リンク集

無料ブログはココログ

« シーズン初アマダイは「ボ」@山下丸 | トップページ | 満船のLTアジ@忠彦丸 »

2013年9月 6日 (金)

クラカケトラギスのフリット

昨日は失意のままに帰宅しましたが、気を取り直してトラギスのフリットを作りました。

0905_1

トラギスは刺身で食べたりカルパッチョにしたりと、生で食べてみたこともありますが。

一番美味しいのはフリットだと思います。

生で食べるとちょっと独特の臭いと言うか、ちょっと気になる風味があるのですが、フリットでいただくと、全く癖のない、しかもシロギスよりもフワッフワなところが非常に美味なのです。


勿論、開いて天ぷらで食べても美味しいのですが、腹ビレのところが気になると家族に言われます。

なので開いた後に腹ビレをきれいに取り除こうとすると、穴が開いて身が2つに分かれてしまうので、最初から3枚におろしてしまうことが多くなりました。

小骨をピンセットで取り除くのは結構面倒ですが、美味しく食べるために頑張ります。


衣は、小麦粉に少しコーンスターチを加えます。

これだけで、さくさく感が増して、より美味しくいただけます。

ビールで溶くのが海外で食べるフリットに近くて一番美味しいのですが、トラギスを捌きながら冷蔵庫に1本だけ入っていたビールを飲んでしまったので、水で溶きました。



さて、トラギスの種類について。

今回アマダイの外道で釣れたのは全てクラカケトラギス。

カワハギ釣りでもトラギスは釣れますが、アマダイ釣りで釣れるトラギスは、20センチオーバーのジャンボなクラカケトラギスばかり。

これが一番おいしいトラギスです。

釣り仲間の間では「芸者」とか「ミッキー」と呼ばれているオキトラギスより、顔が少しツンとツリ目のトラギスより、クラカケの方が断然おいしい。

臭みが少なくて身がふんわりとしているのです。

クラカケは茶色くて丸っこい模様があるので、簡単に判別できます。


はっきり言って、天ぷらにしたらシロギスよりも美味しいと思ってます。

何でこれを本命として狙う船がないのか、不思議です。

(半分、本命のアマダイが釣れなかった負け惜しみでもあったりしますが・・・)

0905_2

スナップエンドウのフリットも添えて、これは今回作った量の1/3。

トラギスだけでお腹いっぱいになっちゃいます。

刺身に飽き飽きの家族にも大好評。


茹で卵・きゅうり・玉ねぎ・らっきょうを全て刻んでマヨネーズで和えたタルタルソースでいただくとちょっとリッチな感じで、レモン&塩でいただくとさっぱりで。

基本天ぷらと同じなので、天つゆで食べてもおいしいです。

外道だからとリリースせず、カモメの餌にせず、是非召し上がっていただきたい食材です。


そうそう、生で食べるわけではないからと、冷蔵庫に1日おいてしまうと、ものすごく捌きにくくなります。

身がふにゃってしまい、ウロコも取りにくいし、内臓に近い部分は溶け始めます。

足も速いのです。

小骨を取り除こうとすると、身が一緒に剥がれてしまうので、更に処理しずらくなります。

釣ったら、その日のうちに頑張って捌きましょう。



と、ここまでは釣行日に頑張ったのですが、食べているうちに急激な眠気が襲って来て。

余談ですが、ダイニングチェアーで没ってしまいました。

はっと目を覚まし、リクライニングチェアーに移動して10時からのドラマを見始めましたが、気が付いたら再び没ってしまい。

ようやく深夜0時に起き出して、魚のアラを集めてゴミ袋に入れ、食器を洗い、揚げ油の処理をしましたが、そこまでやったらダイニングの床にゴロンしてまた没ってしまい。

床で寝ていたので体の節々が痛くて3時に目を覚まし、ようやくベッドに入りました。


釣りの後の眠気って、どうしてこんなに激しいのでしょうかね?

« シーズン初アマダイは「ボ」@山下丸 | トップページ | 満船のLTアジ@忠彦丸 »

コメント

クラカケは本当に美味しいですよね!

天ぷらにしてあのフワッとした感じなのは、ハゼ、そしてクラカケ!!

アナゴは?
う~ん、フワッとしていますが、魚体が大きい分、ハゼ、クラカケに分があるか!?

ギンポは?
一回食べたことがあったかと思いますが、覚えてないところから、それほどでもなかったのか!?

ハゼとクラカケを同時に食べくらべてみたいですが、なかなか機会がありません。

フリットは作ったことがないですが、ビールを入れるのと入れないのでは、若干違いますか?


アマダイの方は残念でしたね!
狙っている魚が釣れないのは無念ですが、MIKKAは色んな釣りものをするので、そんなことがあっても仕方ないんでしょうかね。

たまっていた釣行のブログアップ、お疲れ様でした!!

赤○さん、

今頃は恒例の船の上でしょうか?

ギンポは、かつて堤防釣りをしていた頃、ヘチでよく釣りました。
隠れた高級魚と聞き、天ぷらを作ってみましたが、身が固いのです。
クラカケのようなフワフワな身ではなく、もっとずっと締まってます。

ビールを入れる意味は、冷めてからより実感します。
冷めても衣がサクサクするのです。
出来上がりも綺麗な小麦色になります。

いや、朝の7時半にこんな長いコメントを書いているところをみると、きっとご自宅ですね。
私も、今日はゆっくり朝寝して、仕事の疲れを癒してます。

ご察しの通り、これから両親、親戚と伊豆で一泊。

いつも通り、久比里から釣りに出たいです!!

今度、フリット作ってみます。

お互い無理の出来ないお年頃ですから。
リベンジしましょ。
ワタクシのカワハギリベンジは厳しいですが。

赤○さん、

今頃のコメントで失礼します。
伊豆では雨、大丈夫でしたか?

釣りに行かない週末だと、調子狂っちゃうでしょうね

てっDクン

カワハギ行ってますか?
てっDがレンジマスターで爆釣する夢を見そうだわ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/58142005

この記事へのトラックバック一覧です: クラカケトラギスのフリット:

« シーズン初アマダイは「ボ」@山下丸 | トップページ | 満船のLTアジ@忠彦丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31