リンク集

無料ブログはココログ

« イシダイ料理 | トップページ | イサキパーティー(&キンメ・アマダイ) »

2012年7月 6日 (金)

今年初のイサキ釣り@一之瀬丸

剣崎解禁してから1カ月、ようやくイサキ釣りに行って来ました。

前日夜まで仕事が忙しかったため松輪の船宿は朝が早いのでパス、今回は一之瀬丸の1日船です。

0706_1

6時前に船宿到着したら、右舷トモが空いてました。

すかさずゲット。

この釣り座には何と、マグネットまで付いてました。

0706_2

ラッキーです。

今日のタックルはA-Trigger ライトゲームM180にレオブリッツ150、FishingCUBE miniという、楽々セットです。

準備していたら、あれれ、FL60のプラビシを持って来たはずなのに、寝ぼけて間違えたのか、プラカゴでした。

船長に確認し、これに錘を付けてもよいということだったので、錘を買いましたが。

このプラカゴ、窓とかを調整できなくて、なんかコマセが出過ぎちゃうんですよね。

イサキ釣りって、コマセがポロポロほんのちょっとずつ出るのがいいって聞いていたので、これだと出過ぎ。

何となく嫌な感じがしながらも、ポイント到着。

イサキ船団がいっぱいいらっしゃいました。

0706_4

1時間で4匹ゲット。

0706_5

写真ではよくわかりませんが、どれもウリじゃなくて正真正銘のイサキです。

去年も2回、剣崎イサキに挑戦しましたが、殆どがウリちゃんだったので、これは幸先よいです。

ところが、それからが全然食わない。

ビシが悪いのかもと思い、控えの40号に足し錘10号付けてやってみました。

いい感じに釣れ始めましたけど、潮が速いようで、ビシが浮きあがっちゃいます。

しょうがなく、再び60号のカゴ&錘に戻す。

そんな繰り返しで、結局15匹で終了。


0706_7

いい型も混じりましたので、数少ないですがとりあえず満足です。

0706_8

« イシダイ料理 | トップページ | イサキパーティー(&キンメ・アマダイ) »

コメント

イサキはウロコを取って、内臓は取らないで焼いた方が、美味しいらしいです。
自分も今度やって見る予定です。

kazuさん

胃袋の中にコマセが詰まっているので、怖くてそのままでは焼けませんでした。
でも、白子が大きかった~のでこれはお腹に入れたまま焼きました。
小さなウリ坊でも、成魚なんですね。
白子か真子がパンパンに入ってました。

イサキは一にタナ取り、二にコマセワークだと思っています。出過ぎるコマセはイサキがコマセに付いていくので釣れないことが多いですね。

うみまるさん

コメントありがとうございます。
せっかくアタリタナ見つけても、コマセが出過ぎたらダメなんですね。

次はちゃんと調整できるビシを持って再挑戦します。
あのイサキのキュイキュイって引き、楽しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/55136417

この記事へのトラックバック一覧です: 今年初のイサキ釣り@一之瀬丸:

« イシダイ料理 | トップページ | イサキパーティー(&キンメ・アマダイ) »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31