@恵比寿&本牧海釣り施設 | トップページ | タチウオ宴会@阿佐ヶ谷 »

コメント

あぁ、やっぱりMikkaさんだったんですね。同船してました。
あの日、オオトモは知りませんが、ミヨシの3人は5:00前に来てたみたいです。
Mikkaさんは釣りものに限らず右側のオオトモ寄りがお好きみたいですね。私たちは定位置の左側8番がとれず10番と12番でした。

朝、真っ赤なワーゲンで颯爽と登場なさったので、もしやMikkaさんではと思ってましたが、どこか声を掛けづらっかったので遠くから拝見させて頂きました。

フォースマスター400は船上で道糸の補正をすることができる機能があります。一度セットすれば後はリールのカウンターを見ながら仕掛けを落とすことができ、微調整だけ糸色で行えばよいので便利ですよ。お勧めします。下限のタナで道糸補正していて
針がかりするのが良くあります。試してみて下さい。

この日、私はOwnerのサーベルフックX2/0(安田船長お勧め針)を試す釣りでした。
2/0なので軸が短いのが気になりチモト補強をいろいろ準備しました(編み込み、透明パイプなど)。一日、チモト補強の良しあしを試してました。印象としてはノーガードの方が喰い込みが明確だということですし、数も伸びるみたいです。要するに、この日はチモトすっきりじゃないと安心して喰い込まないということのようでした。前回12セットの仕掛けを準備し、残ったのが2セットだけだったので、ハリス切れには神経質になっていますが、あまりチモト補強にこだわるとダメみたいです。切られたらどんどん仕掛けを変える、、、その方が良いみたいです。

OwnerのサーベルフックX 2/0はケンが大きくサバ皮の安定が良いみたいです。
同形状の針を使用した仕掛けがMISAKIタチウオ東京湾という名前で販売されてます。忠彦丸でも売ってますので、たぶん安田船長の意見なんだと想像してます。3/0は製造されていますが、この近辺(金沢区・港南区)では在庫がありませんでした。もし見かけたら一度手に取ってみて下さい。

abcyy2887さん、

あれれ、同船でしたか。
(気づかぬうちに人に見られて・・・悪いことはできませんね~)
次は是非、声をかけてくださいまし。

大艫が好きってわけでもないのですが、そういえば後ろの方が多いかも。
何故かと言うと、トイレがたいてい一番後ろにあるので、後ろの方にいた方がいざって時に安心なんです。
混んだ船で、船べりを「すみませ~ん」って言いながら通るのって、ものすごく気がひけるのです。

取説を読んだことがなく、補正機能というの、知りませんでした。
ありがとうございます。やってみます。

で、仕掛けですが、チモト補強にこだわらず、どんどん仕掛けを替える方がよいのですね。
次回はまず、仕掛けの長さを最低2メートルにしてみます。
切って結び直すと10センチずつ短くなりますので、同じ仕掛けて4~5回針を替えられる計算です。

仕掛けを替えるより、針を結び直す方が早いし経済的なので。
今回いただいた船宿の仕掛けにはOwner針と同じ形のサーベルフックが付いてましたね。この仕掛けは初めて見ました。
今まで船宿でいただく仕掛けは、ヤマシタの3本ケンの丸い針でしたよ。

私の手持ち針もヤマシタの3本ケンの2/0でしたが、比べたらオーナー針の方がケンが大きく、餌の安定がよいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/60411914

この記事へのトラックバック一覧です: ドラゴンゲットなタチウオ@忠彦丸:

« 寿司「松栄」@恵比寿&本牧海釣り施設 | トップページ | タチウオ宴会@阿佐ヶ谷 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31