リンク集

無料ブログはココログ

« シーズン最後のマルイカ@海楽園 | トップページ | 超久しぶりなシロギス@忠彦丸 »

2012年8月10日 (金)

スマックでリベンジLTタチ@忠彦丸

今日は魚の仕入れ予定日でした。

たくさん釣って、友人が土曜から設営する本栖湖キャンプに持ち込むつもりでいたのです。

最初はキンメの予定でしたが、仕事で茨城に行く予定が入ったので、波崎でアカムツ狙おうかと予定変更。

更にその仕事もボツになったので、イサキが沢山釣れている海楽園LT五目にしようかと思い。

ところが前日、支度していたら、友人のMさんからタチウオリベンジに行くからと声かけられ。


前置きが長くなりましたが、紆余曲折を経て、午前タチウオ、午後LTアジの予定で支度しました。

6時過ぎ、忠彦丸に到着すると前方を歩くMさんの姿が。

声をかけたら、午後はシロギスをやると。

なので私も、午前タチウオ、午後シロギスの通しに変更しました。


ルアーでやるMさんは四隅を取る必要があり、残っていた左舷ミヨシを2席取っておいてくれました。

定刻の7時30分に出船し、本日も第二海堡周辺を目指します。

本日は平日だというのに、タチウオは超人気で、左舷だけでも10人います。

0810_1

20分ほどで第二海堡南側のポイントに到着。

0810_2


本日はリベンジのリベンジということで、タックルを一新しました。

0810_3

A-Britz Short (A-ブリッツ ショート) 73 S-145 にNew スマック 100Hです。

前回まではA-trigger ライトゲーム 180M(錘負荷20~60号)にレオブリッツ150(道糸2号)の組み合わせでした。

今回は警戒心の強いタチウオに対策に、もっと繊細なタックルにしようと思い、まずはNew スマック 100Hを購入し、0.8号のPEを200メートル巻きました。

先糸はフロロ4号を1.5メートルです。

道糸が0.8号であれば、潮の抵抗を受けにくいので、より錘を軽くすることができます。

そこで、竿も錘負荷10~40号のA-Britz Short 73にしました。


片舷10人も乗っているので、道糸が細いだけにおマツリが心配になりながら、仕掛け投入です。

タナは海面から40~30メートルの間です。

お隣のミヨシ3番の方が、割としっかりした竿と電動リールで、調子よく釣り出しました。

私にもようやく1本目がヒット。

案の定、ミヨシ3番の人と、4番の人とマツってしまいましたが、お二人ともほどきも上手な方だったので、無事取り込むことができました。


そして2本目のこと。

何か他のことをやりながらだったのでしょう。

竿を持つ左手しか空いていなかったので、せっかく付いているスマック機能を使ってちょい巻きしていました。

餌を齧るタチウオの気配があり、それを誘うようにスマックでカチカチと巻いていたら、ヒット!!!


まさかね。

スマックは底ダチを取るためのもので、タチウオの誘いにスマックを使うなんて考えてもみなかったのですが、これが誘いに有効だった?

半信半疑で再び、指示タナまでおろしたら、スマック機能を使ってみました。

ウッソ~!!! またヒットしました。


竿がぐいっと一瞬入っても、針にかからない時があります。

そんな時は一瞬ステイしてから、またスマック機能でカチッ、カチッと巻いていきます。

これをやっていると面白いようにフッキング成功。


スマックの1回押しは、リール1/6回転に相当します。

手で巻くと、ついつい1回で半回転位は巻いてしまいますが、この1/6巻きでの小刻みな誘いがタチウオの食い気を促したようです。


ずっとスマックを親指で押し続けるのも疲れますので、同じように右手でリールを小刻みに巻いてみました。

1/6回転ずつ巻くのは結構難しいですが、手巻きでもこの誘いは効果的でした。

じゃあ、スマック機能で巻くのと手で巻くのとどう違うかと言うと、スマックで巻いた方が速度が速いのです。

リール1/6回転分、つまり道糸でいうと11センチ位を、素早く手で巻くのは難しい。

これがスマックでは、素早く正確にできるのです。


誘いに関しては、手で小刻みにリーリングすれば、ある程度同様の誘いは可能ですが、一番威力を発したのは、タチウオが餌を齧り始めてからフッキングまででした。

スマックの僅か11センチを素早く巻く機能は、餌を齧っているタチウオに、小さく確実な合わせを入れる結果となったようです。

それから、竿もよかったですね。

A-Britz Short 73は非常に柔らかい竿ですが、メガトップの穂先は大変感度がよいので、モタレるような最初の前アタリから、しっかりとらえることができました。

お陰様で、12本ゲット。

0810_4

今シーズン初のツ抜けができました。

仲乗りさんが最後の方で、1/4回転位ずつ小刻みに巻くのが、今日の一番有効な誘いのパターンだとおっしゃってました。

やはり、そうでしたか。

たまたまスマック機能を触って発見した誘いが、大当たりだったようです。

(続き、午後のシロギスは別記事にて)

« シーズン最後のマルイカ@海楽園 | トップページ | 超久しぶりなシロギス@忠彦丸 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/55400069

この記事へのトラックバック一覧です: スマックでリベンジLTタチ@忠彦丸:

« シーズン最後のマルイカ@海楽園 | トップページ | 超久しぶりなシロギス@忠彦丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31