リンク集

無料ブログはココログ

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

ああ微妙過ぎる・・・ウィリー・・・

ちょっとハードな仕事が3日続いたので、釣りで癒されようと・・・

沖の瀬でオキメバル釣って、洲ノ崎沖でアマダイ。

そんな欲張りな釣りがしたくて、超久しぶりに沖のウィリーに行って参りました。

船は1時間半かけて沖の瀬のポイントへ到着。

期待に胸ふくらませての投入ですが、指示タナは上から55メートル。

???

早速、釣れました。

赤くないです。

ウルメイワシじゃ。

0228_1

ここはオキメバルのポイントらしいのですが、潮が早過ぎて釣りづらい上に、このウルメイワシで魚探は真っ赤らしく、釣りにならないと、早々に移動となりました。

そして洲ノ崎沖に移動となり、アマダイ狙いと言うことだったので、コマセは巻かずに底狙い。

アマダイのアタリはなく。

ヒメ、ヒメ、ヒメの連続・・・・全部リリース。

そんなこんなで昼過ぎて、今度は館山沖でおみやげの大アジ狙いってことで移動となり。


アジが釣りたくて来たわけじゃないのに、アジですか。

失意の中、アジ釣り。

ウィリー仕掛けのままやってみましたが、食いが浅いのか海面でバレます。

何度もバラしてしまったので、タモで掬い上げることにしました。

そしたら、今度はタモで掬ったはずなのに逃げていった。

タモに穴が開いてました。

これはさすがにクレームでしょうと、左舷ミヨシで釣りをしていた仲乗りさんに

「タモに穴が開いていた」と言いに行ったら、魚が小さかったからタモから逃げたかな~とか言われ、
・・・もういいです。


その後、仲乗りさんに、もっと合わせないとダメだと言われ、釣り方のレクチャーをしていただきました。

・・・私もかなり合わせていたつもりだったが・・・ダメ出しされてしょぼん。


ネムリのムツなアジの仕掛けも持っていたので、それに替えました。

ムツ針の方が、バラシは少ないですので。



そんなこんなで思い出しました。

こうゆう丸で大アジが掛かった時、仲乗りとして乗っていた船長が何度もタモ取りしてくれていたなぁと。

大アジは抜き上げにくいから、タモ取りしてくれていたのね。

まあそれは船宿のやり方なので、まあどっちでもいいですが。

釣れたのが10匹位で、逃したのが5匹位。


0228_2


ウルメイワシ6匹、アジ10匹、ヒメ10匹、レンコダイ2匹、ムシガレイ1匹で終了でした。

・・・今日は久しぶりに釣りがつまらなかった。

もうウィリーはやめようと思いました。

今後は釣れなくてもいいから、本命を狙う釣りだけに集中します。







2014年2月26日 (水)

新メニュー アジのつみれ汁と南蛮

猿島周りの小さい金アジ。

まずは例によって刺身で食べてみました。

捌くのは面倒ですが、身は白くて、チビなのに本当においしいですよ。

0226_1

そして今日は頑張って、つみれに挑戦してみました。

アジを包丁で細かく切ってからすり鉢でゴリゴリして。

上品な金アジの風味を生かすため、味噌や醤油は加えず、味付けは塩だけ。

つなぎに片栗粉少々、そして刻みネギを少し加え。

アジの頭と骨でダシを取った汁にスプーンで丸めたツミレを入れてひと煮たち。

白ダシを少し加えて調整しました。

小松菜を入れて出来上がり。

0226_2


美味いですよ、これ。

ツミレの身が真っ白です。とっても上品です。

家族にも大好評でした。


そして頑張りついでに。

ノンフライヤーで南蛮にも挑戦。

塩胡椒して片栗粉をまぶし、予熱したノンフライヤー190度で10分。

熱々のアジに漬け汁をかけて出来上がり。

0226_3


骨まで軟らかくはなりませんでしたが、脂で揚げるよりずっと楽です。


最後に、イシモチは例の酢豚風。

0226_4

魚は飽きたと言う家族にも、毎度この料理は好評なのでございました。

お試しあれ~。

2014年2月24日 (月)

思いたって午後アジ釣り@こうゆう丸

午前中は家で仕事をしていたんですけどね。

言い訳するわけではないけれど、今日は結構天気がよいし、風もそれほど強くないし、家族は全員でかけちゃったし、それで無性に釣りに行きたくなり。

いや、言い訳ですね。

昨日もカワハギ釣りに行ったばかりだし。

で、時計を見ると11時半。

今から支度して間に合う近場の釣りは、1時出船の こうゆう丸がぎりぎりかな。

というわけで、大慌てで支度。

船バッグをカワハギセットからビシアジセットに総入れ替えですが、何とか12時に出発できました。

それでもぎりぎりになりそうだから、一応船宿に電話だけしておいて。

途中コンビニに寄り、到着したのが12時45分。

ぎりぎりセーフでした。



さて、お客さんは左舷大艫にいらしたお1人のみで、左舷ミヨシに仲乗りさんが竿を出し、私は船長の指定で右舷のミヨシに入りました。


10分やそこらで、猿島周りのポイントへ到着。

0224_1


35メートルダチで投入開始となりました。

船長の指示タナは下から2メートル。

3回目のコマセ撒きで、まずは1匹顔を見ました。



しばらくして、ダブルが何度か続き、更にトリプルが2回。
基本はコマセを振り出してから下から2メートルで置き竿。

何故か、手持ちよりも置き竿の方が1匹目のアタり出やすいのです。

仕掛けを動かさず、誘いが自然な方がよいのかも。

1匹目がかかったら、今度は手持ちに替え、ゆっくり手巻きしながら追い食いを狙いました。

で、1時間半で26匹。


02241459


ところが、しばらくしてからアタリがストップ。

30分ほど何のあたりもなく、タナを探して手持ちで上げ下げしたり、誘ってみたり。


手持ちで替えてみてわかったのは、動かしている仕掛けに微かに触る瞬間があり、そこで間髪なく合わせるとかかる。

食いがちょっと渋いというか、静かに様子をうかがっている感じ。

なので、合わせを入れないと釣れません。

しかも、ここからは追い食いができず、1匹ずつ。

3本針から2本針に替え、触ったら逃さないようにしながらやってみました。

タナを少し低めにすると、イシモチがかかります。


後半失速し、最終的にアジは40匹で終了。

イシモチが7匹混じりました。


0224184356


まあ数だけ考えれば十分で、というか、十分過ぎて食べ切れません。

明日から仕事で帰りが遅いため、半分はご近所におすそ分けしました。

2014年2月23日 (日)

皮研例会に行って来ました@丸十丸

1月の例会は悪天候で中止となったので、今年初めての皮研です。

今日は瀬戸丸の(流れて流れて3度目の正直の)大会のため、そちらに流れた方がいらしたのか、参加者28人とちょっと少なめでした。

釣り座のくじで、A船左舷大艫を引いてしまいました。

(普通は喜ぶべきところですが、)困ったな。

下手っぴいなので、四隅をひいて全然釣れないとめっちゃ恥ずかしいのです。

で、出発~。

0223_1


今日もいつものタックル。

AGS M-170AとステファーノXGをベースに、弾いてかけられない状況の時用の控えがステファーノCI4+ M180。


今日は雲が多いですが、雲の合間からの太陽のカーテンがめっちゃ綺麗です。

0223_2_2


少し走ります。

ポイントは城ケ島沖。

0223_4



そして、今日デビューするこれ、Zoffの度付き偏光グラス。


0223_3


作りがしっかりしていて、非常に使い易いですよ。



さて、釣りの方はと言えば、最初の流しでリリースサイズを1枚釣りましたが、これはまぐれだったか。

そこから長い長いトンネルに入りました。


お隣の本○さん、60センチ位の長~い捨て糸仕掛けで、その仕掛けにもびっくりですが、快調に釣る釣る。

1時間かそこらで、13枚ですよ。


焦った私も真似して長い捨て糸仕掛けを作ってみましたが、投入するなり根がかり。

ピラピラ集寄ごとおさらばしました。

ガーン。


針はスピード7.5号とフック4.5号で始めてみたものの、釣れない。

スピードを7号に下げてみる。

そしたらたまに掛けてもバレるようになり。



トンネルから抜けたのは昼近く。

とにかく、テンションかけていると全く食わないのです。

宙なんてとんでもなく、ゼロテンでも厳しい。

マイナステンションしかない状況だということがわかり、重たいDAIWAの3枚集寄に替えました。

真ん中の針の上に鮎錘も付け。

着底したら、ゆっくりと沈めてゆき、集寄の重さを頼りに、ラインにテンションが出ないような位置でゆっくり誘います。

フックの方が調子よいので、スピード針は1つだけにして、あとはフック4.5号。


これで昼前までに8枚ゲット。


今日の目標はツ抜けなので、あと少しと思ったら、ここからがまた厳しかった。

アタリが遠くなり、外道が多くなり、キタマクラ、ベラ、ベラ。


そして午後になり、結局最後までマイナステンションの釣りで、5枚追加して13枚で終了。

最初の1枚だけリリース。



0223_6


お隣の本○さん、最初の1時間の13枚でストップしてしまい、午後は2枚追加で15枚。

かなり追い上げたんですが、抜けなかった・・・。

ああ、残念。



凄かったのは赤○さん。

私と同じように集寄を使った小さい誘い釣りをしているように見えているのですが、後半誰も釣れない状況の中、1人で次々掛けていて、断トツトップの29枚でした。

0223_7


お見事でした。

2014年2月14日 (金)

大雪のオニカサゴ宴会@さくら

ジャンボオニカサゴが釣れたので、水天宮前の「さくら」で宴会をすることにしました。

前日の招集にもかかわらず、大雪の予報にもかかわらず、メンバー6人、すんなりと集まりました。


オニカサゴだけでなく、外道のサバ、カサゴ、ユメサカゴ、全部送りまして。

更に、保冷剤代わりに、-60度冷凍庫に入っていたアコウダイとスミイカまで入れて。

どんな料理に変身するか、楽しみです。


最初の付き出しは、オニカサゴの胃袋の肝和えです。

0214_2


大型の魚の胃袋は美味しいです。オニカサゴも然り。

コリっとした歯ごたえが最高。


本日、デジカメを忘れてしまったため、タブレットで撮影しています。

そのため、画像が今いちです。


オニカサゴの刺身。ワサビ醤油でいただきます。
0214_1
そして炙り。

こちらはポン酢でいただきます。

0214_3

淡白な白身ですが、炙ると香ばしさも増し、炙りの方がよりおいしいという意見が多かったです。


外道のサバは、燻製にして下さいました。

シメサバよりも風味が強く、パンチのある味。サバ好きにはたまらない。


0214_4  

・・・カメラが今いちなので、美味しさが伝わらないのが残念です。


サラダにもサバが入ってます。

0214_6

ゴマ風味のソースが、サバとよくマッチします。


そして、保冷剤その1、スミイカのお刺身。

0214_5


更に保冷剤その2、アコウダイの照り焼き。

0214_7


そろそろ終盤かと思ったら、ここでオニカサゴの兜煮が出てきました。

0214_8

45センチもあるオニカサゴでしたから、頭もデカいです。

オニカサゴは余すところなく料理していただき、感激です。


最後に、オニカサゴとカサゴの粕味噌鍋で温まりました。

0214_9

上品な白みそベースで、ささがきゴボウが一層風味を増してます。


そして、最後の最後におまけ。

ユメカサゴの唐揚げ、中華風餡かけ。

0214_10


もうお腹いっぱいだったのに、骨まで全部食べられる唐揚げを見たら、ビールを追加しました。


結局、送った魚は全種類料理して下さいまして、お腹パンパンで帰路につきました。


私は余裕で帰宅できたのですが、夜9時に解散したのに、帰宅難民が2名出てしまいました。

ごめんなさい。

大雪で交通網が乱れている日の宴会、今後はやめておきます。

2014年2月13日 (木)

LTオニカサゴに初挑戦@庄三郎丸

今日は久しぶりの凪予報。

そして明日から再び、雪が降るそうで。

またしばらく、釣りができなくなります。

となると、何がなんでも今日行かなくちゃと、10日ぶりの釣りに行って参りました。


釣りものは・・・オニカサゴ。

普段やらない釣りがしたくなり、釣れたら嬉しい魚は何だろうって考えていたら。

これになりました。

船宿は、昨年LTアマダイで15匹と、いい思いをさせてもらった庄三郎丸です。

到着した6時過ぎにはうっすらと空が明るくなっていて、だんだんと夜明けが早くなってきています。

0213_1

オニカサゴの釣り座表を見ると、右舷ミヨシ、右舷トモ、左舷ミヨシの3隅が埋まっていたので、残る左舷トモをゲットし、そのままお客さんが増えることなく4人で出船となりました。

仕掛けはフロロ5号で自作しました。

2/3の親子サルカンを介して上は60センチ、下は80センチ。

枝のハリスは30センチ。

針は極ムツ18号のセットと、下田のむつ針18号のセットと、2種類用意しました。

テンビンとの接続も親子サルカンにして、テンビンのところから3本目の針を出せるようにしておき、2本針と3本針の両方で様子を見ることにしました

船は定刻より10分早い6時50分に出発し、僅か15分でポイントに到着しました。

本日のタックル、メタリアタチウオ M195にフォースマスター400DH。

ライトだからと、PE1.5号を巻いてあるフォースマスター400にしたのですが・・・・最初のポイントは、のっけから水深150メートル。

このリールは、200メートルしか巻いてないのでした。

根がかりで高切れしたら一発でアウトです。


ドキドキしながら底を取り・・・カウンタは165メートルの所で止まりました。
さて、オニカサゴと言えば、昨年、ゴヨーさんのお仲間の仕立てで、ノーマルタックルで一度挑戦しましたが、最後まで船中誰も型を見ず、釣れたのは脂のたっぷり乗ったサバばかりでした。

なので、オニカサゴってどうやって釣るのか、今いち分かりません。

アマダイ釣りの外道で中型のオニカサゴをよく釣りますが、あれは狙って釣ったわけではないし。



とりあえず、予習で雑誌のオニカサゴのページを読んでみました。

底を取ったら50センチ上げて待つ。

アタリがなければ更に50センチ上げて待つ。

こまめに底を取り直す。

の繰り返し。

基本はアマダイの釣り方と同じでよいようです。



船長からは、アタリの少ない釣りだから、辛抱強くやるようにとのアナウンス。

なのに、開始まもなく、左舷ミヨシの常連さんと思しき方が、いきなり型のよいオニカサゴを釣り上げました。

それからしばらくして右舷トモの方が、ジャンボオニカサゴをゲット。

なんだ、釣れるじゃん。

よし、次は右舷ミヨシか、私のところか・・・と思っていたのですが。


開始から1時間近く、私の竿には何のアタリもなく。

ようやくアタッたと思ったら、トラギスにユメカサゴ。

船宿支給のサバタンは、幅が1.5~2センチ位、長さは10センチ位と非常に大きいのに、しかも針が18号と大きいのに、こんなチビ外道が食ってきます。


0213_2



バケツが寂し過ぎる。釣れない。

たまにコツっとアタリはあるのですが、そこからどうすればよいのか。

浅場のカサゴは基本食いこむまで向こう合わせですが。

待っていると、餌だけいじられて終わり。

即合わせると掛からない。

おそらく、タイミングを見計らって合わせるのでしょう。

そのタイミングがわからない。



2時間以上、暗中模索。



で、コツッで・・・一瞬待って、おっしゃあと合わせてみた。

お、ズシっと来ました。

おお、もしかしてこれは・・・・。


違った。オニカサゴじゃなくて、ただのカサゴでした。

0213_3


27センチと大きかったので、これは嬉しいゲスト。


それからこの、タイミング取っての合わせが功を奏したのか、昼近くにようやく本命のオニカサゴゲット。

でも、20センチ位のチビ(写真左下)。

0213_4

オニカサゴ狙いで初の本命だったので、嬉しくてキープしちゃいましたが、これはリリースサイズだったかな。


それからしばしサバタイム。



そして、ドラマはお昼を回ったところにありました。

前アタリがあり、一瞬呼吸を整えてから合わせたところ、大きく竿が入りました。

アマダイ同様、しばらく手で巻いてから電動リールに切り替えます。


カサゴやチビオニの時は、巻いても重いだけでしたが、今回はゴゴゴゴン、ゴゴゴゴンと、竿が叩かれます。

しばらくすると、静かになります。

そしてまた、ゴンゴン、ゴンゴンと。

これが大オニの引きなんですね。もう、興奮しまくり~。



いつのまにか、船長が隣でタモ持って待ってくれてました。

わーい、ジャンボオニ、ゲットできました。

船宿ブログの写真を加工して転載させていただきます。


0213_5



更に中型のオニカサゴを追加し、ユメカサゴもいっぱいで、クーラーは真っ赤になりました。

0213_6


オニカサゴは、大・中・小と揃いましたよ。

0213_7


久しぶりに「楽しいなぁ~」としみじみ思った釣りでした。

カワハギばかりやってないで、やっぱり色々な釣りをやろうと、気持ちを新たにしましたよ。



追記:マツった時に常連さんの仕掛けを見たら、赤い針で16号位でした。

私の下田むつ18号はちょっと大き過ぎたかな?

針の色やサイズ違いによる検証を、別の機会にやってみたいと思います。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31