リンク集

無料ブログはココログ

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月28日 (月)

久しぶりにトリプルツ抜け@山下丸

大雨の中のがまかつのカワハギ大会は時間も短縮で消化不良に終わり、

水曜にこうゆう丸のタチウオ釣りにでも行くかと思ったら、船宿は荒天準備で船を避難させちゃったそうで諦め、

そして木曜から4日間、ずっとインタビューの仕事に明け暮れ、

台風が意外に大したことなく、台風一過の日曜日、momoちゃんや赤○さんやゴヨーさんや風流さんがカワハギ釣りに行ったのを羨ましく思いつつ、

しかもmomoちゃんは長井で自己記録の31匹釣ったと言ってるし、


ああ、やっぱりここでカワハギに行かないと一生後悔しそう(大袈裟ですが・・・)

実は明日から11月14日まで、海外出張なのです。

今日行かないと、半月以上、釣りができません。


というわけで、またまた山下丸のカワハギに行って参りました。

今日は2隻出しとのことですが、船宿に到着したのが7時頃とちょっと遅かったので、釣り座は殆どいっぱい。

少しだけ空いていた司郎船長の船の左舷ミヨシ3番に入れていただきました。


本日、剣崎でも竹岡でもなく、久里浜沖の近いポイントを攻めるそうです。

あっという間にポイント到着。

今日も再び、AGS 170Aで通すことにしました。

このところ、手になじんだ感があり、かなり気に入ってきた竿です。

1028_1_2


針は下からスピード7号、フック4号、食わせ4.5号と種類違いで様子をみます。

魚の活性は高く、底を取るなり餌を取られ、すっからかん状態。

そこで、基本は動きを止めないふわふわ作戦。

案の定、チビ太がかかりました。

ふわふわさせてから、ピタッと一瞬止める。

これだけで面白いように釣れて来ました。

開始20分で6枚。どの針にも同じようにかかります。

9時過ぎにツ抜け。

1028_2

いや~、もう楽し過ぎる。

昨年は全然使いこなせなくて宝の持ち腐れ状態だったAGS 170Aが、まるで自分の腕の一部になったように感じました。

竿に時差がなく、きびきびしていて気持ちのいい竿です。


そういえばこのところ、最初の出足が快調です。

その秘策をお知らせしましょう。

(秘策という程のことではないですが・・・)


朝一番は必ず、上針の上部の枝に、赤いケミホタルを付けています。

それと、上の針と真ん中の針との間の枝に、畜光のワンタッチシンカーを付けます。

これで仕掛けをふわふわ動かすと、赤い怪しい光とシンカーを軸にした動きが、おそらくカワハギにアピールしているものと思われます。


あとは、餌かな?

今日の剥き身は最初から理想的な小粒でしたが、更に少量のアミノソルトで〆めてから、御用液に付けています。

適度な柔らかさを保ちつつ、餌がはずれにくい程度の固さはあり、しかも粒が小さいのでチビ太にも食べやすい。

紫外線を当てると蛍光するという、御用液も効いているのかもしれません。


午前中はチビから中型中心に、11時過ぎにダブルツ抜けしました。

こちらはリリース用のチビちゃん達。

1028_3


昼頃にポイントを移動し、今度はカワハギの型もよくなってきました。

午後2時にトリプルツ抜け。


ところが、ここからしばらく苦戦です。

一旦は針にかかるものの、連続でバラシてしまいます。

がまかつの大会と一緒ですね。

スピード7号では針が小さ過ぎるのでしょう。

一番下の針をスピード7.5号に交換したら、再び釣れるようになりました。

それで調子よくなった頃にタイムアウト。

33枚で終了でした。

大艫の方が35枚でトップ、私は2番手、次が31枚だったそうです。

あと一息だな。。。

もう少し修行しないとあかんですね。


ちなみに弘司船長の船はトップ48枚だったそうです。

釣るなぁ。


チビ9枚をリリースして、24枚持ち帰り。

1028_4


明日から出張なので、このカワハギ達は3枚だけ残してSさん宅へ送りました。

残した3枚はお造りしていただくつもりだったのですが、

荷物をパッキングしているうちに急激な眠気に襲われたため、下処理もせずにそのまま-60度冷凍庫に入れちゃいました。

よって、お料理写真はありません。

2013年10月20日 (日)

がまかつのカワハギ大会@山下丸

かまかつのカワハギ大会に参加して参りました。

前日の夜、かなり強い風が吹いておりましたので、どうなることやらと思いつつ。
6時過ぎに開国橋そばの会場に到着。

風が強いだけではなく、大雨です。
がまかつの大会には予備日がないので、どうやら、この天気でも決行するようです。


1020_1



今回は赤○さん、momoちゃん、ゴヨーさんと一緒なので、皆で山下丸のB船の抽選を引くことにしました。
(上手な人はA船に乗るという噂を小耳にはさんだため、B船に決定)


赤坂さんがまず、右舷トモ2番を引き、

私は右舷トモ4番。

momoちゃんは左舷ミヨシ。


そしてゴヨーさんは・・・・・何やら間違ってA船の抽選をしてしまったらしい。

私と赤○さんの間には、チームさくら(?)の葉子さん。


順に船着き場に移動しましたが、雨風強く、空はどよよ~んです。

1020_2


A船がアジの船、B船がアマダイの船と聞いてましたが、逆でした。

私たちB船グループが、司郎船長のアジ船。

船も広いしトイレも広いし水は循環しているしで、ラッキー。



今日のタックル、一大決心をし、レンジマスターを車に置いて来ました。

メインの竿は、最近、何とか使いこなそうとしているAGS 170A。

リールは今一番のお気に入りのステファーノ XG。

うねりがひどくて釣れない時用に、柔らかいステファーノCI4+ M180を予備にしました。


この大会は、何か1つ以上がまかつ製品を使っていればよく、私は針と花火だけ持って参加でしたが、全くノーチェックでした。


滝に打たれる修行僧の風情で雨風と波を受けながら、30分ほどで釣り場に到着。

1020_3


開始の合図があったのは9時ちょっと前頃だと思いますが、着底したらすぐに底に錘を付けたままシャカシャカっとゆすって一瞬止めたら、すぐにビビビビっと。

これは小さいカワハギからのシグナル。

今日は早掛け賞(そんな賞ありませんが)でございました。



悪天候で底が取りにくく、しかも波で一瞬にして3メートル位の高低差が出ます。

底をキープするのが難しいのですが、カワハギの反応は底付近。

錘を付けて誘う→50センチ位底を切って小刻みに叩き下ろし、で、2枚目、3枚目とゲット。

AGS、なかなか調子いいです。

1020_4


右舷では一歩リードしているようで、しめしめ。

針はスピード7号。真ん中だけ速攻4号という、最近のチビ狙いセットです。



10時にはツ抜けという、私にしてはなかなかいいテンポでございましたが、右隣の葉子さんが途中からキャストしてはポツポツ拾って追い上げて来ました。

しばらくしてアナウンス、「悪天候のため、11時半で終了します」とのこと。

その時点で12枚。

最後の30分は1枚も追加できず、12枚のまま終了でした。

針が小さかったためか、最後はバラしが連続。

早くに針を交換すべきだったのに、判断の遅れが致命傷だったかな。


お隣の葉子さんが13枚・・・抜かされました。

(そして葉子さんがレディース賞をゲットしたのでした。あぁぁぁ、1枚違い・・・残念でした)


悪天候のため、審判員がリリースカウントに回ってこず、最後までチビもキープ。

1020_5

撮影後、港でリリースしました。

チビくん達、ちゃんと帰れたかな。

カメラも水で濡れてボケボケ写真でした。


赤○さんは14枚だったかな、15枚以上が検量対象ということで、惜しかった。

左舷ミヨシでジェットコースターのようだったと言っていたmomoちゃんが10枚、間違ってA船を選んでしまったゴヨーさんも10枚とのことでした。

この悪天候で全員ツ抜け、まあまあでしたかね。

2013年10月15日 (火)

フグを食す会@日本料理さくら

3連休の間、水天宮前の日本料理「さくら」はお休み。

なので予約はしていなかったのですが、当日の当日に電話してみたところ、フグの持ち込みを快諾いただき、本日はフグを食べる会となりました。

今日の今日で人数は集まらないかと思いつつ、とりあえず20匹ほど持ち込んだのですが、意外に6人も集まりまして。

だったら全部持って行くべきだったかも。。。

最初に、薄皮の湯引きポン酢。

1015_1


次にお刺身。

まずはアップで。

1015_2


この1皿が1人前なのです。

1015_3
そして焼き物と。

1015_4


唐揚げも出していただきました。

1015_5
久しぶりのフグを堪能いたしました。
結局、家に残したフグは家族が誰も食べてくれないので、そのまま-60度冷凍庫行きとなりましたです。

2013年10月14日 (月)

シーズン初の大原フグ@敷嶋丸

シーズン始まったばかりの外房のフグ!


本日はAGS 170Aとレンジマスターで、大原漁港の敷嶋丸にお邪魔して来ま

した。



昨日久比里にカワハギ釣りに行ったので、連日の釣行となります。

早く寝てしっかり睡眠取るつもりが・・・仕掛けを作ったり支度をしているうちに10時半を回り。


ようやくうとうとしていたら、足の裏の親指あたりを蚊にさされ、痒くて目が覚めたのが0時半。

こうなるともう寝るのは無理で。



1時半に家を出ました。

久しぶりの大原ですが、圏央道が伸びていて、なんともスムース。

1時間半で船宿に到着してしまいました。

とりあえず、真っ暗でございます。

1014_1



momoちゃんは2時に到着したそうですが、既に四隅は埋まっていたそうで、右舷のトモ3番と4番の釣り座をキープ。


本日のタックル、極鋭カワハギAGS 170A。

昨年、9時20分に誰よりも早く定数達成という、非常に
いい思いをさせてもらったロッドです。

リールは昨年の最後のフグ釣りで、1号巻いたスマックで根回りをやってブチブチ切れてしまった反省を元に、1.5号を巻いたスポルザを久々に使うことにしました。


5時に河岸払い、しばらく走って大東沖へ。

投入の合図とともに、あれ、アタリ。

あげてみるとちょっと模様が違う。

サバフグでした。



6時にようやく、ショウサイの顔を見ました。

1014_2_2


きれいな朝日を眺めながらの釣り、気分はいいですが、フグが釣れません。

1014_3



やっと釣り方を思い出してきましたが、流
し変えの直後の投入で何とか1匹ずつ顔を見るものの、次が続きません。

7時35分にようやくツ抜け。

1014_4


とにかく、チャンスタイムは潮回りの直後のみでした。

数分もしないうちに群れは移動してしまうようで、この潮回り直後のチャンスタイムに手返しよくやれば2匹、更にうまくいけば3匹目まで釣れるという感じでした。


投入直後は着底前にアタる位の、割と入れ掛かりでしたが、2投目からはすぐ渋くなるので、餌針をつっつくフグの微かなアタリ(言葉にすると「モゾッ」とか「コツッ」みたいな感じ)を伝えてくれるAGSは、非常に頼もしいロッドでした。

この穂先の鋭敏さは外房のフグ釣りでもモノを言いますね。


途中、竿を控えのレンジマスターに替えてみました。

レンジマスターでフグ釣りは初めてですが、カワハギでは見たことないような曲がりを見せてくれて、重量感がものすごく、これも楽しい。



11時にようやく30匹。

1014_5


更にちょっとだけ残業があり、2匹追加した32匹で終了となりました。

数はいまいちでしたが、型はそこそこよいのが混じりました。

1014_6



本日は片舷12人と満船の中、トップの方は46匹。

後半ミヨシが潮先になってミヨシ側ばかり釣れるシーンもありましたが、チャンス回数はそれほど変らなかった気がします。

何が違うかと言うと、上級者はダブルで何度も掛けてましたね。


ダブルで釣るには・・・船長いわく、合わせて1匹目をかけた後にもう1回しゃくるといいそうで。そう言われると確かに、合わせ損ねたと思ってもう一度着底させ、2回目のしゃくりでかけたと思った時、私もダブルで釣れてました。

かえしのないかっとう針だけに、「二兎を追う者一兎も得ず」のリスクもあり、これは少し修行が必要そうです。



船宿では、幸夫船長始め、皆さんが頑張って、フグを捌いてくださいます。

1014_7


最終的に、こうなりました。

1014_8


明日、日本橋でフグパーティーに持ち込む予定です。

2013年10月13日 (日)

今回は1人釣行なカワハギ@山下丸

昨日、赤○さんとmomoちゃんがカワハギ釣りにいていたのですが、私は仕事が終わらず、土曜はずっとパソコンにかじりついておりました。

それでようやく、納品できたので、やっぱり行きたいなぁと。

1人山下丸に行って参りました。

船宿に到着したのは6時20分なんですけど・・・・何と既に船宿前の駐車場はいっぱいで。

道を渡った駐車場に止めました。

3隻出しだそうですが、何とも、この時期の週末のカワハギ人気たるや。



出遅れた感がありながら、とりあえず右舷ミヨシ2番の釣り座をゲット。

そしてアサリの殻を剥きますが、今日は手伝ってくれる人が誰もいず、そういえば駐車場が遠かったから、剥き始めの時間もちょっと遅くなり、間に合うかと心配になり。

大おかみさんが手伝って下さいまして、出船20分前にようやく剥き終わりました。

本日は3隻とも剣崎沖だそうです。

1013_1


遠くに見える船団、見えますか?

ワラサでフィーバーしているようです。


1013_2
   
9時10分、チビ君ゲット。

剣崎沖だから、大きいのが釣れると思ったら、全然でして。

1013_3


しかも、カワハギの後が続きません。

私の法則では、竹岡=スピード、剣崎=フック なんですが、釣れる針はスピードばかり。


今日は底を切ると全くアタリが出ないので、少したるませつつ、たるませ過ぎず、なんとか外道をかわしながらポツポツという状況でした。

しばらくすると、潮がぶっ飛んできて、釣りにくくなりました。

釣れるのはトラギスのみの状況がしばらく続きます。


お隣のミヨシの方は、「もう釣れないから」と、終了予定の30分前にタックルを仕舞われて。
私は13枚で終了でした。

型が小さい4枚をリリース。

肝チェックのため1枚だけ持ち帰り、後は友人に差し上げました。


1013_4




2013年10月 6日 (日)

久しぶりにAGSを使ってみた@山下丸

昨日はオーケストラの定期演奏会でした。

昼からリハーサル、そして夜が本番、そして本番終了後、momoちゃんの釣り仲間にうちのメンバー含め6人で、万里に食べ&飲みに行き。

深夜帰宅したものの、やっぱり釣りに行きたいのよね。

大阪と名古屋の出張を経て、やっと行ったアジ釣りがあまりに釣れなかったんで、ストレスもたまってます。


というわけで、再びカワハギです。

赤○さんが私とmomoちゃんの釣り座をキープしていてくださいました。

昨夜2件目行って駅の階段で転び、途中で終電を迎えたというmomoちゃんが、7時20分ほど回ってようやく到着。


さて、本日のタックルなんですが、最近再び気になっている、AGS A170を持ってきました。

1006_1

レンジマスターとステファーノM180も持って来ましたが、本日はAGSで通してみようと思っています。

何で今更AGS・・・冬の食いの渋い時期、この竿で弾かれてしまい、あまり釣れなかったので、しばし封印してました。

しかし、このコッパのわく時期、この操作性のよさと軽さは、もしかしたらもの凄いアドバンテージになるかもしれないと思って。

しかも、リールはステファーノのXGで合わせてしまいましたから、竿とリールで200グラムですよ。

ちょっと前、磯子のキャスティングで宮澤さんのトークを聞いていたら、AGSの175Fの説明をしていた時に、自分が好きなのはアグレッシブに釣るA170の方だとおっしゃってました。

私ももう少し、この竿と仲良くなりたいな。


本日、ちょっとうねりもあり、底は外道だらけ。

カワハギ釣れません。

そんな中、底を僅かに切って誘って・・・というパターンが嵌って何とかポツポツ。

竹岡なんですが、釣れる針は何故かハゲばかり。

ということで、1本だけスピード7号を混ぜ、2本はフック4号もしくは速攻4号にしました。

おお、久しぶりにダブル、嬉しいですね。

1006_2


momoちゃんは、トラベラーパーフェクトしてます。

1006_3

とってもカワハギが釣りにくい日で、赤○さんも珍しく苦戦してました。

私は、AGSのお陰ですかね、18枚。



本日の作戦、うねりがあるので動かさない作戦がうまくいきました。

チビがいるので、全くうごかさないわけではないです。

底を取ったら、まずは小さくゆすって誘い。

それからうねりで少し底が切れるので、そのまま何もせずに待ちます。

誘いに寄って来たカワハギが、うねりの高低差で掛かってしまう作戦なのです。

周りは全然釣れていない時に、これでポツポツ掛かった時は、ちょっと笑っちゃいました。


中型が多かったです。2枚だけリリース。

1006_4

これだけ乗っていてトップが19枚でしたので、私としては十分満足でございます。



2013年10月 4日 (金)

今日に限って釣れないアジ@山下丸

最近カワハギばっかり行ってましたので、たまにはアジ。

ちょっと北風が強く吹いてましたが出船するということで、珍しく山下丸の1日船に乗って来ました。

20131004_071907

何故アジかと言うと、先月末より出張で大阪と名古屋におりまして(つまり、DKOは参加できなかったのです)が、ようやく仕事も目処がつき、なんか癒される釣りがしたいと思い。

何故山下丸かと言うと、前日スソでも50、トップが束と、とにかく釣れていたのでした。


ところが、結論から行っちゃうと、トップが19という、金沢漁港の港前でやる半日LTアジでもこんな貧果はないんじゃないかという程の渋さでして。

とにかく、口を使ってくれません。

指示タナは底から3メートルでしたが、あまりに渋いんでタナを低めに取り、底ぎりぎりで勝負、食わなければ誘い上げて、誘い下げる。

コマセ撒いて待っていたのではまるっきり無反応で、その誘いの動作が合わせになった時に釣れたという感じでした。

後半は90メートルの深場に行き、1匹ずつでしたが30センチオーバーが釣れるポイントに入りましたが、もはや遅すぎた。

潮位が高いため、少し早上り。

私は16匹で終了でした。

20131004_143624



不幸中の幸いは、今回のアジ、薄ピンクにさしの入った上等なアジでした。


お友達に半分差し上げて、帰宅。

やっぱ、アジは美味い。日本人のための魚って感じです。

1004_3




« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31