リンク集

無料ブログはココログ

« 年に1度の夜メバル釣り@山下丸 | トップページ | 宴会用に仕入れのタチウオ@忠彦丸 »

2013年8月21日 (水)

マグロならずカツオ釣り@沖右ヱ門丸

マグロ・カツオ釣りのブログが更新されていないと、指摘されてしまいました。

すみません、仕事ではなく、釣りで忙しくてブログ更新が追い付いていません。

(夜になると眠くてへろへろになっちゃうし・・・)


先週、キハダに挑戦し、ヒットあったのに、20号フロロの仕掛けが涙のハリス切れ。

先週末はちょっと仕事で忙しかったので、録画しておいたシマノの「釣りロマンを求めて」を週明けに見たら・・・やっばい、相模湾のカツオ・メジ釣りやってました。

見ていたら、またムズムズと行きたくなってしまい。

ちょうどパパさんが沖右ヱ門丸4人で釣行計画をしていたので、そこにまぜていただくことにしました。


茅ケ崎の船宿の混み方は尋常でなく、遅くとも4時半までに集合するようにとパパさんに言わたので、頑張って3時起きし、3時半に家を出ました。

4時20分に船宿に到着しましたが、船宿オープン前だというのに、既にかなりの人だかりができており。

0821_1

パパさんが前日夜にクーラーボックスで席取りをしてくださいましたが、それでもミヨシの特等席は取れず、釣り座は3号船の左舷ミヨシ2番から5人並びとなりました。

この船宿も半端ない女性割引があり、乗船料は7500円でした。

(毎度男性陣には「ずるい!」と言われております)

オキアミコマセ3キロは1000円で販売しており、刺し餌600円とともに購入。


しばらくすると夜が明け、

0821_2

定刻6時の少し前、河岸払いとなりました。

釣り座は左舷ミヨシ2番に入れてもらい、パパさん、パパさんのお友達のSさん、ゴヨーさん、KIYOさんの順。


本日も船はどんどん南へ走って行きまして、城ケ島をずっと南下あたりで狙うようです。

おお、船団が見えて参りました。

1時間半ほどしてようやく投入開始です。


本日のタックル、前回に同じく、ゴクエボのライト泳がせ竿にミヤマエのCX-4HP。

0821_3

実は今日こそ手巻きでやりたいと思い、TICAのカツオ竿に、PE10号を200メートル巻いたTICA TEAM ST12を持って来たのですが、リールが壊れていて、レバードラグをFullにしてダイヤルも締めてもラインが出ていってしまいます。

ああがっくり・・・手巻きは諦めました。


最初のタナは30~40メートル。

まずはおみやげのカツオ狙いで、16号のフロロ3メートルにヒラマサ14号の仕掛けを入れてみます。

仲乗りさんが、バイオベイトは食わないのでやめた方がよいとおっしゃるので、オキアミだけを抱き合わせにしてみました。


しばらくして、ヒットしましたよ~。

おマツリを防ぐため、カツオならがんがん巻くようにということで、あまりドラグは緩め過ぎずに巻きますが、カツオは走りますので、どうしてもおマツリしてしまいます。

それでも1本目は取り込み成功。

0821_4


2回目のヒットは、並びで数人が同時ヒット。

右舷側も巻きこんでの大マツリ。

とりあえず魚を全部引き上げてから、船長と仲乗りさんとで、おマツリほどきに大忙しです。

道糸ががんじがらめになっていたので、ほどくのに30分位はかかりました。

チャンスタイムというのに、結構なロスタイムになります。

とりあえず、ほどくのが大変なので誘導テンビンは使わないようにということで。

私のは誘導ではなく、アームの長いチドリテンビンでしたが、これも結構道糸が金具のところに入り込んでしまっていて、ほどきづらそうでした。



ようやくおマツリがほどけて流し替え。

更に3本目のカツオを取り込めたのが9時過ぎで、いよいよ太ハリスに交換しました。

昨日買いに行き、夜中に作ったフロロ26号にオーナー針のムツサークル1/0仕掛けです。

この針、ネムリがあるのでオキアミ刺すのがちょっと難しい。

何とか抱き合わせにして投入。

ここからは、あわよくばのキハダ狙いに集中します。



パパさんが探見丸を持って来ていたので、見せていただいた所、魚影は3か所に分かれていて、上は20メートル、中層は40メートル、そして60メートルあたりにも大きな魚の影が見えます。

船長の指示は20~30メートルだったので、少し沈めて40メートルラインを狙いました。

ところが、再びカツオがヒット。

渋い時にはハリスを14号位にしないと食わないと聞きますが、食う時にはこんな太いハリスでも食うんですね。



さて、ここからもたまにカツオがヒットしましたが、やはり、ハリスを太くしてからはアタリはめっきり減りました。

ヒットしてもおマツリでバレたり、巻いている途中でバレたり・・・とバラシばかりで。



その中でも、パパさんは終始細ハリスで、数を伸ばし、最終的にカツオ7本。
(パパさんすみません、私がタモ取りした時、1本取り込みできませんでした。

手元にあったタモ網が小さく、うまく入らなかった・・・私が下手っぴなだけですが・・・)


そしてパパさんのお友達とKIYOさんが3本ずつ。

終始35号ナイロンハリス、キンメのタックルでマグロ狙いだったゴヨーさんはカツオ1本。

私は4本のままで終了しました。

どれも3キロクラスの丸々と太ったカツオでした。

0821_5


ちなみに、3号船はキハダ船中ゼロでした。

小さなキメジクンは釣れたようでしたが。


最後に氷とクーラーの話。

船に持ち込んだのは35リットルのクーラーのみで、ここに氷を3キロ(ペットボトル2Lと1L)&船宿で配られた氷も入れておきましたが、お昼頃にはカツオの体温で全部溶けてしまいました。

くれぐれも、氷は多めにお持ちください。

それから、このサイズだと35リットルクーラーはカツオ4匹位しか入りません。

やっぱり、カツオが数釣れることも考慮に入れ、50リットルサイズのクーラーも船に持ち込んだ方がよいですよ。

« 年に1度の夜メバル釣り@山下丸 | トップページ | 宴会用に仕入れのタチウオ@忠彦丸 »

コメント

すみません・・・催促しちゃってm(_ _)m

ここ数年、湘南界隈はマグロで賑わってますから地元民として気にはなるのですが、ギャンブル性が高過ぎて躊躇しちゃってます(苦笑)
それにしても、正に砲弾の様なカツオですね〜!
今度は料理編、期待しています(^-^)/

風流さん、こちらこそすみません、コメント遅くって。
今、ちょっと仕事がたてこんでしまって、ブログの更新もできなくて・・・。

実は前回のカツオの後、右手首を痛めてしまい、もうしばらくはカツオマグロ系は行けそうにないです。

手首が復帰したら、考えます。
料理編というか、カツオパーティーをしたので、そのバージョンは間もなく書きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/58069981

この記事へのトラックバック一覧です: マグロならずカツオ釣り@沖右ヱ門丸:

« 年に1度の夜メバル釣り@山下丸 | トップページ | 宴会用に仕入れのタチウオ@忠彦丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31