リンク集

無料ブログはココログ

« 久しぶりのビシアジ@こうゆう丸 | トップページ | マゴチ料理です »

2012年6月24日 (日)

初挑戦のマゴチ釣り@一之瀬丸

10日ぶりの休み、そして今月やっと2度目の釣りです。

一度挑戦してみたかったマゴチ釣りに、ようやく初挑戦しました。

お世話になったのは一之瀬丸の一日船。

7時に出港して、午後3時沖揚がりの4時頃帰港。

サイマキ5匹付いて9000円です。

でも、私は女性割引なので半額の4500円でした。

お得で嬉し過ぎます。

初めてなので船長のそばがいいかなと、左舷胴中央に釣り座をゲット。

出船前にナオト船長のレクチャーを受けます。

まずは餌のサイマキ(クルマエビの子ども)の付け方。

サイマキのツノを半分位折り、針を口から入れてツノに刺し、針先をツノからほんの僅か(1ミリ位)出す。

船長の手さばきを見ていると、超簡単そう。

(実際には、簡単ではなく、勢い余って針が突き抜けたり、斜めに針をかけちゃったり、サイマキを即殺させちゃったり・・・でした)

そして釣り方。

底を取ったら1メートルあげる。

万一リールで巻いている間に食ったら絶対バレるので、竿を下向きにした状態で底を取り、そのまま1メートル上げるとのこと。

あとは1分間に2回位底を取り直し、それが誘いになるということで、延々と底取りを繰り返すのだそうです。

なんだか地味で忙しい釣りですね。

さて、定刻の7時にマゴチファン10人を乗せて出船しました。

0624_1

40分ほどで大貫沖のポイントに到着。

0624_3

本日のタックル、A-trigger ライトゲーム180Mにスポルザ(PE1.5号)

A-trigger ライトゲーム180Mは錘負荷20~60号なので、15号の半月錘でちゃんとアタリが取れるのか、少し不安でした。

(かと言って、予備で持ってきたA-Britzショートだと竿が短すぎて扱いにくそうでした。)

30分ほどして、左舷トモ2番の方がマゴチゲット。

すかさず船長が色つきの安全ピンを出してきました。

生簀に入れておく目印にするそうです。

常連さんはそれぞれ、自分の目印となるピンだとかヒモだとかを自前で持っているそうです。

船にもいくつかの色違いのピンが用意されているのだとか。

そうこうしているうち、船中でポツポツとマゴチが釣れだしました。

しかし私はと言えば、ひたすら忍耐でございました。

まめに底をとり直しても、じっと待ってみても、置き竿にしてみても、マゴチらしきアタリがありません。

一度だけいきなりぐいっと引きがありましたが、すぐ離れてしまいました。

竿がはじいてしまったのでしょうか。

時々、違うアタリが混じり、餌をやられます。

サイマキがそのままあがってきても、死んでいるので付け替えます。

外道の犯人はフグだそうです。

針が17号と大きいから、まずフグはかかりませんね。

昼頃からは、外道のアタリすらなくなりました。

こりゃ、渋い日のタチウオ以上に難しいかも。

左舷ミヨシの方が断トツのトップで、昼過ぎには6匹。

1時過ぎ、左舷ミヨシ2番の、私と同じ初挑戦の男性もようやく1匹目をゲット。

もしかして、私だけボウズでしょうか?

昼過ぎた頃から潮止まりタイムのようで、底潮が全然動いていない様子。

船長が「それだけが原因かわからないけど、左舷ミヨシの人は仕掛けを1メートルにして釣れてます」

と教えて下さったので、早速仕掛けを1メートルに縮めてみる。

潮が流れていない時はタナの位置は変えずに仕掛けを短くする。

確かに、それはありかもしれない。

アマダイ釣りで、底スレスレをキープするために、潮に応じてタナを変えてみたり、フロートやガン玉付けてみるのと同じですね。

1時半を過ぎ、船は第二海堡そばに移動しましたが、今度は潮が速くて底が取りにくい。

0624_4

20分ほどでまた移動。

残り40分を切りました。

最後は大貫沖の浅場7メートルのポイント。

忍耐の限界と思えた沖揚がり10分前に、コツンコツンと。

それから少し送り出してみたらグイ、グイっと。

もう少し待ったら今度はズンっと。

ここで「おっしゃ~」っと合わせました。

竿が強く引きこまれます。

隣で船長がタモを構え、

「頑張れ、バラすな、あとちょっとだ~」

と声をかけて下さいました。

無事タモに収まった時はもう、大興奮。

やった~。

50センチオーバーゲット!

0624_5

今日は小さいのばかりだったとのことで、今日釣れた中では一番のサイズでしたよ。

このマゴチを釣らせてくれたのが、このサイマキくんでした。

0624_52

13匹目のサイマキでしたが、どれよりも一番元気で、私の餌付けが(やっと慣れて)うまくいったのか、針が付いているのにピョンピョン跳ねてました。

船宿に着いてから、生簀に貯めていたマゴチを出したところを撮影しました。

全部で10数匹でした。

0624_6

ということは、6匹釣ったお1人を除いて、平均1匹?

1匹釣れれば決して悪くない。

何とも忍耐の1日でしたが、終わりよければすべてよし、です。

06241

帰宅後、とりあえずお刺身を造ってみました。

疲れちゃっていたので、ブツ切りモードです。

06242

薄造りみたいにきれいにはなっていませんが、これで半身分でした。

ワサビ醤油と、柚子胡椒ポン酢で食べてみました。

どちらも美味しかったけど、ポン酢の方が上品な白身により合ってました。

« 久しぶりのビシアジ@こうゆう丸 | トップページ | マゴチ料理です »

コメント

お疲れさまでした。
最後の最後で大物を釣り上げるのがMIKKAさんらしいですね。
いつもながら、さすがです。

餌の付け方、生かせ方も重要なポイントのようですね。
やはり餌の動きは誘いのポイントになるのでしょうか。

面白そうですから、行ってみたいです。

BONさん、コメントありがとうございます。

餌の付け方が一番のキモかも知れません。
私が最後の最後に釣れたのは、ようやく餌付けに慣れたお陰だったかもです。

35リットルのクーラーを持って行きましたが、周りはもっと小さいクーラーでした。
60センチ級とか釣れたら小さいクーラーには入らないでしょうと思ってのことでしたが、全然釣れなかったので超恥ずかしかったです。

次はもっと小さいクーラーにして、万一大きいのが釣れたら丸めて入れることにします。

こんな浅場なら、きっとボートでも狙えますね。
是非狙ってみて下さい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/55052676

この記事へのトラックバック一覧です: 初挑戦のマゴチ釣り@一之瀬丸:

« 久しぶりのビシアジ@こうゆう丸 | トップページ | マゴチ料理です »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31