リンク集

無料ブログはココログ

« タチウオ仕入れ、渋かった@忠彦丸 | トップページ | またタチウオ仕入れ@忠彦丸 »

2012年9月 6日 (木)

メジ・カツオ再び撃沈トホホ@渚丸

1週間前、洋征丸で1日アタリなしの悲しいメジ・カツオ釣りでした。

会社のスタッフに、またカツオ行って来て~の業務命令(?)が出たので、リベンジ券(2000円割引)をもらった洋征丸に電話したところ、既に満員御礼でした。

それで、ホームページに「まだ空いてます」と書いてあった渚丸を予約。

ここは6時45分出船なので、寝坊な私にもちょっと安心かと思ったのですが。

ばっちり4時に目が覚めてしまったので、5時には船宿到着してしまいました。


釣り座は左舷ミヨシに2人、右舷ミヨシに1人という状況だったので、右舷ミヨシ2番に釣り座をゲット。

0906_1

結局、片舷4人ずつの8人で、定刻より10分早い6時35分出船となりました。

余裕の釣り座ですが、人数が少ないとコマセ効果が薄いのではと、ちょっと心配になります。

0906_2


本日のタックル、TICAのWAVELET カツオ 195Hに電動丸4000 Beast Master(道糸6号)。

ハリスは16号で、完全にカツオ狙いにしました。

キメジが来たら瞬殺でもいいの。

明日の宴会のためにカツオを1匹だけでも釣りたいから。


さて、江の島沖ですぐにちょっとした鳥山で投入開始。

0906_3

船長の指示は幅のない「40メートル!」とか「35メートル!」だったので、迷わず楽ですが、またもや全くアタリなし。

しばらくして富士山を横に見ながら南に走り、メジ・カツオ軍団と合流します。

0906_4

満員御礼だった洋征丸ともすれ違いました。

0906_5

片舷11人+ミヨシ中央とトモ中央にもいらして、24人乗っているかな?

大盛況ですね。


しかし、このポイントでも全くアタリなし。

何度も流し変えていただきますが、竿はピクっともしません。

昼過ぎに、右舷ミヨシの常連さんが、「来たぞ~、この瞬間最高!」って大声をあげて、走った魚とともにミヨシから大艫まで移動し、ようやく船中第一号のキメジをゲット。

よし、次は隣の私かな、なんて期待しちゃいましたが、午後になってからはずっとクルージング。

ついつい居眠り。

時折急ブレーキをかけるので、一瞬目を覚まして準備します。

でも投入の合図はありません。

トモにいらした親子連れのお父さんに、「最後にアタるといいですね~」「そうですね~」なんて話しましたが、とうとうそれっきり、投入のアナウンスは一度もなく、江の島に戻って来ちゃいました。

カツオは船中ゼロです。

はあ、またクーラーがカラッポです(泣)。

0906_6

船長のお話では、反応はあるものの、仕掛けを入れる頃には下にもぐってしまい、捕まえられないのだとか。


先週の宴会は-60度にストックの上越マダイと新島沖キンメ、それから宴会当日に釣ったイサキで何とか形になりましたけど、明日の宴会はどうしましようかと、気分も暗~くなってしまいました。

しばらくはコマセの臭いもかぎたくありません。

メジ・カツオは当分封印します。

« タチウオ仕入れ、渋かった@忠彦丸 | トップページ | またタチウオ仕入れ@忠彦丸 »

コメント

ワラサ、カツオは右舷ミヨシと決めてます。

kazuさん、

右舷ミヨシを取るには、よほど早起きしないとダメですね。
カツオ釣り師って、やる気満々で、集まりが早くないですか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/55611702

この記事へのトラックバック一覧です: メジ・カツオ再び撃沈トホホ@渚丸:

« タチウオ仕入れ、渋かった@忠彦丸 | トップページ | またタチウオ仕入れ@忠彦丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31