リンク集

無料ブログはココログ

« カワハギの肝が・・・ | トップページ | 福岡市海づり公園に行って来ました »

2013年6月 8日 (土)

マゴチ狙いのシロギス船@山下丸

シロギス船で外道のメゴチを釣ってマゴチ釣り。

山下丸の坂本船長曰く、そんな釣りが、今月中ならできちゃうんだそうです。

「シロギス船でマゴチ狙い」

何と魅力的な響きでしょう。



シロギス釣りって私、殆どやらないんですね。

半日船ならまだしも、シロギス狙いで1日船に乗ったことは一度もありません。

だって、小さいから捌くの面倒なんだもん。

天ぷらやフリットにするなら、カワハギやアマダイの外道でたくさん釣れちゃうトラギスの方が、ふわっふわで美味しいし。


そして、マゴチはというと。

はい、昨年一度だけ、一之瀬丸のマゴチ船に乗りました。

底を1メートル位切ったところで、ひたすら手持ちで待ち、とにかく忍耐の釣りでした。

最後の最後に顔が見られたからよかったけど、これで○ボだった日には、立ち直れそうにありません。

基本的に気が短いので、一日中待つような釣りは嫌い。


でも、シロギスとマゴチのコラボなら、話は別ですね。

シロギスでお土産を確実に確保しつつ、置き竿でマゴチも狙えちゃう。

少なくとも手ぶらで帰ることもないし、あわよくば大物も釣れる。

しかも適度に忙しい釣りになります。


というわけで、マゴチ狙いで山下丸のシロギス船に初めて乗ることにしたのですが。

混んでいたら4隅以外で2本竿が出せないかもしれないと思い、4隅を取るべく早起きし、5時半には船宿到着。

坂本船長に「今日は随分早いですね~」と言われましたが、

その時には既に四隅のうち3つまでリザーブされていて、唯一残っていた右舷ミヨシに釣り座をゲット。

一緒にワラシベ長者を目指すmomoちゃんがミヨシ2番で並ぶことにします。



さて、今日のカワハギ船は、達人が沢山お見えでして。

アサリの殻剥きをしている赤○さんに、葉山の達人藤○さんに、さくらの鈴○さん達。

0608_1


今日はカワハギにしなくてよかったかも。

このメンバーでは、きっと自分には分け前がないわ。

などと思いつつ、対岸のシロギス船へ。



平日だというのに、シロギスのお客さん、片舷10人ほどになり、2隻出しにするとのことです。

私たちは坂本船長の船に居残り、結局片舷7人ずつ、14人で出船となりました。


0608_4


さて、本日のタックル、A-トリガー ライトゲーム 180Mにスポルザ(道糸1.5号)

0608_5
あ、これは置き竿のマゴチ用ね。

シロギス用は、船釣り始めたばかりの頃に買った安いキス竿に、シマノのBIOMASTER 2000(道糸1号)。



下浦沖は近いのであっと言う間にポイントに到着し、10メートルダチでスタート。

「まずはメゴチを釣らないことには話にならないよね~。」

なんてmomoちゃんと話しながら、キス用の天秤仕掛けを投入。


あれれ~スピニングリールでアンダースローのキャストするのって、難しい・・・
全然投げられません。

それでも1投目で本命のシロギスゲット。

そして、次にメゴチ、その次もメゴチ、またしてメゴチ。

底を取るなり、メゴチがかかります。


とりあえず餌は確保したので、自作の仕掛け(ハリス1.5メートルに極ムツ16号)の針をメゴチの上あごから鼻に抜き、泳がせスタートです。

0608_6

半月錘で底を取ったら、1メートル位底を切り、あとは置き竿にしておくだけ。


そして本命のシロギス釣りに戻ります。

何度も練習しますが、スピニングでうまくキャストできません。

しかも、天秤仕掛けでシロギス釣るのって、あまり慣れていないので、海底の様子があまりイメージできません。

しょうがないからそのまま下に落とすと、必ずと言っていいほど、メゴチのダブル。

私と同じくスピニングリールの扱いにてこずっていたmomoちゃんと、二人でせっせとメゴチ釣り。

・・・泳がせの餌には困らないけど、こんなに要らない・・・


潮があまり流れていないようなので、ハリスがべったり海底についてしまうからか、メゴチがシロギスより先に食ってしまうようです。

ならば胴突き仕掛けにしてやろうじゃないかと、予備竿のA-ブリッツショート&Newスマックに胴突き仕掛けを付けて投入してみました。

これでシロギスがぽつぽつ釣れましたが、竿が柔らか過ぎて、合わせが効きにくい。


そこで、再びキス竿&スピニングに戻し、天秤仕掛けでキャストの練習をします。

私は左ききなので、竿を左手に持ちますが、右舷ミヨシだったので、左側(つまり右舷前方)には、いくらキャストしても大丈夫。

なので、左手の手首のスナップを利かせ、前方ではなく、左手に向けてキャストしてみました。

これで、何とか道糸を斜めに入れることができるようになりました。

10時近くだったでしょうか。左舷艫の方で、マゴチが上がったようです。

船長のアナウンスを聞いて、俄然やる気になりました。

泳がせの仕掛けを時々チェックし、メゴチがあまり動かなくなったら、釣ったばかりのメゴチと交換です。

潮があまり流れていないようなので、ハリスを1メートルに短くしてみました。

(これは昨年のマゴチ釣りで上手くいったパターンです)


さて、ドラマは11時に訪れました。

メゴチを泳がしていた竿が、ズシッと海面に刺さりました。

来た、来た、来た~。

すかさず、竿をロッドキーパーからはずして手持ちにし、合わせを入れます。

針はがっちりとかかっているようで、竿がギュイーっと持っていかれそうになります。結構な引きで、超楽しい~。ああ、嬉しい~。

マゴチでもアマダイでもマダイでもヒラメでも、この瞬間が、至福の瞬間なのです。

小物釣りでは味わえない、アドレナリンが湧きまくる瞬間。

momoちゃんがタモを持って構えてくれましたが、海面で暴れるマゴチがなかなかタモに入らず、大騒ぎの末、ようやくゲットしました。

約50センチの立派なマゴチをゲットできました。

0608_7

はあ、これで私は今日の目的を果たしました。

あとはmomoちゃんにもマゴチが来れば言うことなし。


午後になり、更に潮が流れていない感じになって来ました。

メゴチを置き竿で泳がせながら、シロギス釣りを続投しますが、キャストしてズルズル底をひきずったのでは、メゴチしか釣れません。

そこで、少し弾みを入れてみました。

リズミカルにさびくことで、錘を一旦底から離し、仕掛けを軽く踊らせます。

そして再び錘が底に着いたら、しばらくそのままステイ。

こんな誘いを入れることで、シロギスもポツポツ釣れるようになりました。

相変わらずメゴチも混じり、結局、シロギスは47匹で終了。

0608_8

チビメゴチはせっせとリリースしましたが、それでもメゴチが50匹以上いて、シロギスよりも多かった。

右舷大艫にいらした森○さんが断トツの竿頭で、シロギスを96匹釣ったそうです。

さすがです。

マゴチは船中4本(2本釣った方がお1人)でした。


明日から出張なので、シロギス2匹だけ残し、シロギスとメゴチは全て友人4人に差し上げました。

マゴチは-60度冷凍庫へ直行です。

そして今夜の晩酌。

Sirogisu

シロギスは刺身と炙り、外道で釣れたチビイワシを手開きにして添えました。

1人で晩酌する分には、これで十分ですわ。

« カワハギの肝が・・・ | トップページ | 福岡市海づり公園に行って来ました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/57612169

この記事へのトラックバック一覧です: マゴチ狙いのシロギス船@山下丸:

« カワハギの肝が・・・ | トップページ | 福岡市海づり公園に行って来ました »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31