リンク集

無料ブログはココログ

« 予定外の赤い魚ゲット@忠彦丸 | トップページ | アジの簡単洋風レシピ2品 »

2011年12月30日 (金)

アコウ狙いの深場船@一之瀬丸

釣り納めで一之瀬丸の深場船に乗りました。

左舷6人、右舷5人を乗せた船は定刻7時30分に出航。

私は左舷ミヨシの釣り座となりました。

今日もかすかに富士山が見えます。

1230ako1

天気予報通り、凍えるほど寒く、その上波が荒く、ミヨシ席は揺れに揺れます。こんな日に沖に出るなんて、皆さんよっぽどの物好きな深場釣り師ですね。

本日のタックルはアルファタックル ディープインパクト MTKI とミヤCX4HPの組み合わせ。

MTKIは新島キンメで使っている竿ですが、錘負荷が300~500号なので中深場でも使えるということで、一度試したかったのです。


さて、てっきり中深場かと思ったら、着いたのは洲の崎沖450~500メートルダチの深場でした。

針をマグネットに並べて準備します。

1230ako2

本日の仕掛けは7本針にしました。

5本だとタナのカバレッジ狭いし、10本だと扱いが面倒です。

幹糸ナイロン20号、幹間150センチ、上糸と捨て糸100センチの親子サルカン仕掛けを用意しました。

ハリスはナイロン14号70センチ、針はムツ20号です。


餌は船宿支給のサバと、湘南釣り倶楽部のゴヨーさん特製カツオのハラモを交互につけました。

そして2か所だけ、オレンジのタコベイトを付けました。


8時半、船長の合図とともに右舷ミヨシから投入開始です。

マグネット板1枚に7本針は少々手狭ですが、無事投入成功。

まずは底を取って様子を見ます。

少し巻いたり落としたり、時々5メートルほど上げてからゆっくり落とし込んでみたりしてみました。

何となく微妙な感触がありましたが、アタリという感じでもなかったのでそのまま待ちます。


結局船中アタリがないまま、巻き上げの合図です。

ところが、あれ、真ん中の針に黒い魚が見えました。

変な顔したトウジンです。

更に、下から2番目の針に赤い魚が付いていました。

35センチと小さい、これはホウズキでしょうか。

船長は「小さいけど本命だから」とおっしゃるので、これもアコウってことにしてよいようです。

1投目で船中1匹目をゲットしました。

オレンジタコベイト付きのサバ餌の針にかかりました。


さて、海はますます荒れてきましたが、船長から「すぐもう1回やるから準備して~」とのアナウンス。

私はといえば、トウジンとアコウで仕掛けがヨレヨレになってしまい、直せません。

そこだけ新しい幹糸やハリスを結び直せばよいのですが、揺れるわ風は強いわ頭から波をかぶるわで、準備ができません。


結局ヨリがちゃんと直せないまま合図が出てしまいました。

えいままよ、と錘を入れてみましたが、見事引っ掛かり、2投目は無念のパスとなりました。

そんな時に周囲が爆釣しちゃうとがっくりしちゃいますが、この2投目は全員スカでした。


少し流し変えてからの3投目と4投目はいずれもスカ。

誰かがこの流しでアコウを釣ったようで、この段階で船中アコウ2匹でした。


昼ちょっと前でしたが、「海況が悪いため、移動しま~す。」という船長のアナウンスがあり、40分ほどかけて船は剣崎沖に移動しました。

ここも450メートル前後の深場です。


5投目は、周囲で「よし、アタッたぞ~」という声がちらほら。

そして私にもようやくアタリがあった、MTKでもちゃんとアタリが取れたぞ~とほくそ笑みながら巻いたら、へびみたいなアナゴみたいな魚がダブルでかかってました。がっくり。

後で調べたら「ホラアナゴ」というんだそうです。


そして6投目、アナゴの白い粘膜のようなものでベトベトになった仕掛けを途中から切り捨て、継ぎ足しが間に合わないので仕方なく5本針で投入しました。

エサも船宿支給のサバを入れた容器が風でどこかに飛んでしまったので、5本針全てにハラモを付けました。

左舷ミヨシから4番の方が、型のいいアコウを3匹提灯でゲット。

わあ、羨ましいな~と見ていたら私にも大きなアタリが。

底ではなく、3メートルほど底を切っていた時です。

よしっとばかりに巻きあげます。

この際、追い食いなんて悠長なことは言ってられません。

45センチのそこそこ型のよいアコウが、5本針の一番上にかかっていました。

カツオのハラモでもアコウは釣れるということがわかりました。


それにしても、アコウって底にいるものだとばかり思っていましたが、底を10メートルも切ったところにいた?

底を取り直すと10メートル位すぐ水深が変わったので、急激なかけあがりだったのでしょうね。

こういうポイントで釣りする場合、底を意識し過ぎないことも大事だと学びました。


ほどなく最後の7投目をやりましたが、1メートル以上ある大きなホラアナゴを釣って終了しました。


アコウは寝かした方がおいしいので、正月3日あたり、アコウ鍋にしようかな。

1230ako3

トウジンは船長がおいしいからと言うので持ち返りましたが、どうやって調理するんでしょうかね~。

それにしても、本当に変な顔だ。

1230ako4


« 予定外の赤い魚ゲット@忠彦丸 | トップページ | アジの簡単洋風レシピ2品 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/582118/53625634

この記事へのトラックバック一覧です: アコウ狙いの深場船@一之瀬丸:

« 予定外の赤い魚ゲット@忠彦丸 | トップページ | アジの簡単洋風レシピ2品 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31