リンク集

無料ブログはココログ

« そして上越マダイ釣り再び@釣友丸 | トップページ | またもや微妙なマルイカ@一郎丸 »

2012年4月29日 (日)

釣果も超ライトなLT深場@渚丸

湘南釣り倶楽部のイベントで、メンバー12人+一般のお客さん2人の満員御礼な中深場に行ってきました。

船宿は昨年アカカマスでお世話になった渚丸さん。

ビシアジの竿&300メートルの道糸があればできるという、錘も150号の手軽な中深場です。

私は右舷の大トモをゲット。

とりあえず、安いビシアジ竿に電動丸3000playsで投入。

0429_1

アタリ全然ありません。

底潮が全然流れていない様子です。

でも上潮が速いようで、毎度、毎度、マツリます。

しばらくしてサバ。

サバは更にマツるので、ハリスを切ってさようなら。

しばらくしたら、かけあがりで段々浅くなるポイントで根がかりして、どうやっても捨て糸が切れず。

道糸を十分緩めていたはずなのに、船の揺れで道糸から手を放した途端にボキッ。

竿が折れました。

まだ10時前のことです。


気を取り直し、タックルを予備のメタリアヤリイカと電動丸4000BMに変更。

0429_2

かけあがりばかり狙っていて、一番深いところはジャスト300メートルだったので、不安になってリールも替えました。

10時過ぎてから、何度も何度も流し変え、そして移動。

2時間ほど、何も釣れず。


メタリアはちょっと先調子過ぎて、あまり使い心地がよくありません。

昼近くなり、少しアタリが出始めたものの・・・。

毎度コイツ。

0429_3

ミヨシの方ではシロムツが釣れているらしい。

でも、こっちはユメカサゴだけ。


そのうち、終了です~と。

はあ、やっちまいました。

中深場でここまで貧果なのは、昨年のアカムツ船以来。

14人乗っていて、クロムツも、キンメも、スミヤキも、はたまたメダイすら上がりませんでした。

35リットルのクーラーはすっかすか(涙)。

0429_4

がっくりとうなだれながら、帰港しましたよ。


0429_5

次は250号~300号の錘で、しっかり中深場に対応できる竿で、ミヤマエのリールでやろうと誓いました。

中深場のタックルも、深場のタックルも持っているのに、わざわざライトにする必要はないのでした。

【仕掛け】
覚書として書いておきます。

枝はフロロ8号、枝間130センチで親子サルカンで結んだ6本針。
ハリスはフロロ6号で60センチ。
ハリは極ムツ17号を使用しました。

« そして上越マダイ釣り再び@釣友丸 | トップページ | またもや微妙なマルイカ@一郎丸 »

コメント

中深場の根魚釣りは残念でしたね。
この釣り船は城ヶ島南沖まで来て中深場の根魚釣りも得意とする船ですが、海が相当に深場釣りに合わない日だったようです。

4月下旬から黒潮の分流が大島沖を経て相模湾に流れ込んだから潮がすっかり澄んでしまいました。
そのため海底が明るくなったので、根魚は深場に落ちてしまって、食わなかったのではないかと思います。
黒潮の影響で外房ではカツオの好漁がありました。
月末までこの状態が続いたようです。

今月に入って、黒潮の流れが変わり、分流の流れ込みは減りました。
潮が馴染めばまた、深場の根魚の活性が上がると思います。

竿を折ったり、散々でしたが、中深場の根魚釣りは比較的手軽です。
ムツやアカムツ・キンメなどが釣れます。
これに懲りずにまた挑戦してください。

タダさん、

大変な日にあたってしまったようです。
根魚は明るい所が嫌いなんですね。
勉強になりました。

リベンジはもっと中深場としてはノーマルなタックルで、状況に応じて500メートルは狙える方向でやりたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/54624835

この記事へのトラックバック一覧です: 釣果も超ライトなLT深場@渚丸:

« そして上越マダイ釣り再び@釣友丸 | トップページ | またもや微妙なマルイカ@一郎丸 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31