リンク集

無料ブログはココログ

« やっぱり渋かったタチウオ@忠彦丸 | トップページ | 皮の美味しいこの時期の魚といえば »

2013年7月24日 (水)

シーズン3回目イサキ釣り@大松丸

ゴヨーさんにお誘いいただき、大松丸のイサキ釣りに行って参りました。

前回、南西風が吹く中、83匹という結果だったので、今日こそ束釣り目指すぞと鼻息荒く。


大松丸に到着したら、怪しい冷凍車が2台。

こんな時間からなんだろうと思ったら、イサキ釣りでご一緒するゴヨーさんのお仲間(お取引先の方)4人が、冷凍車2台に分乗していらしてました。

冷凍車に乗って釣りに来る人って、初めてだったんでちょっとびっくり。


さて、釣りは2日連続になりますが、竿は一緒なので準備は楽でしたよ。

はい、本日のタックル、シマノのライトゲームCI4 タイプ73 M200と、ステファーノ CI4+(道糸1号)です。

0724_1
ゴヨーさんのお仲間が左舷ミヨシから4人並び、私は左舷大トモ、ゴヨーさんがトモ2番、右舷も5人ほどの乗船で出船となりました。


ステファーノのリールはまだ使い慣れてません。

前回カワハギで一度だけ使用し、バックラッシュしやすいことだけが心配ですが、その分落ちは早いしギア比も高いので、いいかもと思って。

今シーズンのイサキ、3回目にしてようやく、風があまり強くなく凪の日にあたりました。

ポイントはすぐなので、準備をする間もなく投入です。


タナは19メートルから10メートルまでとのことで。

リールが新しいので、色目糸がきっかりなのが楽です。


本日の仕掛け、前回カワハギ釣りの帰りのヤギタで買い求めた、がまかつ のちょっと高い仕掛け。

0724_2

食いがよければ、ウィリーかカラー針だけでやって、手返しアップしたいと思いました。


最初はウィリーにイカ短を付けた仕掛けを入れてコマセ撒き・・・

3投目位だったかな、16メートルでようやくアタりましたが、1匹だけ。
次に連続してバラしました。

なんでだろう・・・。



しばらくして、少し合わせを入れるようにしたら、とりあえず1匹ずつですが、ボツボツ。

もう少しやってれば入れ食いタイムが来るかと思ってましたが、どんどんアタラなくなり。

2時間近くしてようやくツ抜けする始末。


ゴヨーさんが、オキアミ付けたら釣れると言うことで、私にもたくさんオキアミを分けて下さいました。

そこで、針全部にオキアミを付けてみます。

すぐに一番下の針にイサキがかかりました。


おお、今日はオキアミですか。

他船を含め、釣り方を見ていると、なんだか静かに釣りしてます。

私は、剣崎のイサキと言えば細かいシャクリ命と思っていたので、ちょっと意外な感じもしたのですが、つい真似して、17メートルでシャクって15メートルで待つ

というのをやってみました。

そしたら、9時過ぎに次々とアタるようになり。

ダブルがせいぜいで追い食いはできないのですが、一時連続して釣れました。

おマツリしてからカラー針に変え、全部にオキアミを付けました。



ゴヨーさんがここで、「大きいのが掛かった」と。

タモ取りしたら、30センチオーバーのいいサイズ。

13メートルと言うので、私もそのタナを狙ったところ、大きな引き。

やったぁ! と思ったら、海面に見えたのは・・・シイラでした。

シイラって、ハワイではマヒマヒと呼ばれている魚ですよね。

初めて釣ったので、キープします。



ところが、10時過ぎるとまた再び、全くアタリがなくなり、疲れて来たのでしばし置き竿で放置したり。

30分以上アイドルタイムがあったのですが、しばらくしたら、13メートルで再びアタるようになりました。

だんだんと潮が速くなってきて、糸が斜めに入るようになりました。



それからしばらくして、タナは少し下がって16メートルあたり。

道糸が斜めに入るようになったので、実際のタナは同じあたりかもしれないけど。

残念ながら、最後までトリプルがけはできずに終了。

ダブルが4回位で、釣果は48匹でした。

0724_3


トップが68匹ということだったので、渋い日だったのかな。

最近は連日トップは束でしたからね。



オキアミをもらったお陰で釣れたというのもあるかもしれませんが、最後まで1.5号のハリスだったのが悔やまれます。

食いが渋い時は、1.25号とか1号とか0.8号とか、もっと細いハリスでやれば釣れたかもしれません。

手持ちの仕掛け、一番細くて1.5号だったのです。


今回も、30センチオーバーは釣れませんでした。

大きいのでも、こんなもんです。

0724_4

家に帰ったら、「またイサキ~???」って、家族からダメ出しが出ました。

これで今シーズンのイサキは終了かな。



で、家に着き、釣具を洗ったりしていた時に気付いたのですが。   

リールのドラグがちょっと緩かった。

連続でバラしたのはこれが原因だったかも。

ステファーノのリールは、普段使いなれている普通のスタードラグとちょっと形状が違っていて、ちょっと締めにくい。

というか、しっかり締めたと思っていたのに、帰宅して道糸を引っ張ったら、ズルズル出るのでびっくりしました。


どうやら締め足りなかったようです。

竿が柔らかく、ドラグもズルズルじゃ、合わせも効かなかったかな。

それが原因だったかを確かめるべく、もう1度行ってしまおうか・・・。

« やっぱり渋かったタチウオ@忠彦丸 | トップページ | 皮の美味しいこの時期の魚といえば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/57864540

この記事へのトラックバック一覧です: シーズン3回目イサキ釣り@大松丸:

« やっぱり渋かったタチウオ@忠彦丸 | トップページ | 皮の美味しいこの時期の魚といえば »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31