リンク集

無料ブログはココログ

« 八丈二日目、カンパチ狙うも(没)@松丸 | トップページ | 八丈ヒメダイ尽くしの会@日本料理さくら »

2012年10月21日 (日)

八丈二日目、ラストでようやく@松丸

八丈二日目、泳がせは全くアタリのないまま11時を回ってしまいました。

本日前半の泳がせ釣りはこちら

沖揚がりまで、あと2時間ちょい、クーラーにはサバしか入っておらず。。。

ケンさんが、「MIKKAさん、おみやげ欲しいだろ、残り時間で五目やるかね?」

はい!その一声、待ってました~、
あの高級魚、ヒメダイのポイントへ行きましょう。


うきうきしながら、「船長、錘は何号ですか?」と問いかけると、
「まあ最低でも200号、300号でもいいよ。昨日の錘を使えばいいよ」
がーーーーん。

200号以上ですか?
となると重くて、A-Gripではちょっと背負い切れません。

A-Gripは半年前の はつ丸 さんにお世話になった時、ヒメダイがいい感じに釣れた竿なんです。でもあの時は150号錘だったしなぁ。
しょうがない、ゴクエボと4000BMという、昨日の深場五目と同じタックルでやることにしました。

1021_7

しかし、実はふと気がついてしまったのですが、私はこのゴクエボともしかして、相性悪い???


半年前の八丈遠征前に買い、あの時はオナガダイ狙いで使うもサバしか釣れず。

今年のカツオ・キハダ狙いで3回使ったけれど、一度もアタリなく。

昨日の深場五目でもサバしか釣れず。

本命一度も釣ってないし、めっちゃくちゃ運の悪い竿じゃないですか。


なんて一抹の不安を覚えながらも、投入の合図です。
ハリスは細めでよいとのことで、昨夜宿で作った8号3本針仕掛けをセットします。
針は下からヒラマサ14号、グレ14号ウィリーピンク巻き、グレ14号ウィリーブルー巻き。

深さも釣り方も昨日の五目とあまり変わらない雰囲気で、200メートルダチで底を3メートルから5メートル切って、コマセを振り出しながら、タナはそこから3メートル上まで。

明日の「日本料理さくら」の宴会を控え、あとはこの2時間に賭けるしかない私は、「おりゃーっ」と立ちあがりました。
250号錘を背負った竿を、手持ちでやることにしたのです。

底を取ってから指示タナまで急いで巻くのは、錘と潮の抵抗が激しくて手持ちでは難しい。
そこまではロッド・キーパーにかけたままにします。

指示タナの開始位置の50センチ位下に合わせたら、そこでやおら竿を持ち、コマセを振り出します。
そしてゆっくりリールを1メートル巻きます。
アタリがなければ更にもう1度コマセを振り出し1メートルリールを巻き、タナの幅が3メートルあるので、これを3回繰り返します。

その段階でアタリがなければ、今度は3メートルゆっくりゆらゆら仕掛けを誘い下げ、下タナまでアタリがなければ、底を取り直して同様の手順をもう1クール。


来ましたよ~、1投目の2クール目にアタリ~。
針かかりが弱くてバラシやすいから、アタッたら緩めずにすぐ巻き始めるように、と船長からのアドバイス。更に、最初の5メートルは手でゆっくり巻くことで、追い食いが狙えるよ、と教えてもらいました。

そこで、まずはバラシを防ぐため、最初のアタリで合わせを入れました。
それからゆっくり手で巻き、次のアタリがあったらそこでも合わせを入れ、最初の5メートルまでは竿を持ったまま頑張って手巻きをし、それから電動リールのスイッチオン。
竿先には待望の魚信が見えます。
いやあこの瞬間、ワクワクします。

わはは~やったで~、いきなりヒメダイがダブルでかかってました。
私が2日間全く釣れてなかったので、「いやあ、長かった、釣れてよかったね~」
と船長も喜んでくれましたよ。


次の投入ではチダイが釣れました。
どうやら、餌にイカを使い、誘いが早いとチダイの餌食になってしまうようです。

そこで、次からは下針はオキアミ抱き合わせ、真ん中と上のウィリー針はウィリーと向かい合わせる形でオキアミを付けました。

サバが寄ってきているとのことで、コマセはカゴの1/3までにとどめます。
そして誘いは、ヒメダイが追えるよう、あくまでもゆっくり。

わはは~やったで~、またヒメダイダブル!!!

ようやくお土産確保できました。
クーラーの中もいい感じになってきましたよ。

1021_8

最後は何と、ヒメダイ大中小のトリプル、パーフェクトでした。

1021_9

11時半から投入開始して13時過ぎまで、2時間弱の勝負でした。
釣果はヒメダイ12匹、チダイが6匹。
200メートルと深いため、投入と回収にかかる時間を考えればまずまずの釣果といえるでしょう。

そして2時過ぎに八重根港に到着。
船長、2日間に渡り、本当にお世話になりました。
逆光の横顔写真しか撮れてなくてごめんなさい。

1021_10


ケンさん曰く、若いけどとても研究熱心で、ものすごく上手な船長とのこと。
常時的確なご指示をありがとうございました。
それから、最後に私にも釣れて、自分のことのように喜んで下さったのが嬉しかったです。


これで、宴会は無事に八丈の魚で飾ることができることになりました。


1021chouka

寝坊で始まった八丈遠征釣りでしたが、終わりよければ全てよし。
ということで。

« 八丈二日目、カンパチ狙うも(没)@松丸 | トップページ | 八丈ヒメダイ尽くしの会@日本料理さくら »

コメント

OK、OK、お疲れ様でした。
250号で手持ちとは根性が立派w(^^)w
でも最後までヒヤヒヤさせられますねー(^^)
最後は大漁節でしたね。

お気をつけて、お帰りください。

タダさん

仕事しながらだったのですが、やっと最後までブログ書けました。

最後は手持ちにしたからこそ、追い食いに成功し、限られた時間でそこそこの釣果を得ることができました。

翌日の宴会のブログも書かなくては~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/55955562

この記事へのトラックバック一覧です: 八丈二日目、ラストでようやく@松丸:

« 八丈二日目、カンパチ狙うも(没)@松丸 | トップページ | 八丈ヒメダイ尽くしの会@日本料理さくら »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31