リンク集

無料ブログはココログ

« オニがプラチナサバに化けた@昇丸【後篇】 | トップページ | サバの味噌煮レシピなど »

2013年2月 1日 (金)

極上のプラチナサバをいただきました

昨日、本命のオニカサゴが釣れず、サバに化けたのですが。

そんじょそこらの外道のサバではなく、でっぷり太った松輪のプラチナサバでして。


昨日のうちにシメサバを仕込んでおき、1匹丸ごとの開きを半夜干ししておいたので、今夜早速いただきました。


シメサバは、今まで食べたどのシメサバよりも美味しかった。

脂が口の中で溶け、甘みが広がり、程良い酸味とともに、口の中を幸せが満たす。

そこで日本酒をきゅいっと・・・ああ、もう至福の瞬間です。


これまで、自宅では何度もシメサバをつくって来ました。

外では、松輪サバを看板メニューに掲げたお店で、シメサバとか炙り寿司とか、色々いただいたこともありましたが、それよりもこれが一番でしたね。

自分でつくったのに何ですが、これぞシメサバのグランプリ!!!

0131_1

・・・プロではないので、包丁さばきは今イチですが・・・



デジカメのスーパーマクロモードで撮影してみました。

0131_2    


網目のようにキメの細かい脂、画面でも見えるでしょうか。

0131_3



半夜干しの方は、ちょっと目を離したすきに家族に食べられてしまい、すみません、食べかけの写真しかありません。

0131_4

これでは、あまり美味しさが伝わりませんね。


食べかけ画像で恐縮ですが、身を食べた後の皮の部分に付いた脂の層が凄いのなんの。

0131_5




アジのお刺身は普通に美味しかったですが、今夜はちょっとカスんでしまいました。

0131_6

« オニがプラチナサバに化けた@昇丸【後篇】 | トップページ | サバの味噌煮レシピなど »

コメント

このサバは美味しいって分かります分かります~!

鯖寿司を作ってみたくなります。

うりりんさん、

さっきもまた食べてしまった。
これ以上は冷蔵庫保存が無理だから、シメサバを少し冷凍しました。

こんな立派なサバを次に釣れるのはいつでしょうかね。

漁師でも数尾に一尾か悪いときは数十尾に一尾しか松輪のプラチナサバと認定されません。(松輪漁港の検査に通る)大変貴重な鯖です。

<ナマで食べて酢で食べて、焼いて食べて、煮て食べました>
良かったですね。

こういう脂が乗った青物、特に脂が乗った鯖は最高に燻製にあいます。
温燻が良いです。保存が出来ますし、酒の肴には最高です。一度お試しください。

脂の乗り方が半端じゃないことが画像から理解できます。
今の季節は最高の魚だと思います。
1日のサバ6本を神戸にいる娘に送りましたが30分も酢に浸したけど酢の味がしないと申していました。多分、脂が乗っていたからでしょう?

UMIMARUさん、

脂が乗り過ぎて、酢を吸収しなかった?
うちは一晩寝かしてしまいましたが、それでも酢のアジはそれほどじゃなかったですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/56670129

この記事へのトラックバック一覧です: 極上のプラチナサバをいただきました:

« オニがプラチナサバに化けた@昇丸【後篇】 | トップページ | サバの味噌煮レシピなど »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31