リンク集

無料ブログはココログ

« 電車釣行LTアジ@黒一丸 | トップページ | 金環日食見ながらLTアジ@忠彦丸 »

2012年5月15日 (火)

ずぶ濡れのキンメ釣り@番匠高宮丸

湘南釣り倶楽部のチームキンメの仲間3人とともに、新島沖キンメ釣りに行って来ました。

私は年末の爆釣以来なので、5カ月ぶりです。

集合3時の出船3時半ということでしたので、前夜11時20分に出発。

今日は大雨の予報です。

ところが、PVCのサロペットとレインジャケットを久し振りにひっぱり出したのに、車に積むのを忘れてしまいました。


2時20分頃に須崎港に着くと、新しい番屋の前にパパさん、玉さんの車が並んでました。

高波も予想されるため、釣り座は少しでも揺れないようにと、船酔いが心配なパパさんがトモから4つ確保していて下さいました。

あとは早上りでもいいから、無事出船できることを祈るのみ。


さて、釣り座はトモから順に玉さん、パパさん、私、そしてゴヨーさんの順。

ミヨシ側の4人は別グループです。

そして高宮丸は定刻の3時30分に須崎港を出港しました。


私は毎度、船宿に仕掛けまでお願いしています。

船宿仕掛けは下から5本までがカツオのハラモ、それより上には鮭皮が付いてます。

鮭皮よりもカツオのハラモの方が食いがよいため、鮭皮をはずし、ゴヨーさん特製のカツオのハラモに餌を付け替えていたら、キャビンに入るのに出遅れました。

残念なことに、5つある後方のベッドが1つも空いてません。

前方の広いスペースには、別グループの男性がお2人横になっていらっしゃいます。

私は一応「女」なので、見知らぬ男性2人の間に入って横になる勇気がありません。
(意外~とか、言わないで下さいね)

仕方なく、座ったままひたすらポイントに着くのを待ちました。


1時間ちょっと走り、例によって数狙いの230メートルダチの浅場で第1投となりました。

0515_1

この段階では波もなく、雨も殆ど降っていません。

この調子で最後まで行けるとよいのですが。

着底後すぐにアタリがあります。

しばらくしてトモから巻き上げ開始。

何だかひっきりなしのゴンゴンした大きな引きが、キンメではないような不安にかられながら、スピードは17で巻いていきます。

上から2つ目の針に赤い影が見えた時はほっと一安心。

少しこぶりですが2匹を取り込み、そこから下はゴヨーさんの仕掛けとからまってましたので、まとめてゴヨーさんが取りこんでくれました。

思った通り、キンメ9匹の中に混じって、メダイが1匹付いてました。

その中から私の分のキンメを3匹いただき、1投目は5匹キープです。

ほどなくして2投目。

またしても着底とともにアタリです。

今度はおマツリせずにあげられて5匹。

あれ、もう少したくさんいると思ったんだけどなあ。

なんだか微妙に小さいのが混じってます。

沖の瀬サイズどころか、30センチに満たない真鶴サイズがいます。

隣のゴヨーさんは1投目に6匹、この流しで9匹と、快調に飛ばしてます。


2投までに全員、そこそこお土産が確保できたので、20分ほど走り、次は型狙いの深場へ移動です。

450~500メートルダチで3投目となりました。


ところが、着底しても、何もアタラな~い。

あれれ、キンメはどこへ行っちゃったの?

アタリのないまま、道糸を出して行きます。

当然、スカでした。


そして4投目、今度はアタリがあったのですが、根がかりでオモリが切れ、トモの玉さんの方にからまってしまいました。

玉さんに引き上げていただき、まあまあの型を3匹ゲットしました。


この頃から、雨が激しくなってきました。

PVCのウェアを忘れたので、DAIWAのレインマックスを着ていました。

雨は通さず湿気を逃がす、が売り文句のレインウェアですが、激しい雨の中、雨が中まで浸みこんで来ました。

下は座っているお尻から、Gパンや下着まで濡れてきました。

上も中の方まで雨が浸みこんできています。

だんだんと体が冷えてきました。


5投目あたりから、濡れて寒くてキャビンに逃げ込みたい衝動にかられましたが、ここでギブアップするわけにはいきません。

皆さんも雨に耐えながら釣りをしています。

0515_2

ということで続投しますが、潮が変な感じで、底が取りにくくなってきました。

アタリもないまま糸を出していき、またスカです。


そして6投目もアタリが出ません。

上げてみると、アタリもわからないまま付いていたという感じで、1匹ゲットした。

ミヨシ側は相変わらず、連続で釣れてます。

私はひたすら沈黙で、どしゃ降りの雨の中、心まで冷えてきました。


今日はどうやら、道糸をあまり出さない方が正解のようです。

キンメのタナが浮いているのでしょう。

アタリの出ないまま道糸を出していたのでは、キンメのタナとはズレたままです。

そして釣り座はミヨシ側が断然有利でした。

先に投入する人ほど着底途中でアタリが出て、それが誘いになって追い食いでき、トモ側が投入する頃には分け前が残っていない?

そんな印象の流しが続いています。


7投目、今度こそ、底を何とか取ったら道糸を出さずにやってみようと思ったのですが、パパさんとマツった上にカラスザメばっかり付いてました。


そろそろ波も高く風も強くなってきましたが、何とか8投目まで続けることができました。

最後の8投目は、490メートルのところで底を取らずに止めていたパパさんにいい感じのアタリ。

船長が「全員、500メートルまで巻き上げてみよう」とすかさず指示。

私はその時560メートル位出ていて、根がかりしていて30メートルしかあげられなかったけれど、そこでようやく久しぶりの、念願のいい感じのアタリが出ました。

最後のチャンスだから頑張ろうと、その位置で追い食いを狙います。

絶好調のゴヨーさんのカウンタも同じ深さだったので、最後に華を飾れそうです。

そして最後の巻き上げの合図です。

根がかりしていた錘を切りましたが、相変わらず魚信が続いていたので、期待も膨らみます。

パパさんにも玉さんにも、最後の最後にキンメがいっぱい付いている様子でした。

やっとトモ側にもチャンス到来。

と思ったら、突然、後ろの二人の悲鳴が聞こえました。

何と、ミヨシ2番の道糸がからみ、二人同時にラインブレイクしたそうです。

300メートル近い高切れで、キンメもろともさよならだと。


「仕掛けがまつって一緒に上がってくるといいけどな~」という船長の期待空しく、隣にいた私の竿は重くなっては来ません。

そして、次に同じくミヨシ2番の方の道糸が、今度は私とゴヨーさんの道糸を巻きこんで大変なことになりました。
オマツリはずしの間に、道糸が緩んでしまいました。

魚信がなくなり、嫌な予感がします。

錘がないのでゴヨーさんより先にあがった私の仕掛けには1匹しか付いていませんでした。

ああ、がっくり。


後からあがったゴヨーさんの仕掛けには、ナイスなサイズばかり6匹付いていました。

最初から最後までコンスタントに釣れて絶好調のゴヨーさんは35匹で我々の中では断トツのトップでした。
私は結局15匹で、8人中のスソです。

ああ、がっくり。


終了とともに、まっしぐらにキャビンへと逃げ込みました。

冷えで腕の震えが止まらなくなっていました。

レインジャケット脱いだらその中のパーカもぐっしょり、
パーカを脱いだらその中のジャケットもぐっしょり、
ジャケット脱いだらその中の長袖シャツも、更にその中の長袖プルオーバーもぐっしょり、
で、一番下のTシャツまで濡れてしまってました。

着替えを持っていなかったので、脱げるだけ脱いで横になりましたが、腕の震えは止まりません。

PVCのレインウェアを持って来なかったことを、激しく後悔しました。


そんなわけで、震えながらもまた1時間少しかけて、雨足が更に激しくなった須崎港に到着。

0515_3

4人の中では1番寂しいクーラーが私。

0515kinme2rev

とは言え、明日のキンメ宴会分は十分に釣れたので、それだけは本当によかったです。

玉さんと私とで5匹ずつ、合計10匹を日本橋に送りました。


そして自宅に持ち帰ったキンメは10匹だけ・・・数も型もちょっと寂しい。

0515_4

濡れた服を着替えて最後の気力をふり絞り、夕飯用にキンメを捌きました。

刺身でもしゃぶしゃぶでも食べられるように一皿。

0515_5

目標とした2.5キロサイズは混じりませんでしたが、それでも十分脂が乗っていて、旨いです。

夕食後、知人にお届けする刺身を作り、兜煮も作り、本日のタスクは終了です。

0515_6_2

0515_7

とりあえず、風邪をひかなかったことを感謝し、爆睡しました。


« 電車釣行LTアジ@黒一丸 | トップページ | 金環日食見ながらLTアジ@忠彦丸 »

コメント

凄い、難行苦行でしたね。
良く頑張りました。
そんなになるまで、やれるのは大したもんですw(^o^)w
釣果も悪くないですよ。
お疲れ様でした。

タダさん、

雨をちょっとみくびってました。
でもキンメ宴会は大成功で、頑張ったかいがありました。

こんばんは

新島までキンメ遠征釣り これはかなり釣り好きですね
雨濡れ 最後まで頑張りましたね

写真・クーラー、かなり釣っていますよ キンメこれだけ釣れれば 良しとしましょうか

キンメの刺身 これは超美味いですね!   暫く食べてないです
脂が乗って刺身包丁に付くこともありますね
兜煮 これ以上の料理ないかな

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/54734831

この記事へのトラックバック一覧です: ずぶ濡れのキンメ釣り@番匠高宮丸:

« 電車釣行LTアジ@黒一丸 | トップページ | 金環日食見ながらLTアジ@忠彦丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31