リンク集

無料ブログはココログ

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月24日 (金)

スミヤキ、めっちゃ美味いのでした

スミヤキ、これがどんだけ美味いかを伝えたくて。


まずは鍋にしました。

スミヤキのミンチ。
0122_5


スミヤキは皮に近い場所の骨が気になりますが、スプーンでこそげ落としまして。

BOMBERさんにいただいた日本酒とゆずからしでいただきました。


0122_6


BOMBERさん、ありがとね。

妙高の日本酒はめっちゃ鍋に会ったし、ゆずがらし、これはもう、鍋には抜群の相性。

これをいただいてから、もみじおろしは作らなくなりました。



スミヤキの仕上がりはこんな感じで、上品な団子になりました。

0122_7



それで、何よりもすごいのは、このスミヤキセット。


P1220154


左から、スミヤキの白子に胃袋、身と中落ち、そして肝。

珍味ですよ。美味いですよ。
 

2014年1月22日 (水)

久しぶりの中深場@愛正丸

湘南釣り倶楽部のパパさんの呼びかけで、キンメ狙いの中深場の釣りに行って参りました。

新島沖のキンメ釣りに行くようになってから、型も数も新島沖の方が釣れるので、中深場のキンメはご随分と無沙汰でした。

しかし、昨年どうしたことか、新島沖のキンメはずっと釣れなくて。

釣れてもチビで。

沖の瀬のキンメは結構大型がたくさん釣れているようなので、今なら新島沖よりも期待できるかも。

仕掛けは、昨夜急遽作ったキンメ用の仕掛けに、昨シーズン作り置きしておいたアコウ用の太めの仕掛けと、ムツ狙いの少し細い仕掛けと、3種類用意しました。

0121_shikake


さて、私たちは7名で、右舷にミヨシからゴヨーさん、BOMBERさん、パパさん、パパさんのお友達の順。

左舷がミヨシから私、中深場デビューのmomoちゃん、イベント参加初めてのぽこちゃん、そして大艫に一般のお客さん。


愛正丸は、少し小型の船でしたが、問題が1つ。
船べりに厚みがあり、60センチのアームのラークがはさめません。
せっかく持って来たのですが、船宿のラークをお借りすることになりました。

(船にたくさん積んであり、レンタルは無料です。)


6時を回り、周囲はまだ暗い中、葉山はあぶずりの港を出発しました。

0122_2
今日は気温が0度の予報で、単に寒いというより、痛いような寒さです。


船は1時間半近く走ったでしょうか。

ようやくポイントに到着。350メートルダチで投入となりました。


1投目でまずはしっかりとしたアタリがあり、しばらく待ってみます。

キンメのタナが上ずっているかなと思い、少し巻きながら。

しかし追い食いならず、上の方に1匹、真ん中あたりで仕掛けがからまっていましたので、この状態では追い食い無理でした。
2投目からは何度かスカ。

よく覚えていないのですが、たぶん5投目あたり、9時40分にようやくアタリがあり、キンメでした。

追い食いできず、1匹。

これでやっと2匹になりました。

0122_3


その後、キンメのアタリが遠くなり。

周囲はスミヤキ祭りに。

私はスミヤキにPEを切られ、リングもロストして気持ちが落ち込みます。


3匹目のキンメを釣るもチビチビで。

ギンメにユメカサゴで終了。

0122_4



今イチでしたけど、最近チビチビな新島キンメよりはちょっと大きかったかも。

そういう意味ではまあまあ満足かな。

2014年1月20日 (月)

カワハギ、キモ入ってました

昨日釣ったカワハギは、クーラーボックスに入れたまま車の中にありまして。

そろそろ捌かないとやばいぞと思い。

1日ぶりにクーラーボックスを開けてみたところ、ペットボトル氷が全く溶けてなく。

カワハギはキンキンに締められてました。

3枚リリースし、持ち帰ったのは6枚だけです。

0120_1

しかも、大型は1枚もいません。


全く期待をせずに捌き始めたら・・・。


あれれ~、キモ入ってるじゃん~。


20センチクラスのを2枚、刺身にしました。

これだけキモがたっぷり入っていたら、もう十分満足です。

0120_2    


この時期の20センチクラス、侮れません。

2014年1月19日 (日)

強風白波立つカワハギ釣り@山下丸

昨日、免責修理に出していたステファーノCI4+ M180が戻って来ました。

本日は北風の強風の予報で、どうしたものかと迷っていましたが、既に10日以上釣りに行ってないし、やっぱり行っちゃうか、厳寒期の柔らかい竿を試したいし。

というわけで、12日ぶりの釣行となりました。


山下丸は新年早々にカワハギとアマダイでお邪魔しましたが、どちらも船宿前の駐車場はいっぱいだったので、今日は絶対に早く行くぞと、5時には家を出て。

まだ船宿も開いていない5時40分に到着し、大艫を取ろうと思ったら、両舷とも既に塞がってました。

こんな強風予報なのに、来る人は早いのでした。


そこで、右舷トモ2番に釣り座を確保したのですが、結局2隻出しになるということで、弘司船長の船の左舷大艫を確保させていただきました。

本日は北風で朝に満潮を迎えるので、ほぼ終日下げになり、ここが特等席です。

0119_1

で、定刻に河岸払いした船は30分ほど走り、下浦から少し剣崎に寄ったあたりの30メートルダチで投入となりました。


今日は基本ステファーノでやることにし、ここはチビのポイントですが、敢えてスピード8号で試してみることにしました。

皮研の会長が、いつも柔らかい竿&スピード8号でチビを掛けていたので、どうやって釣るのか、試してみたかったからです。

0119_2


白ウサギが跳ねてますし、風が強いので、アタリが全然わかりません。

竿が風にあおられる上に、何だか潮も早い感じで。

あげてみると、餌が取られてます。

1時間ほど粘ってみましたが、全く何も・・・外道すら釣れません。



それで、スピード8号はあきらめ、下針をフック4.5号、上の2つをスピード7.5号でやってみます。

それですぐに掛かりました。16センチのチビでしたけど、連続3枚。

0119_4

やっぱり、針なのね。

0.5号の差でこんなに違うなんて、びっくりです。



しばらくして、剣崎沖に行くと思ったら、少し逸れて千葉寄りのポイントへ移動。

大艫で後方に投入しているのでおマツリしにくいはずなのに、何故か右舷とマツリます。

仕掛けが落ち着かない感じなんです。



そこで、ピラピラ集寄を3枚付け、鮎錘も付けて、少し重くしてみます。

宙の反応があまりみられないので、集寄の重さで少したるませ気味にしながら少しゆっくり目にゆさゆさと誘いをかけたら、ようやく、たまり出るアタリがはっきりわかるようになりました。

ここでようやく20センチクラスをポツポツと掛けられるようになりました。



昼近くにようやく7枚。

だんだんと北風が強まってきて、うねりも激しくなり、


0119_6


写真ではそれほどわかりませんが、立っていると海に落ちそうになって来ました。

お隣の方は既にキャビンに避難してしまっているし。

しかも、本命が釣れなくなり、たまに釣れるのはベラ、キタマクラ、トラギスばかりになってしまい。

もしかして、早上りになるんじゃないかと思うほどの海況でしたが、昼過ぎて再び移動となりました。


0119_7


三浦寄りに戻り、城ケ島大橋が見えるあたり。

さっきまでの強風が嘘のように収まって来ました。



よし、釣るぞ~っと意気込んだのですが、今度は潮が止まってしまったようで。

午後は2枚追加しただけ、9枚で終了となりました。



朝の活性のよかった下浦沖で、スピード8号でやっていた時間は無駄でしたね。

でも、私の腕ではスピード8号でチビを掛けられないということがわかったのはよかったかな。


途中、控えのAGSに持ち替えてみたのですが、こちらはアタリはステファーノよりもはっきり出るのに、どうやっても掛けられませんでした。

前回うまくいったロングハリスでもやってみましたが、ダメでした。

厳寒期で水温が低い時のカワハギ釣り、しかも風とうねりが激しい日となると、柔らかい竿の方がよいようです。

2014年1月10日 (金)

ふるさと祭り初日@東京ドーム

釣り以外の記事は書かないようにしてるんですが、今日は東京ドームのふるさと祭りに行って来て、めっちゃ楽しかったのでアップしちゃいます。

イブニング券を購入し、momoちゃんと6時に待ち合わせして、まずは入場です。

最初に試食したのが アサリ飯。

なんで? 私たちはアサリに縁があるんでしょう。

次に北海道コーナーで札幌クラシックを飲み、どんぶり券を買いに行きます。

どんぶり・・・ハーフサイズ位なので、2杯位は食べられるかな。

で、このどんぶりが16種類あって、どれにするか、迷います。


八戸の炙りサバに目が釘づけになっていたところ、momoちゃんが、

「せっかくだから、釣れる魚はやめて、今日は肉しばりにしよう」と提案。


ううむ、確かに、肉は釣れないからな。

と、コーナーを何度も回ったあげく、最初にいただいたのは 近江三大肉ステーキ丼。

0110_1

近江牛に近江豚に近江黒鶏の3種類の肉が食べられるということで、超期待していただきましたが、牛はちょっと硬かった。地鳥が一番美味かったです。

次のどんぶりは、momoちゃんが牛を食べ比べたいと言って米沢牛ステーキ丼。

0110_2

私は十勝牛とろ丼にしてみました。

0110_3

ううむ、これはこれで美味いのですが、まあ普通。

ゴマ油の風味でちょっと騙されちゃう系の味でした。

生の牛肉にゴマ油を加えるとおいしくなります。生のしらすにゴマ油を加えるとおいしくなります。どちらも似た風味になります。そんな感じ。


次に地ビール4種飲み比べというのに挑戦。

ゴールデンエール、アンバーエール、ペールエール、そしてオレンジチョコレートスタウトというのを試してみました。

0110_4
   

ゴールデンエールは普通に飲みやすいビール、アンバーエールはちょっと香ばしくておいしいエール、ペールエールは何故かすごく苦かった。

で、一番珍しいオレンジチョコレートスタウト、これは本当にオレンジチョコレートの味でした。時間が経つと風味が強くなってきて、意外に美味いのでした。

次に、薩摩白波のブースで「さくら」という焼酎をロックでいただく。

これがプラカップにたっぷり入って200円、安い!

しかももの凄く美味いのでした。


次に、蒸しウニ。

0110_5


はまぐりの殻にぎっしり詰まったウニ。

すぐ食べる分にはイクラを乗せて700円。

持ち帰りたいと言ったら、イクラなしで500円でいいと言われたので、即購入。

そして東京ブースで式根島の島焼酎100円をいただき。

そろそろ終了時刻になってきたので、最初に見た日光のゆばを探し、さっき飲んだ薩摩白波のブースを探し・・・探すと見つからない。

ようやく買えて、飲めて。


おみやげいっぱい。

甘エビの干したのにホタルイカ。

0110_7

生ゆばに葉くるみ漬け。

0110_8


キティーちゃんのだるま弁当。

0110_9

で、あのウニ。

0110_11


そして瑞泉53度原酒でございました。

0110_12

2014年1月 8日 (水)

釣った魚で新年会@自宅

会社の同僚、及びそのお友達が、新年会と称して魚を食べに集まってくれました。

今日の料理人は・・・私です。

今日のメニュー、まず最初に正月っぽい煮しめ。

0108_1

次に、昨日釣ったチビチビカワハギ。

10枚でようやく、直径40センチの大皿いっぱいになりました。

0108_2

更に、今年の初釣りのアジとイシモチ(下処理して-60度で冷凍したものを解凍)、そして昨日の外道で釣れたイシダイに、昨日N山さんにいただいたスミイカの4点盛り。

0108_3
スミイカは、こんな立派なのを3杯もいただいちゃった。

0108_4
N山さん、本当にありがとうございました。

また次回もちょーだいね。


さて、続きましてアマダイですが、ゲストのリクエストで炙りにしました。

ちょっと酔いも回ってきて、雑です。大きく切り過ぎました。

0108_5
4日に釣ったもので、刺身で出すには微妙だったので、2晩寝かせてから-60度で冷凍し、本日解凍したものです。

ここで、画像を撮り忘れましたが、スミイカの塩辛も作ってみました。

好評でした。



最後に、クリスマスイブに釣ったチビキンメとアマダイの頭を甘辛く炊き合わせにしました。

0108_6
温かいご飯も用意しましたが、お腹いっぱいと言われ。

この後、トラギスの天ぷらも控えていたのですが、食べられないと言われ。

料理の方はアマダイの澄まし汁で〆ました。

あ、これも写真撮るの忘れた。

アマダイの切り身で出汁を取りつつ、他の具材はしいたけと三つ葉だけ。

ものすごく美味しかったので、またやってみます。



最後に同僚が買って来てくれたスイーツ。

0108_7

ルワンダ駐在のお友達が持って来てくれたルワンダコーヒーとともにいただきました。


・・・魚嫌いの家族には申し訳ないですが、明日はトラギスの天ぷらです。




2014年1月 7日 (火)

チビチビなカワハギ釣り@山下丸

本日も仕入れです。

明日は自宅で会社の同僚+αを自宅にお呼びしての新年会なのですが、「カワハギの肝和えが食べたい~」と言われまして。

年末の納会で、事務所にカワハギをいっぱい持ち込みましたが、タッパーいっぱいあった肝を自宅に置き忘れてしまい、肝なしカワハギ納会となりました。

そんなこんなで、皆さんカワハギの肝に飢えているようで。

肝パンのカワハギを釣るべく、今年の初カワハギ釣りは、山下丸に行って参りました。


本日、10時頃に満潮を迎え、終日下げ潮の北風です。

終日、艫が有利な日ですが、船宿に到着したら、大艫から場所がふさがっていたので、弘司船長の船の左舷ミヨシに入れていただきました。

今日はつり丸の取材が入っていて2隻出しと言うことで。

司郎船長に誘われて、取材船の同じ左舷ミヨシに移動しました。

正月休みの混雑も終わり、片舷5人の余裕の釣り座で出発です。


本日のタックル、メインはAGS M-170AにステファーノXG、控えは久しぶりのA1にCI4+200。

0107_1

柔らかい竿を控えにしたいのですが、ステファーノM180を折ってしまって修理中です。


下浦沖の27メートルダチで投入開始。

釣れません。

誘っても誘いに乗ってこない感じ。

なのにちょっとでも止めると、餌はスッカラカン。

しばらくして、ようやく餌取りの犯人、チビチビをゲット。

ってか、チビしか釣れません。

トリプルで掛けている人もいたのですが、自分は1枚釣るのも大変で、自分の下手さに泣けちゃいます。

針はスピード7.5号と速攻4.5号で始めたのですが。

チビ対策で、針をスピード7号に替えてみました。
それで釣れたのもありましたが、殆どはすっぽ抜けました。

昼頃にようやく9枚。

0107_2


昼過ぎに、剣崎沖に移動となりました。

0107_21


剣崎沖、最初のポイントは50メートル位の深めだったのですが、底をとるなりベラ、トラ、の猛攻でした。
外道をさけて本命を釣る・・・・できませんでした。

このポイントで久しぶりのA1に竿を替えてようやくツ抜け。

多少ですが、サイズアップしました。


ただ、久しぶりに持ってみたA1は・・・何となく鈍い。

AGSに体が慣れてしまったようで、A1もレンジマスターも何となく「もっさり」と感じます。

調子もそんなに変わらないので、だったら使い易いほうがいいやとAGSに戻し。


最後に剣崎沖の少し浅いポイントに移動し、針も速攻の4.5号に戻したら、ようやく手が合い始めました。

しかし、既に2時を回っており、時既に遅い感じ。

6枚追加し、最後の1枚はようやく良型といえるサイズを釣り、16枚で終了でした。

0107_3

15センチクラスが多く、普段だったらリリースサイズぎりぎりですが、ちょっとでも肝が取れるならと、全部持ち帰ります。



朝一番のチャンスタイムに釣れなかったのが今日の大きな反省点。

少し動きの鈍くなったコッパ・・・難しかったです。

2014年1月 4日 (土)

大~マイクロアマダイまで@山下丸

本日は、湘南釣り倶楽部の初釣りイベントでして、ゴヨー親分と7人の仲間たちが、山下丸のアマダイ釣りに行って参りました。

アマダイの船の右舷を全部押さえていただき、釣り座は後ろからクラシコさん、konoさん、TEDクン、さくらさん、BONさん、玉さん、ゴヨーさん、そして私が一番ミヨシをキープ。

0104_1


本日、満潮が午前8時なので、終日下げ潮になります。

風は北向きの予報だったので、もしかして、ミヨシは特等席かもしれません。


さて、30分ほどで剣崎沖の80メートルダチのポイントに到着しました。

本日のタックル、メタリアタチウオ M195に買ったばかりのフォースマスター 400DH。

0104_2


何と、フォース400が大人気なようで、メンバー8人中4人がこれでした。

私はこれにPE1.5号を200メートル巻いてあったので、自己責任で錘を少しライトにし、60号で始めてみます。


仕掛けはお気に入りのヤマシタのAMD 3本針仕掛けが釣具屋に売ってなかったため、自作したフロロ3号の3本針です。

下針のハリスは45センチ、親子サルカンで繋いで、ここから更に45センチの幹で、親子サルカンで繋ぎ、そこからテンビンまでは90センチ。

つまり、全長1.8メートルの仕掛けです。

真ん中の針は短めの20センチハリス、上は30センチハリス。

針はケン付きオキアミチヌ4号。

何故か、丸カイズよりもオキアミチヌの方が、私の場合はよく釣れるのです。

蛍光玉系は外道が寄るため、付けません。


さて、投入開始。

しばらくして、ゴヨーさんが本命のアマダイを釣り、次に玉さんも釣って、私を抜かしてミヨシ2番から順番に釣れていく感じ?

やはり、真ん中のショートハリスにはトラギスにキダイと、外道がよく掛かります。

ハリスが短いため、動きがよいのでしょうか。


タナは下から50センチに照準を合わせ、ふわっふわっとゆっくり誘います。

開始1時間弱のところで、小さなアタリに合わせたら、竿が大きく入りました。

この引きは、外道ではなさそうです。

心配なので20メートルほど手巻きにしてから電動スイッチオン。


キュンキュン、と竿が叩かれ、しばらくして大人しくなり、また海面近くになって竿が叩かれるようになり・・・まずアマダイで間違いないとは思いますが・・・。

海面にあらわれたのは、きれいなピンク色。

やった~、45センチ位の大アマダイが釣れました。

0104_3


朝の早いうちに本命が釣れると、本当に気持ちが楽になるのがこの釣りで。

さっそく、酎ハイなんかを飲んじゃったり。


次に来たのは11時近く。

マイクロアマダイだったんですが、まあ本命には違いないと言うことで。

0104_4



移動して、先ほどより少し深めの90メートルダチを攻めます。

少し仕掛けが浮き上がっているようなので、下の親子サルカンの近くに2Bのガンダマを付けてみます。

そしたらいきなり、中型のオニカサゴ。

0104_5


昼過ぎに、今度は28センチ位のちょっと小ぶりなアマダイをゲット。

0104_6


だんだんと、北風が強くなってきて、少しアタリが取りにくくなって来ました。

午後2時、ゴヨーさんが50センチのジャンボアマダイを釣りました。

0104_7

逆光で、顔がはっきり写ってません、ごめんなさい。


聞くと仕掛けは重めにして、底から1メートル切っているそうです。

それで私もタナを底から1メートル切ってみたら、掛かりましたよ。

最後は35センチ位の中型でした。


大、中、小、マイクロと、サイズ違いな4匹で終了でしたが、この小ですら相模湾で釣ったサイズよりも少し大きめ。

0104_8

十分食べがいがありそうです。


ゴヨーさんは沖揚がり近くに更に5匹目を釣り、本日堂々の竿頭でした。

大物賞は さくらさんで、51センチあったそうです。

そして、湘南釣り倶楽部8人全員が顔を見られたのが、何よりもめでたい。

東京湾のアマダイは苦手意識がありますが、私も4匹釣れて満足でした。


ゲストも色々釣れました。

0104_9

キダイ5匹、オキトラギス8匹(うち2匹リリース)、クラカケトラギス4匹、

オニカサゴ3匹(うち2匹リリース)、アカボラ2匹、カナガシラ2匹、ヒメ2匹(リリース)


カワハギ組の赤○さんは相変わらず竿頭で、momoちゃんもダブルで掛けたりして快調だったようです。

2014年1月 3日 (金)

新メニュー ハゲチリ、お勧め!!

年末に釣ったカワハギが冷蔵庫に放置されてまして、刺身にするには時既に遅し。

-60度冷凍庫に入っていたカワハギも解凍し、新メニューに挑戦です。

で、ハゲチリ。

ハゲチリと言っても、鍋ではありません。

カワハギのチリソースでございます。

フライパン1つでできる簡単メニューですが、びっくりするほど美味しかったので紹介します。

まずはカワハギ(今回使ったのは小~中型の10枚)は1口大にしまして、塩胡椒して日本酒少々と片栗粉をまぶします。

0103_3


次に香味野菜の準備。

生姜1かけ、ニンニク2片、長ネギ1/2本、玉ねぎ1/2個をみじん切りにします。


0103_4


そして、合わせ調味料を用意します。

これ、本当に適当なんですが、ケチャップ大さじ2、スイートチリソース大さじ2、オイスターソース大さじ1、醤油大さじ1、砂糖大さじ1と1/2、それに100ccの水に溶かした中華の丸鶏ダシ大さじ1/2・・・位。


で、料理開始。最初にカワハギを炒めます。

炒め物にはちょっと多い位、大さじ2杯位のゴマ油で、カワハギの両面がキツネ色になるまで炒めます。

0103_5


一旦カワハギを取り出し、残った油で香味野菜を炒めます。

0103_6


そこにカワハギを戻し、合わせ調味料を加えます。

0103_7

最後に水溶き片栗粉を加え、いい感じのとろみになったら、仕上げにラー油を少々。


できあがり~。10分でできる簡単料理でした。

0103_8


しかし、美味いのなんのって。

カワハギはフワッフワで、辛みも効いていて、いくらでも食べられちゃう。

これでカワハギの在庫が全部はけたので、また安心して釣りに行けるのでした。




2014年1月 2日 (木)

初釣りで午後アジ@こうゆう丸

今年の初釣りは4日のアマダイと決めてました。

実は今日、真鶴のアマダイにも誘われていたのですが、正月早々、ちょっと仕事がありまして、行くのを断念しました。

今年は釣行回数を減らし、欲望のおもむくままに釣りに行かない。

というのが今年の抱負でしたしね。


ところが、今日は雲ひとつない青空で、風も予報されていたほど強くなく。

空を見ていたら、無性に釣りに行きたくなってしまいました。

ああ、我慢できない、行っちゃおう。


昼からの釣りとなると、半日のアジ釣りかな。

そんなわけで、新安浦港のこうゆう丸の、午後のアジ船に行って参りました。

船宿には11時40分に到着。

アジの船は12時頃に戻って来るということで、しばらく待っていて。

右舷の艫に入れていただきました。


見事な青空で、1月なのにポカポカ陽気で、最高の気分です。

0102_1


結構ぎりぎりにお客さんが何人かいらして、両舷5人ずつで出船しました。

本日のタックル、シマノのライトゲームCI4 タイプ82 H190にフォースマスター2000MK(道糸3号)、船に電源は完備されてますが、試したいのでプロックス 10400mA。

0102_0


船は20分ほど走り、観音崎沖の65メートルダチでスタートです。

今日も御用水産のハラモを持ってきました。

0102_2

餌持ちがよいので、食いのよい時は手返しのよいアイテム。

そして、仕掛けはキャスティングで買った100円仕掛けの3本針。

銀針で集魚ビーズ系が付いていないシンプルな仕掛けなのですが、何故かこれがよく釣れるんです。

まずは3本針でやってみますが、渋い時はこれの2本針がすごい威力を発揮するので、2本針仕掛けも控えで持ってきました。


で、船長の指示タナは下から2~2.5メートルとのことでしたが。

渋い。コマセを何度か撒いてみますが、無反応。

ここで、一番下の針に特餌を付けます。

オキアミです。

下の針をオキアミにした途端、釣れました。

潮が速く、仕掛けが吹き上がる感じなので、底をとったら1メートルでコマセを撒いて、下から1.7メートル位で待っていたら食いました。

でも、渋い。

1時間ほどでようやく5匹でした。

0102_3

その後しばらく、何をやっても釣れない時間に突入し、港前の浅場へ移動となりました。

今度は35メートルダチです。

底を取ったら0.8メートルでコマセを2回振り出し、1.8メートルで待つ。

アタリがなければそこから更にゆっくり竿を上げて2.5メートルまで。

これで先ほどの渋さが嘘のように、釣れ始めました。

20センチサイズで、ちょっと小さいですが。


食いのよい時は追い食い勝負だと思い。

少し低めのタナで1匹目をかけて、ゆっくり上げながら追い食いを狙うイメージでやっていたのですが、なかなかイメージ通りにはいかず。

上げてみると一番下の針だけにかかっていたり。

ああ、難しいな。

トリプルは1回だけで、ダブルが6回、あとはシングルヒットでした。


3時半の段階で38匹。

このあたりから、再び食いが渋くなりました。

はぁ、どうしても40匹の大台に乗せたい。

左隣は仲乗りさんだと思うのですが、置き竿でポツポツ釣ってます。

何が違うのだろう・・・。

という回答は得られぬまま、とりあえず1.5メートルから3メートルの範囲でタナを探しながら追加して、43匹で終了しました。

0102_4

食いの渋い時間もあったし、追い食いがイメージ通りにできなかったけれど、正味2時間半の釣りで43匹ならいいかな。

船長のアナウンスでは、今日は15匹~45、6匹とのことでした。

船中の釣果を聞く限りは2番手位だと思うので、まあまあ満足です。

2014年1月 1日 (水)

2013年の釣りもの まとめ

明けましておめでとうございます。

昨年の釣行をまとめてみました。

トータル 96回。おっと、3桁まであと一歩でした。

リレーはダブルカウントされてますので、日数的には90日。


釣りもの別に集計すると、断トツがカワハギの41回

嵌ってしまいました。

しかし、釣行の頻度が高い割にはちっとも上達しません。



続きまして、だいぶ離れてアジが13回

テクニカルな釣りで疲れると、つい癒されたくて行く釣りものです。



第3位がアマダイで7回

ゲストが色々釣れて面白いのですが、本命がなかなか。

年末に50センチが釣れてサイズは更新できました。



第4位がタチウオとマダイで5回ずつ。

タチウオは夏場に浅場で爆釣の予定が、今イチ盛り上がらず。

マダイは一昨年、上越で5キロクラスが釣れたので、夢よもう一度と頑張りましたが、昨年は盛り上がらず、ボウズも食らってしまいました。



第6位はフグで4回

これも一昨年、9時20分で定数達成といういい思いをしたので、夢よもう一度と挑戦しましたが、このところちっとも釣れてません。



第7位はイサキとウィリーとキンメとヒラメで3回ずつ。

イサキは数もサイズもよかったので、満足でした。

ウィリーは近場でアジサバばかりだと面白くないので足が遠のいてますが、沖の瀬あたりを狙う時にはまた挑戦したいと思ってます。

キンメについては、昨年は1年通してあまり釣れておらず、以前のような爆釣はできませんでした。


第11位は2回ずつで、キス、キハダ・メジ・カツオ

キス釣りではメゴチ泳がしてマゴチが釣れたのが楽しかった。

キハダはばらしてしまったのが残念で、今年こそは仕留めてみたいです。



第13位は1回しかやらなかった釣りもので、アコウ、オニカサゴ、カサゴ、LT泳がせ、そして夜メバルでした。


そういえば、イカは1度もやらなかった。今年はヤリとマルをちょっとはやりたいです。

大好きな深場の回数が少なかったのは、カワハギに集中し過ぎたせいかな。

総じて、小物釣りが多く、大物に恵まれなかった年でした。

八丈の遠征も行かなかったし。



さて、今年の目標。

まず、欲望のおもむくまま釣りに行くのはやめて、釣行回数を減らそうと思っています。

仕事がある日でもつい、釣りに行ってしまい、メールチェックしなかったり、はたまた釣行の後に翌日の昼まで爆睡しちゃったりで、仕事に影響を及ぼしてしまったようで。

いわゆるサラリーマンではないので、上手に時間管理ができれば、平日でも釣行できるのですが、仕事に影響しちゃうと本末転倒ですよね。



実は昨年末、誕生日に会社の同僚から腕時計をプレゼントされました。

Gショックなんですが、スマホとシンクロして、メールが届くとアラームが鳴る時計です。

つまり、釣りに行っててもちゃんとタイムリーにメールチェックしてね、という暗黙のメッセージでした。

まずは、ついつい嵌ってしまうカワハギの回数を減らすつもりです。


そんなわけで、更新頻度は減るかもしれませんが、今年もよろしくお願いします。

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31