リンク集

無料ブログはココログ

« 恐怖のカワハギ釣り@山下丸 | トップページ | クロムツ料理(そしてアジとサバも) »

2012年8月21日 (火)

網代の半夜クロムツ@つちそう丸

湘南釣り倶楽部マキさんのお誘いで、半夜クロムツ釣りに行って来ました。

メンバーはマキさん、うりちゃん、私という、女子会です。

14時に網代の「漁師家 大次郎丸」に集合ということでしたが、渋滞にはまった私が一番遅く到着しました。

(空いていれば1時間半で着く距離ですが、3時間かかりました)

大次郎丸では「網代定食」というのを注文。

0821_1

刺身の4点盛りに干物も3種類付くという、何とも盛りだくさんな定食でした。

お腹いっぱいになって、まずは民宿「竹の家」さんにチェックインし、一休み。

竹の家さんは網代漁港まで車で5分たらずの(歩いても行ける)距離にあり、素泊まり4000円です。

広いお部屋を2部屋使わせていただきました。

さて、つちそう丸の半夜クロムツ船は17時集合で17時半出船ということでしたが、初めての船宿なので早めに行こうということで、16時20分に民宿を出ました。

私は3人分の荷物だけ積み、電車釣行の二人は歩いて船宿を目指します。

白いタンクが目印と言われましたが、タンクというのがわからず、ようやく白灯台の近くに「第七つちそう丸」を発見。

前日読んだつちそう丸のHPでは「半夜クロムツ船 3名」と書いてありましたが、常連さん含む男性が3人いらして、6人で出船となりました。

0821_2

私たちの釣り座は左舷2、6、8番ということで、4番に指南役の仲乗りさんが入るとのことでした。

後ろの方が酔わないし、二人が並べるようにと、私はミヨシ席に入りました。

左舷6番がうりちゃん、トモの8番がマキさんです。

0821_3

クロムツと言っても100メートルまでの浅場なので、深場タックルは不要です。

本日のタックル、竿はA-Grip ネライ 240M、リールは電動丸plays3000(PE5号)にしました。

0821_4

ちなみに、つちそう丸にはラークも設置済み、マグネットも全席付いていましたよ。

出船前に聞いた話では、ポイントは川奈沖か初島周りということでしたが、船はどんどん南下し、1時間ほどでポイント到着。

0821_6

雲が茜色に染まってとてもきれい。

0821_7

後で聞いたのですが、今シーズン初めて熱川沖にやって来たのだそうです。

女性が3人で来るということで、川奈はメダイが多いので女性には大変だろうとの配慮があってのことでした。

常連さんが、普段はこんな遠くまで来ないから、女性が乗るってことで船長も頑張ったんだろうと(笑)

本日の仕掛けですが、最初はつちそう丸のAngler's Community内のHPに書いてあった、ショートハリスを用意しました。

幹糸フロロ12号、幹間60センチ、ハリスフロロ8号30センチの5本針。

アジの仕掛けを太くした感じでやけに短いんですけど、浅場だからかな~なんて思いながら作った仕掛けです。

最初は何に食うかわからないので、餌は下から船宿支給のサバ、カツオハラモ、イカ、ハラモ、サバの順です。

0821_5

マキさんもうりちゃんもつちそう丸のオフィシャルサイトを見て、枝間1ヒロの仕掛けを作って来てました。

仲乗りさんに聞いても、枝間は1ヒロだと言われました。

ちょっと不安に感じながらも80メートルダチで第1投。

底を取るちょっと前にガツガツガツ~ッと。

あやや~サバですよ。

5本針パーフェクトにサバが付いてました。

貧相なサバはリリースしながら、とりあえず太めのは血抜きしてクーラーに収めます。

2投目、少しでも早く落としてサバをよけようとしたら、サバより少し上品な、それでもガツッとしたアタリ。

クロムツでした。

でも1匹。

うりちゃんは最初から絶好調で3本とか掛けてます。

やはり、幹間60センチでは狭すぎるのではないかと、不安に感じたらいてもたってもいられなくなり。

乗船前に枝間120センチの20号ナイロンリーダーを作っておいたので、それで5本針仕掛けを作りました。

ハリスはたまたま作りおきしておいたフロロ6号60センチです。

スミヤキがかかったらこんな細ハリスじゃ厳しいでしょうが、食いはよいでしょうから。

餌も、船宿支給の小さめにカットされたサバが一番食いがよいので、全てサバ餌に変えました。

それですぐさま、3本がけできました。

次の流しで、やりました!

5本針パーフェクトです。

0821_8

クロムツよりも強い引きの時はアジです。

どれも35センチ位の大アジでした。

とりあえず、底取って4メートル位あげて、あとはふわふわ誘いあげたり誘い下げたりしているうちに何かしら食ってきます。

80メートルダチ、錘120号のライトな釣りなので、あっと言う間に巻けちゃうし下ろせちゃうしで、とにかく忙しい釣りです。

21時過ぎには35リットルクーラーがそこそこいっぱいになってきました。

0821_9

手前に見えているのが巨大なサバで、私が今までに釣ったことのないサイズです。

23時に沖揚がり。

35リットルのクーラーが、ようやくフタが閉まるまでのいっぱいになりました。

終わってみれば、3人とも大漁でした。

電車釣行のマキさんとうりちゃんはそれぞれ16リットル、17リットルとこぶりなクーラーでしたので、船宿に発泡ボックスを2つ3つ譲ってもらい、ようやく納めた次第です。

私は途中で忙しくて数えられなくなったので、翌日家に戻ってから数えました。

クロムツ25匹。

0821_10

大アジ6匹、サバ15匹、小キンメ1匹。

0821_11

いや~クロムツと言っても深場の釣りとは全然違います。

忙しかったですが、数釣れて超楽しかったです。

« 恐怖のカワハギ釣り@山下丸 | トップページ | クロムツ料理(そしてアジとサバも) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/55492127

この記事へのトラックバック一覧です: 網代の半夜クロムツ@つちそう丸:

« 恐怖のカワハギ釣り@山下丸 | トップページ | クロムツ料理(そしてアジとサバも) »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31