リンク集

無料ブログはココログ

« 夜アナゴがカサゴになった@忠彦丸 | トップページ | キンメづくしの打ち上げ宴会@日本料理さくら »

2014年6月25日 (水)

型ぞろいだったキンメ@番匠高宮丸

半年ぶりの新島沖キンメ釣りです。

前回はクリスマスイブで、誕生日プレゼントがもらえると思ったら真鶴サイズばかりの大撃沈。

なので、リベンジなのです。

昨日は早めに仕事を終わらして仮眠するつもりが、結局夜19時までかかってしまい。

それから支度して。

結局一睡もせずに23時30分に出発しました。


夏場のキンメは集合時間が早く、2時50分なんですよ。

途中コンビニに2回寄りましたが、2時20分に須崎港に到着。

釣り座は後ろ側が空いていたので、大艫から並びで3人。

先週のイサキ釣りに続き、ゴヨーさんと大輔クンと一緒なのでした。


さて、予定通り3時20分に河岸払い。

船は石廊あわせの浅場のポイントへ向かいます。

支度が済んでキャビンのベッドに横になるも、やっぱり寝られません。

だめだ、例によって期待のあまりに興奮し過ぎです。


ちょうど1時間で、ポイントに到着。

0625_1

今日は凪で、結構船が出ています。

4時20分、投入開始です。

本日の釣り座、ミヨシから常連さん、常連さん、常連さん、おじいちゃん、ゴヨーさん、私、大輔クンの順。

ここは浅くて240メートルダチでした。
0625_2

レンタルタックルのおじいちゃんが扱いに慣れてないようで、底付いてからもドラグを緩めたまま、大丈夫かなと、ちょっと心配になります。

案の定、順番に巻きあげたものの、大マツリ。

この流しでは大艫の大輔クンだけが2匹ゲット。


船長は浅場に見切りを付け、すぐに新島沖へと移動です。

480メートルダチで投入となりました。

錘が着いたら糸を出すので、カウンタは570メートル位になります。


ですが、2投目スカ、3投目もスカ・・・あやや、どうしましょう。

明日に大宴会を控えているのに、一抹の不安がよぎります。

船長が、後半が勝負だから大丈夫だと、励ましてくださいます。


さて、4投目なんですが、回収時、530メートルのところで錘が切れました。

その直後、アタリがありました。

やっと、顔が見られました。

1匹ですが、このサイズなら1匹でも十分嬉しい。


0625_3

小さいの10匹より、大きいのが1匹釣れて下さいとお祈りしたら、本当に大きいのが来てくれました。

それにしても、なんだったんでしょうかね、錘が切れてからアタるとは。


それで、この530メートルあたりをヒットゾーンと名付け、5投目からは巻き上げを更にゆっくりと、500メートル位までは速度10以内、そこから450メートル位は速度13位、アタリゾーンを過ぎてからは通常の速度17で巻くようにしました。

5投目はスカでしたが、6投目で再び、根がかりで錘が切れてからアタリました。

錘が切れる、つまり吹き流しになりますね。

それがどうやらいいようで、つまり、キンメはちょっと浮いているらしい。
浮いているけど、テンションのかかっていない仕掛けに食うのかもしれない。

船長も、糸を出し過ぎず、錘が切れないぎりぎり位のテンションにするようにと、指示を変えてきました。


6投目で3匹、7投目でも3匹。

素晴らしいことに、全て型ぞろいなんです。



最後8投目に、ゴヨーさんがついに、キンメゾロゾロをやってのけました。

0625_4

私がタモ取りのサポートに入りましたが、ごめんなさい。

1匹逃してしまいました。

キンメは海面で針からはずれると、元気に500メートル泳いで帰ってしまいます。

もの凄く水圧の変化に強い魚なんです。


で、私は最後の流しで4匹のトータル11匹で終了となりました。

今度は大きいのが釣れた興奮で、帰りの道程でも一睡もできず。



はい、こちらが大輔クンのクーラー

0625_5

こちらがゴヨーさんのクーラー

0625_6


で、私のクーラー

0625_7

全員揃って10匹以上の大きなキンメをゲットできたのでした。


のりたまさんに撮っていただいた写真を転載させていただきます。

0625_8

計量中の特大は、大輔クンの釣った3キロ。

こんな凄いキンメ、初めて見ました。


さて、凪でいい天気でとっても楽しかったキンメ釣りだったのですが、帰り道、伊東あたりからポツポツと。

そして網代から熱海まではバケツをひっくり返したような雨でした。

ワイパー最大にして、ライト点灯して、徐行運転で帰りました。

0625_9

雨って写真にはちゃんと写らないのですが、暗さだけはわかります。

釣りの最中にこの雨に見舞われたら、釣りどころではなかったかも。

本当にラッキーでした。


家に到着して、今回のキンメを並べてみました。

0625_10

本当に型ぞろいです。

もう自己満足なんですが、何度も何度も見とれてしまいます。



明日の宴会用にクール宅急便で7匹送ったのですが、計量したら14キロありました。

つまり、全部がほぼ2キロクラスというわけです。

お陰で、宴会は盛り上がること間違いなし。

1カ月半もかかった大きなプロジェクトの打ち上げ宴会なんです。

リベンジ果たせて、仕入れの責任も果たせて、嬉しくってしょうがないです。

« 夜アナゴがカサゴになった@忠彦丸 | トップページ | キンメづくしの打ち上げ宴会@日本料理さくら »

コメント

素晴らしい釣果でしたね。画像を見ていると行きたくなりますが深場のタックルは持ってないから諦めました。レンタルがあるようですね?

うみまるさん、

オールレンタルもありますよ。
レンタルタックルは5000円です。
買うよりも借りた方がたぶん安上がりです。
60回位使わないと元が取れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/59887377

この記事へのトラックバック一覧です: 型ぞろいだったキンメ@番匠高宮丸:

« 夜アナゴがカサゴになった@忠彦丸 | トップページ | キンメづくしの打ち上げ宴会@日本料理さくら »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31