リンク集

無料ブログはココログ

« 仕掛けロストに泣いたフグ釣り@敷嶋丸 | トップページ | フグとヒラメの宴会@日本料理さくら »

2013年2月11日 (月)

バラシでボウズなヒラメ釣り@敷嶋丸

大原2日目です。

初日にフグが釣れたら2日目はヒラメ、釣れなかったら2日目もフグ再挑戦、と思ってましたが、昨日の渋々の様子だと、連ちゃんしてもフグは釣れそうにない気がして、それよりはおみやげが確保できそうなヒラメにしました。


大原でのヒラメ釣りは初めてです。

というか、昨年、名立でやった夜ヒラメが、後にも先にも唯一のヒラメ釣り。

仕掛けはその時の残りがあったので、それを転用することにしました。

ただし、上越用の仕掛けは、ハリスが8号とちょっと太いので、いわせの「新太郎印」大原用替え針(ハリス6号)なるものをいくつか用意しました。

私以外のお客さんは右舷ミヨシ1番と2番の常連さんお二人だけ、そして真ん中に船長が竿を出し、私は右舷の大艫です。


まだ真っ暗な中、河岸払い。

0211_1


本日のタックル、A-Grip ネライ M240にフォースマスター 2000MK(PE3号)。

0211_2


タナは20メートル位と浅いため、船長に「リールは手巻きで十分」と言われたんですが、昨年の上越のヒラメ釣りの時、手では巻けない位重かったので、迷わず電動にしました。


50分ほど走り、太東沖と思しきあたりのポイントに到着。

暗くて、餌のイワシがうまく付けられません。

ウロコがポロポロとはがれます。ああ、餌が弱っちゃうよ~。

孫針をやっとの思いで背中に刺し、いざ投入。


船長の指示通り、底を取ったら1メートルあげて待ちます。

おし、1投目で、アタリが来ましたよ。

船長に釣り方を教わったのですが、アタリがあったら、まずは糸を出す。

3回目の大きなアタリが出るまで合わせずに待てと。

そう言われても、よくわからんうちに竿が大きく入ったので、とりあえず巻き始めました。

船長がタモ持って準備してくれました。

ところが、あがってきた魚は、なんか違う。

結構デカいけど、マトウダイじゃ~。

0211_3


残念でした。

船長も続けてマトウダイで、マトウのダブルヒット。


気を取り直した次の流しで、またアタリがありました。

今度はさっきと違い、ガツガツっと、竿に響くようなアタリが出たので、ゆっくりと道糸を送り出したら、もう1度ガツっとアタリました。

そこで更に道糸を出して、次に竿が大きく入ったのでよっしゃと巻き始めました。

さっきよりも大きな引きです。

やったやった~おみやげ確保じゃ・・・・・いや、あれ?、あれれ??、あれれれ????

あと4メートルというところで、すっと竿が軽くなりました。

何と、本命をバラしてしまったのです。

仕掛けを上げてみたら、イワシが跡形もなくなくなっていて、針だけでした。

朝一番のチャンスを、みすみす逃してしまいました。


ここからが苦行の始まり・・・・全くダメダメな時間が続きました。

潮はミヨシからトモに向かって流れてましたから、私は常に潮ッケツでした。

しばらくすると、潮がすっかりたるんでしまい。

魚のアタリすら、全くなくなりました。


9時の段階でミヨシが3枚、ミヨシ2番が1枚、なのに私には全くアタリなし。

置き竿の船長にも釣れました。

でも私には、全くアタリなし。

船長が私のバケツにヒラメを投げてよこしました。

0211_4

私があんまり釣れないもんだから、お土産を下さったのです。

ありがとうございます(ウルウル)


そしてしばらくして、「今から横流しをやるよ~」と。

ミヨシからの潮で私のところにアタリが来ないから、横向きに流して下さるそうです。

今度こそと、期待します。

しかぁし、やっぱりアタリが出ません。

ミヨシ2番の方は、「潮が全く流れない時はベタ底」とおっしゃっていて、少し糸がフケる位のベタベタにしていらっしゃいます。

しかし船長は相変わらず「底から錘を1メートル切るように」との指示でした。

一体どうすりゃいいんでしょう。

船長に、「少し誘ってもいいんですか?」と聞いたら、

「絶対に誘っちゃいかん」と言われました。


波の上下動もなくなったから、とりあえずひたすら待つ釣り。

実はひたすら待つ釣りって、私の一番の苦手分野です。


そしてとうとう、そのまま沖揚がりとなってしまいました。

ミヨシの常連さん4枚、ミヨシ2番の常連さん1枚、船長が2枚、そして私がトホホの0枚!!

結局自分で釣ったのは、マトウダイ1匹じゃ。

でもね、船長が釣った2枚目のヒラメもお土産に下さった。

0211_5

ありがとうございます(涙)

実は明日宴会を控えてますので、ヒラメをいただけたのが何より嬉しく。

水天宮前の「日本料理 さくら」には、無事ヒラメを送ることができるようになりました。

0211_6


ところがですね。

港に到着してから、更に嬉しいハプニングが。

ミヨシ2番の常連さんが、ヒラメとマトウダイとサメを下さいました。

サメ・・・・食べたことないし怖いんですけど、船宿でおかみさんに棒身にしてもらえと言われ。

言われた通りに棒身にしてもらいました。

0211_7


ぬた、もしくはフライにすると美味しいそうです。

結局、ヒラメは釣れなかったけど、お土産たくさんのヒラメ釣りとなりました。

« 仕掛けロストに泣いたフグ釣り@敷嶋丸 | トップページ | フグとヒラメの宴会@日本料理さくら »

コメント

関東でヒラメを始めた人が上越に来ると
『ヒラメってこんなに簡単だったの~?!』と言い、
上越で覚えた人が関東に行くと
『なんでこんなに釣れないんだ~?!』と嘆きます。(笑)
餌の活きアジはしばらくするとジ~っとし始めちゃいますが
活きイワシは弱るまで泳ぎ続けます。
誘う、誘わないはこんなところにも理由があるのです。
イワシをなるべく弱らせない、死んだら即交換。
このイワシの泳がせ方で明暗が分かれるので極鋭のような竿が求められるのです。
上越の場合はマダイ竿で狙うのとの違いがある訳です。
だって、MIKKAさんが釣ったようなヒラメなんて太平洋側では滅多に見られませんもん。^^

BOMBERさん

ああ、まさにそれです(泣)
あの上越の記憶のもとに、もっと簡単に釣れるものと思ってました。

フグ釣りでもヒラメが釣れたのに、ヒラメ釣りでヒラメが釣れないなんて・・・がっくりでした。

くせでつい、底を取り直してしまいますが、あれもきっとよくなかったのね。

口惜しいので、また挑戦しますが、最近釣れない釣りものが多く、リベンジものが増え過ぎて、釣行が間に合いません。

ヒラメ釣りお疲れ様でした
あの週は連日日次が悪かったんですね・・・(泣)
私もあのヒラメを見たら、今年の夏はBOMBERさんのお膝元『名立』へ行きたいです!

風流さん、名立はツアー組んで行きますからね。

着いた日は夜ヒラメ、翌日は午前マダイで夜ヒラメなど、やりたい人には超強行軍なツアーになると思いますが、何卒よろしくご参加ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/56774125

この記事へのトラックバック一覧です: バラシでボウズなヒラメ釣り@敷嶋丸:

« 仕掛けロストに泣いたフグ釣り@敷嶋丸 | トップページ | フグとヒラメの宴会@日本料理さくら »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31