リンク集

無料ブログはココログ

« 皮研1月例会@丸十丸 | トップページ | オニがプラチナサバに化けた@昇丸【後篇】 »

2013年1月30日 (水)

アジ・オニのリレー@昇丸【前篇】

今年やってみたかった釣り、それはオニカサゴ。

初釣りの2日は真鶴からオニカサゴに挑戦する予定になっていたのですが、何故かアマダイに変更になり、更に南西風の強風で、釣り自体が中止に。

それで改めて20日に剣崎からの仕立てに乗る予定でしたが、この日、非常に重要な用事がありまして、涙を飲みつつキャンセル。

ところが救う神あり。
ゴヨーさんがオニカサゴとアジのリレーの仕立てに乗るということで、相模屋チームに混ぜていただき、ようやくオニカサゴ釣りが実現しました。


この日は事情があって車がなく、自宅近くでゴヨーさんにピックしていただくことになっていたのですが、

前夜は深夜まで仕事だったので、0時を回ってからオニカサゴの仕掛けを作り、そして支度を始めたところ、終わったのが2時半を回ってしまいました。

2時間の仮眠で起きる自信はなく、とうとう完徹釣行です。


さて、船宿は相模屋チームの御用達、長井の昇丸です。

大きい方の船は「釣りロマンを・・・」という某TV番組のヤリイカの取材が入っているということで、相模屋チーム&私の6名は、6時過ぎに小型船の方に乗り込みました。

0130_1


そして予定通り、6時半に河岸払い。

トイレに近いからと、左舷艫の釣り座をいただきました。

0130_2

今日は風も穏やかで、日差しもあって、ポカポカ陽気の予報が出ています。

最初はアジからということで、本日のタックルは Shimano ライトゲーム CI4 Type 82 H190にレオブリッツ 270(PE3号)。


0130_3


CI4 82 H190は錘負荷が40~200号。


錘が軽いと調子は82ですが、120号~130号位の錘を下げると、ちょうど73位に曲がりこみ、更に魚がかかると64位の胴調子になります。


ビシアジもオニカサゴも、これ1本でOKなのです。



城ケ島の向こうに昇る朝日の光を浴びながら、船はゆっくりと城ケ島沖を目指します。

0130_4


船は7時40分位から減速を始め、8時前後にようやく、投入となりました。



アジを釣りながらオニカサゴの餌になるサバを釣るということなので、仕掛けは細すぎず太すぎず、アジをメインにサバも狙えるよう、2号3本針でスタートしました。



船長からは、「90メートル」というアナウンス。

最初、底まで90メートルと言っているのかと思ったのですが、これは上からのタナの指示だったのです。


普段、下からの指示タナにしか慣れていなかったので、船長がおっしゃるアジのタナを探すのに苦労しました。

潮も速くて、道糸が斜めに入るので、底を取ると大体100メートル。

アジが底から10メートルの場所にいるとも思えず。。。



とりあえず、底から4メートル巻いたところからスタートして、ウィリーみたいにしゃくっては巻いてを繰り返してみたところ、7メートル巻いたところでようやくアジをゲットしました。

0130_5


次に、巻き上げの途中で偶然サバを引っ掛け、とりあえずオニカサゴの餌は確保できましした。



これでアジに集中できるようになり、ようやくコツが飲みこめてきました。

タナは底から3~6メートル(道糸が斜めに入る時は、カウンタで4~7メートル)

タナの幅が少し広いので、コマセは撒き過ぎない。
底から3メートルで軽くしゃくり、4メートルで待つ。
更に軽くしゃくり、5メートルで待つ。
というのを底から7メートル位までやって、アタリがなければ底を取り直して3クールです。


それからしばらくして、仕掛けが寄れたのをきっかけにハリス1.5号に替えたところ、いい感じにアタるようになって来ました。



ところが、アタりだした途端、私のレオ270が・・・・電源が途中で落ちます。

最初はFishing CUBE mini 5Ahに繋げてましたが、ケーブルを替えて船の電源に繋げたところ、しばらくはよかったのですが・・・・また落ちるように。

ケーブルをねじ込み直したり角度を替えたりすると、一瞬復活したりするので、どうやらリール本体側の接触が悪いようです


一応、フォースマスター 2000MKを予備リールとして持っていたのですが、100メートルと深いだけに、アジのアタリが続く時は、1分1秒も無駄にしたくありません。


ということで、頑張って手巻きで続け、型のよいのをトータル12匹ゲット。



ポイント移動となった9時50分、リールをフォースマスター 2000に替えました。

0130_6

それからは別の群れになったのか、少し型が小さくなりましたが、トータルで15匹釣り、
「お土産はそこそこ確保できたから」と、後半のオニカサゴ狙いへ移行となりました。

【後篇へ続きます】


« 皮研1月例会@丸十丸 | トップページ | オニがプラチナサバに化けた@昇丸【後篇】 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/56666306

この記事へのトラックバック一覧です: アジ・オニのリレー@昇丸【前篇】:

« 皮研1月例会@丸十丸 | トップページ | オニがプラチナサバに化けた@昇丸【後篇】 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31