リンク集

無料ブログはココログ

« スミヤキ、めっちゃ美味いのでした | トップページ | 大雪のオニカサゴ宴会@さくら »

2014年2月13日 (木)

LTオニカサゴに初挑戦@庄三郎丸

今日は久しぶりの凪予報。

そして明日から再び、雪が降るそうで。

またしばらく、釣りができなくなります。

となると、何がなんでも今日行かなくちゃと、10日ぶりの釣りに行って参りました。


釣りものは・・・オニカサゴ。

普段やらない釣りがしたくなり、釣れたら嬉しい魚は何だろうって考えていたら。

これになりました。

船宿は、昨年LTアマダイで15匹と、いい思いをさせてもらった庄三郎丸です。

到着した6時過ぎにはうっすらと空が明るくなっていて、だんだんと夜明けが早くなってきています。

0213_1

オニカサゴの釣り座表を見ると、右舷ミヨシ、右舷トモ、左舷ミヨシの3隅が埋まっていたので、残る左舷トモをゲットし、そのままお客さんが増えることなく4人で出船となりました。

仕掛けはフロロ5号で自作しました。

2/3の親子サルカンを介して上は60センチ、下は80センチ。

枝のハリスは30センチ。

針は極ムツ18号のセットと、下田のむつ針18号のセットと、2種類用意しました。

テンビンとの接続も親子サルカンにして、テンビンのところから3本目の針を出せるようにしておき、2本針と3本針の両方で様子を見ることにしました

船は定刻より10分早い6時50分に出発し、僅か15分でポイントに到着しました。

本日のタックル、メタリアタチウオ M195にフォースマスター400DH。

ライトだからと、PE1.5号を巻いてあるフォースマスター400にしたのですが・・・・最初のポイントは、のっけから水深150メートル。

このリールは、200メートルしか巻いてないのでした。

根がかりで高切れしたら一発でアウトです。


ドキドキしながら底を取り・・・カウンタは165メートルの所で止まりました。
さて、オニカサゴと言えば、昨年、ゴヨーさんのお仲間の仕立てで、ノーマルタックルで一度挑戦しましたが、最後まで船中誰も型を見ず、釣れたのは脂のたっぷり乗ったサバばかりでした。

なので、オニカサゴってどうやって釣るのか、今いち分かりません。

アマダイ釣りの外道で中型のオニカサゴをよく釣りますが、あれは狙って釣ったわけではないし。



とりあえず、予習で雑誌のオニカサゴのページを読んでみました。

底を取ったら50センチ上げて待つ。

アタリがなければ更に50センチ上げて待つ。

こまめに底を取り直す。

の繰り返し。

基本はアマダイの釣り方と同じでよいようです。



船長からは、アタリの少ない釣りだから、辛抱強くやるようにとのアナウンス。

なのに、開始まもなく、左舷ミヨシの常連さんと思しき方が、いきなり型のよいオニカサゴを釣り上げました。

それからしばらくして右舷トモの方が、ジャンボオニカサゴをゲット。

なんだ、釣れるじゃん。

よし、次は右舷ミヨシか、私のところか・・・と思っていたのですが。


開始から1時間近く、私の竿には何のアタリもなく。

ようやくアタッたと思ったら、トラギスにユメカサゴ。

船宿支給のサバタンは、幅が1.5~2センチ位、長さは10センチ位と非常に大きいのに、しかも針が18号と大きいのに、こんなチビ外道が食ってきます。


0213_2



バケツが寂し過ぎる。釣れない。

たまにコツっとアタリはあるのですが、そこからどうすればよいのか。

浅場のカサゴは基本食いこむまで向こう合わせですが。

待っていると、餌だけいじられて終わり。

即合わせると掛からない。

おそらく、タイミングを見計らって合わせるのでしょう。

そのタイミングがわからない。



2時間以上、暗中模索。



で、コツッで・・・一瞬待って、おっしゃあと合わせてみた。

お、ズシっと来ました。

おお、もしかしてこれは・・・・。


違った。オニカサゴじゃなくて、ただのカサゴでした。

0213_3


27センチと大きかったので、これは嬉しいゲスト。


それからこの、タイミング取っての合わせが功を奏したのか、昼近くにようやく本命のオニカサゴゲット。

でも、20センチ位のチビ(写真左下)。

0213_4

オニカサゴ狙いで初の本命だったので、嬉しくてキープしちゃいましたが、これはリリースサイズだったかな。


それからしばしサバタイム。



そして、ドラマはお昼を回ったところにありました。

前アタリがあり、一瞬呼吸を整えてから合わせたところ、大きく竿が入りました。

アマダイ同様、しばらく手で巻いてから電動リールに切り替えます。


カサゴやチビオニの時は、巻いても重いだけでしたが、今回はゴゴゴゴン、ゴゴゴゴンと、竿が叩かれます。

しばらくすると、静かになります。

そしてまた、ゴンゴン、ゴンゴンと。

これが大オニの引きなんですね。もう、興奮しまくり~。



いつのまにか、船長が隣でタモ持って待ってくれてました。

わーい、ジャンボオニ、ゲットできました。

船宿ブログの写真を加工して転載させていただきます。


0213_5



更に中型のオニカサゴを追加し、ユメカサゴもいっぱいで、クーラーは真っ赤になりました。

0213_6


オニカサゴは、大・中・小と揃いましたよ。

0213_7


久しぶりに「楽しいなぁ~」としみじみ思った釣りでした。

カワハギばかりやってないで、やっぱり色々な釣りをやろうと、気持ちを新たにしましたよ。



追記:マツった時に常連さんの仕掛けを見たら、赤い針で16号位でした。

私の下田むつ18号はちょっと大き過ぎたかな?

針の色やサイズ違いによる検証を、別の機会にやってみたいと思います。

« スミヤキ、めっちゃ美味いのでした | トップページ | 大雪のオニカサゴ宴会@さくら »

コメント

先日は声をかけて頂き有難うございます。
以前から見させて頂いていたので嬉しかったですよ、
いつか船上でご一緒できたらいいですね。
これからもよろしくお願いします。

かんこさん、

コメントありがとうございます!
今まで3回しか利用したことのない船宿なのに、たまたまお会いできてよかったです。

「ブログまとめて書いているでしょ」と言われましたが、はい、おっしゃる通りで。
まだ過去のブログで書けていないのがあり、既に忘却の彼方ですが、行ったということだけは備忘録のために書こうと思ってます。

いつかどこかでご一緒できると嬉しいな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/59161515

この記事へのトラックバック一覧です: LTオニカサゴに初挑戦@庄三郎丸:

« スミヤキ、めっちゃ美味いのでした | トップページ | 大雪のオニカサゴ宴会@さくら »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31