リンク集

無料ブログはココログ

« 網代の半夜クロムツ@つちそう丸 | トップページ | 難しかった小網代カワハギ@丸十丸 »

2012年8月24日 (金)

クロムツ料理(そしてアジとサバも)

熱川沖で釣ったクロムツ、アジ、サバの料理写真です。


まずは何はともあれお刺身。

Kuro_1

大アジを真ん中にして、両脇がクロムツの炙りです。

クロムツは皮が軟らかいので、切ってからバーナーで炙りました。

少し強めに炙りました。

皮目を炙ると身がそっくり返りますが、更にそのまま炙り続けると、そりが戻ります。

戻った位の炙り加減がちょうど良い感じでした。

せっかくの脂を落としたくないので、氷水で〆たりせずにそのまま盛りつけました。

香ばしくて、身はとろっとろです。


そしてクロムツの胃袋とアジのシラコ。

Kuro_2

軽く湯通ししてポン酢をかけました。

お酒がすすむメニューです。


次にクロムツの塩麹漬け焼き。

Kuro_3

開いてから両面に塩麹を薄くまぶし、半日置いたものです。

塩麹の風味が、クロムツの旨みを引きだして、ご飯がすすみます。


それから巨大サバはシメサバに。

Kuro_4

食べ応え有りました。

東京湾の脂の乗った大サバほどのサシは入っておらず、少しさっぱりしていました。


最後にクロムツの煮付け。

Kuro_5

身がふわっふわで、これは文句なし!のうまさでした。


あれだけ釣ったのに4件にお配りし、1匹残らず売れてしまいました。

また仕入れに行かないと。

« 網代の半夜クロムツ@つちそう丸 | トップページ | 難しかった小網代カワハギ@丸十丸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/55504588

この記事へのトラックバック一覧です: クロムツ料理(そしてアジとサバも):

« 網代の半夜クロムツ@つちそう丸 | トップページ | 難しかった小網代カワハギ@丸十丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31