リンク集

無料ブログはココログ

« 八丈二日目、ラストでようやく@松丸 | トップページ | 皮研10月例会@丸十丸 »

2012年10月22日 (月)

八丈ヒメダイ尽くしの会@日本料理さくら

水天宮前の日本料理 さくらにて、八丈で釣ったヒメダイをいただきました。

宴会の前にお取引先のMさんと打ち合わせがあったため、Mさんのお知り合いの方も含めお二人をお誘いするも、予定付かず。

結局、内輪メンバー6人での会となりました。


さて、お通しはヒメダイの雲丹和えでした。

1022_1
のっけからヒメダイ登場というのは嬉しいです。


次に、ヒメダイのお椀が出されました。

1022_2
汁の表面に脂が浮いてますが、この脂は実に上品で、旨みがあります。

口の中で溶けるようなヒメダイの身を味わい、1口汁をすすると、上品な出汁の芳香が鼻の中を突き抜けます。


そしていよいよ、お刺身です。

1022_3
板長、さすがです。

こんなにきれいに造っていただき、感謝感激です。

泳がせのカンパチ、ヒラマサは残念ながら釣れませんでしたけど、食べてより美味しいのは、きっとこちらの方ですね。

もっちりしていて、甘みと旨みと上品な脂が口の中に広がります。


更に更に、今度は炙ったヒメダイです。

1022_4
ホールのK藤さんが、「ヒメダイのサラダ」とおっしゃいました。

いや、野菜よりもヒメダイ比率が極端に高い、これは和風カルパッチョでしょう。

皮目を炙ってあるヒメダイは香ばしく、皮の回りは更に甘みを増しています。

ポン酢ベースのソースと茗荷でさっぱりいただき、刺身とはまた違ったおいしさです。


メンバーは、「刺身と炙りとどっちが旨いか」論議を始めましたが、結局「どちらも超旨い」ということで引き分けでした。


さて、次はヒメダイとアワビタケのフライです。

1022_5


お刺身でいただける新鮮なヒメダイをフライにしてしまう。

これはキンメの会の時にも言われますが、これぞ究極の贅沢って気がします。

もちろん、中身はジューシーでサクサクです。


ヒメダイ料理の最後は、ヒメダイのカレーチーズグラタン。

1022_6
板長お得意の創作系です。

お店は週末お休みでしたので、本日いきなりの電話予約、しかも魚は直接お店に持ち込み、という(毎度)無理無理なお願いをしていますが、いつも趣向を凝らしたメニューを考えてくださいます。

このカレーチーズグラタンというのは、大ヒットでした。

素材がよければ、刺身にして美味しいのはある意味当然です。

これにカレーを合わせてしまうという発想が凄い。

しかも、このカレーソースはあまり辛くなく、旨みが強めのソース。

なので魚がカレーの風味に負けず、しっかりヒメダイの味がします。

ヒメダイがほくほくしていて、そこにカレーの旨みがよくマッチし、チーズとその焦げ目が、全体の旨みを更に強化しています。

このメニューは、家でも取り入れてみたいと思いました。

魚に飽き飽きしている家族も、カレーとチーズとなら喜んで食べそうです。

« 八丈二日目、ラストでようやく@松丸 | トップページ | 皮研10月例会@丸十丸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/56048042

この記事へのトラックバック一覧です: 八丈ヒメダイ尽くしの会@日本料理さくら:

« 八丈二日目、ラストでようやく@松丸 | トップページ | 皮研10月例会@丸十丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31