リンク集

無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月30日 (金)

アコウ狙いの深場船@一之瀬丸

釣り納めで一之瀬丸の深場船に乗りました。

左舷6人、右舷5人を乗せた船は定刻7時30分に出航。

私は左舷ミヨシの釣り座となりました。

今日もかすかに富士山が見えます。

1230ako1

天気予報通り、凍えるほど寒く、その上波が荒く、ミヨシ席は揺れに揺れます。こんな日に沖に出るなんて、皆さんよっぽどの物好きな深場釣り師ですね。

本日のタックルはアルファタックル ディープインパクト MTKI とミヤCX4HPの組み合わせ。

MTKIは新島キンメで使っている竿ですが、錘負荷が300~500号なので中深場でも使えるということで、一度試したかったのです。


さて、てっきり中深場かと思ったら、着いたのは洲の崎沖450~500メートルダチの深場でした。

針をマグネットに並べて準備します。

1230ako2

本日の仕掛けは7本針にしました。

5本だとタナのカバレッジ狭いし、10本だと扱いが面倒です。

幹糸ナイロン20号、幹間150センチ、上糸と捨て糸100センチの親子サルカン仕掛けを用意しました。

ハリスはナイロン14号70センチ、針はムツ20号です。


餌は船宿支給のサバと、湘南釣り倶楽部のゴヨーさん特製カツオのハラモを交互につけました。

そして2か所だけ、オレンジのタコベイトを付けました。


8時半、船長の合図とともに右舷ミヨシから投入開始です。

マグネット板1枚に7本針は少々手狭ですが、無事投入成功。

まずは底を取って様子を見ます。

少し巻いたり落としたり、時々5メートルほど上げてからゆっくり落とし込んでみたりしてみました。

何となく微妙な感触がありましたが、アタリという感じでもなかったのでそのまま待ちます。


結局船中アタリがないまま、巻き上げの合図です。

ところが、あれ、真ん中の針に黒い魚が見えました。

変な顔したトウジンです。

更に、下から2番目の針に赤い魚が付いていました。

35センチと小さい、これはホウズキでしょうか。

船長は「小さいけど本命だから」とおっしゃるので、これもアコウってことにしてよいようです。

1投目で船中1匹目をゲットしました。

オレンジタコベイト付きのサバ餌の針にかかりました。


さて、海はますます荒れてきましたが、船長から「すぐもう1回やるから準備して~」とのアナウンス。

私はといえば、トウジンとアコウで仕掛けがヨレヨレになってしまい、直せません。

そこだけ新しい幹糸やハリスを結び直せばよいのですが、揺れるわ風は強いわ頭から波をかぶるわで、準備ができません。


結局ヨリがちゃんと直せないまま合図が出てしまいました。

えいままよ、と錘を入れてみましたが、見事引っ掛かり、2投目は無念のパスとなりました。

そんな時に周囲が爆釣しちゃうとがっくりしちゃいますが、この2投目は全員スカでした。


少し流し変えてからの3投目と4投目はいずれもスカ。

誰かがこの流しでアコウを釣ったようで、この段階で船中アコウ2匹でした。


昼ちょっと前でしたが、「海況が悪いため、移動しま~す。」という船長のアナウンスがあり、40分ほどかけて船は剣崎沖に移動しました。

ここも450メートル前後の深場です。


5投目は、周囲で「よし、アタッたぞ~」という声がちらほら。

そして私にもようやくアタリがあった、MTKでもちゃんとアタリが取れたぞ~とほくそ笑みながら巻いたら、へびみたいなアナゴみたいな魚がダブルでかかってました。がっくり。

後で調べたら「ホラアナゴ」というんだそうです。


そして6投目、アナゴの白い粘膜のようなものでベトベトになった仕掛けを途中から切り捨て、継ぎ足しが間に合わないので仕方なく5本針で投入しました。

エサも船宿支給のサバを入れた容器が風でどこかに飛んでしまったので、5本針全てにハラモを付けました。

左舷ミヨシから4番の方が、型のいいアコウを3匹提灯でゲット。

わあ、羨ましいな~と見ていたら私にも大きなアタリが。

底ではなく、3メートルほど底を切っていた時です。

よしっとばかりに巻きあげます。

この際、追い食いなんて悠長なことは言ってられません。

45センチのそこそこ型のよいアコウが、5本針の一番上にかかっていました。

カツオのハラモでもアコウは釣れるということがわかりました。


それにしても、アコウって底にいるものだとばかり思っていましたが、底を10メートルも切ったところにいた?

底を取り直すと10メートル位すぐ水深が変わったので、急激なかけあがりだったのでしょうね。

こういうポイントで釣りする場合、底を意識し過ぎないことも大事だと学びました。


ほどなく最後の7投目をやりましたが、1メートル以上ある大きなホラアナゴを釣って終了しました。


アコウは寝かした方がおいしいので、正月3日あたり、アコウ鍋にしようかな。

1230ako3

トウジンは船長がおいしいからと言うので持ち返りましたが、どうやって調理するんでしょうかね~。

それにしても、本当に変な顔だ。

1230ako4


2011年12月28日 (水)

予定外の赤い魚ゲット@忠彦丸

忠彦丸の沖のウィリー1日船に乗ってきました。

武蔵小金井に住んでいる釣り好きの叔父が一緒に釣りに行きたいということで、とりあえず色々な魚が釣れるであろうウィリーにしました。


叔父が我が家に前泊したので、気合い入れて早起きし、6時には船宿に到着。

こんなまだ暗い時間にここに着いたのは初めてです。

1228madai1

お陰でというか、左舷の大トモが取れました。

沖の瀬まで繰り出してオキメバルなんかが釣れたら楽しそうだし、千葉方面で寒イサキを狙うのも、アマダイを狙うのも楽しそう。

とか思っていたら、あてがはずれて久里浜沖だそうです。

3号8~10メートルのマダイの仕掛けを用意するようにとのアナウンス。全然ウィリーじゃないのです。

1228madai3

さて、水深65メートル。上からの指示タナで、57メートル落としてからコマセを撒き、50メートルで待てとの指示です。

開始して20分ほどで小さなマダイをゲット。

更に1時間ほどで、48センチ、1.3キロのマダイをゲットしました。

この時は60メートル落として指示ダナ54メートルでした。

とても美人なマダイです。

1228madai2_2


ところがそれから、全くアタリがありません。

沈黙の時間が過ぎてゆきます。

船長はマダイを少しでも釣らせたいのでしょう。

移動する気配がありません。


私は左舷のトモにおりましたが、右舷トモ2番の方が、
「何も釣れなくて飽きちゃったから、移動してって船長に言おうよ~」
と話しかけて来ました。

その会話が聞こえたのか、ほどなくして移動。


いずれにせよ、久里浜沖です。

今度はウィリー仕掛けに変えて下さいというアナウンスがあり、90メートルダチで底から3メートルという指示。


これは勿論アジ狙いでしょうとウィリー仕掛けにオキアミ付けちゃって(このところの大アジには何故かこれがよく効きます)、底近くでコマセ撒いて3メートルで待機します。

いきなり大きなヒット。

いや、これがアジではなく、タイっぽい竿の入り方でした。

一応マダイに備えて少しドラグを緩めてはいましたが、さっきよりもずっと大きな引きなので、更にドラグを調整し、やり取りしながら最後まで手巻きしました。

これでサメだったら笑っちゃうところですが、赤い影が見えました。

タモで取り込んだところ、60センチオーバーの立派なマダイでした。

1228madai41

更にウィリー仕掛けで小さなマダイを釣り、最終的にマダイ4匹でした。

予定外にまた、お正月の赤い魚をゲットしてしまいました。


後半はアジ狙いだったのですがね、これも絶好調で、25~35センチのアジを28匹釣りました。

水深が90メートルと深いので、どうしても手返しが悪くなります。

なのでアタリがあっても巻かず、待つ作戦をやってみたところ、ウィリー4本針に4匹1回、トリプル2回、そしてダブルが数回と、いい感じに釣れました。

35リットルのクーラーがいい感じになりました。

1228madai42

こんな感じで沖あがりです。

1228madai43

一番大きかったマダイを計測してもらったら、3.2キロありました。

1228madai5

アジも25~35センチの型のよいものばかり。

1228madai7


夜はアジ三昧の夕食でした。

1228madai6


3.2キロのマダイは、下処理して-60度冷凍庫に収めました。

1228madai8

自宅では消費できないサイズなので、会社の新年会にでも提供しようと思います。

1.3キロのマダイは、お正月まで寝かしてお刺身でいただきます。

何ともタイムリーにおめでたい魚が釣れて最高の釣行でした。

2011年12月22日 (木)

キンメ忘年会@日本料理さくら

釣ったキンメを直送し、キンメ忘年会を開催しました。

毎度お世話になっているのは、水天宮前の箱崎TCAT内にある「日本料理 さくら」さん。

釣った魚でとびっきりのお料理を出していただけます。


送ったキンメはこちら。

1221kinme4

この日の日本料理さくらでは既に大人数の宴会予約が入っていたのですが、無理無理お願いしました。

たくさん送っても5匹位しか料理できないと言われましたが、結局たくさん出していただいちゃいました。

料理長、無理言ってすみませんでした。

最初に可愛らしいお通し3品。特にお野菜がおいしかったです。
1222sakura1

次に出て来たのは海老しんじょのお吸い物。薄口でダシがよく効いていて絶品でした。
1222sakura2

そしてキンメです。最初はキンメのサラダ。皮目を炙ってあります。大葉風味のドレッシングです。
1222sakura3

そしてお刺身。この時期のキンメは脂の乗りが半端じゃなく、口に入れるとトロ~っととろけます。
1222sakura4

次がしゃぶしゃぶです。野菜とキノコで旨みが増えたところでキンメ投入。

いやこれも刺身で食べたいと、そのまま食べちゃう人も続出でした。
1222sakura5

こちらは玉さんが釣ったメダイの料理です。アンキモと大根と一緒にいただきました。
1222sakura6

次にシラコの唐揚げが出ました。ふわとろでした~。
1222sakura7

最後に中華風餡かけ茶碗蒸し。
1222sakura8

〆にいつものラーメンサラダを注文。これはゴマダレでさっぱりしておいしいのです。
1222sakura9

最後にスイーツ、プリンまで出していただきました。
1222sakura10

この時期のキンメは脂の乗りが半端ではなく、そのトロットロのキンメを皆で分かち合えたのが本当に嬉しかった~。
さくらさん、毎度お世話になってますが、これからもよろしくお願いします。

2011年12月21日 (水)

今年最大のキンメゲット@番匠高宮丸

お正月の赤い魚を求めて、湘南釣り倶楽部、チームキンメが6人全員揃いぶみ。


例によって前夜仕事が終わらなくて焦りましたが、何とか23時半に納品して終了。

既に荷物は車に積み込み終わっているので、あとは寝るだけです。

すぐに家を出られるよう、しっかり着込んだ状態でベッドに横になってみたものの、目が冴えて眠れません。

0時半にはあきらめて起き出し、コーヒーを入れて1時ジャストに出発しました。


3時40分には須崎港に到着。

集合までまだ1時間あるので、少し仮眠しようと車の中で横になってみましたが、キンメゾロゾロの妄想が膨らむばかりでちっとも眠れません。

仕方なく支度をしようと車から出ると、チームキンメは全員勢揃いしていました。


今日はすばらしい凪予報なので、チーム全員、マーにならずに釣りを楽しめそうです。

本日の釣り座は、トモからBOMBERさん、BONさん、玉さん、私、パパさん、ゴヨーさんの順。

ミヨシに一般客が3人、あれ~、定員オーバーの9人います。

船長がうっかりオーバーブッキングしたようで、常連さん1名は別の船宿に乗っていただくことになりました。


定刻の5時20分に高宮丸は須崎港を出発しました。

セッティングが終わったら、キャビンに入って少し仮眠。

のはずが、やっぱり寝られない。

キンメが1匹、キンメが2匹、キンメが3匹、とヒツジのようにつぶやいているうちに船はポイントに到着しちゃいました。

仕掛けを準備しましたが、まだあたりは真っ暗です。

1221kinme1

さて、船長の魚探を覗き込んでいたBONさんによると、

「凄い、底から60メートルのあたりまで、キンメで真っ赤になっている」

とのことです。

他の船団から少し離れた280メートルダチで、6時半に1投目です。


着底とともに、ガクガクと竿を叩くアタリが出ました。

錘を底に付けたまま、どんどん道糸を出していきます。

しばらくして、船長の合図とともにトモからリールを巻き始めます。


私はちょっとリールの速度が速かったのか、右隣の玉さんと仕掛けがマツってしまいました。

玉さんが仕掛けを2本分取り込んで下さいましたが、いきなりキンメが鈴なりです。


玉さんと2人で山分けしましたが、何とキンメは全部で24匹付いてました。

しかも全て1キロオーバーの見事な新島沖サイズ。

中には1.5キロオーバーも混じっています。

キンメで足の踏み場もないほどになるなんて、信じられない光景です。

バケツが小さすぎて、ちゃんと血抜きができません。

Kinme0


「すぐ次行くから準備して~」

と船長のアナウンスがあり、キンメをクーラーに入れる余裕もなく2投目です。

(クーラーは大トモに並べておいてあるのですが、魚を運ぶ余裕がありません)


また着底するなり竿が叩かれます。

糸をどんどん出し、巻き上げの合図の時には480メートルになってました。

今度は隣と深さをズラせるよう、ゆっくり目に巻きます。

この電動リールを巻いている間だけ、時間の余裕がちょっとだけ出るので、ここで1投目のキンメをクーラーに入れにいきます。


さて、釣り座に戻り、あと20メートルというあたりから、期待で胸がドキドキします。

仕掛けを上げてみると何と、一番上の針から、キンメが付いてます。

まだいた~、次もいた~、と、あげてもあげてもキンメがかかっています。

中にはほぼ2キロクラスもいて、取り込むのも大変です。

この2投目、全部で14匹でした。

これが夢にまで見た「キンメゾロゾロ」ってやつですね。

アドレナリンが湧きまくります。


血抜きをした血ですべってしまい、キンメをクーラーにしまいに行くたびに船から落ちそうになりました。

見かねた船長が2投目の後半の釣果をクーラーに入れて下さいました。

この時点で50リットルのクーラーが閉まらない位の満タンになりました。

1221kinme3_2


3投目以降は潮が2枚潮と言われ、道糸が交差し、オマツリしたりで大変でしたが、ちょこちょこ釣り、6投目までに34匹。

7投目は残念ながらサバの猛攻で3人マツリで終了しました。

トモの2人は、この時点でもキンメゾロゾロです。

1221kinme2


終わってみれば、全員が30匹以上釣り、揃って50Lクーラーは満タン、予備クーラーも使って何とか収めました。

6回目にして今年最高で最大のキンメ釣りとなりました。


うちのキッチンの作業場の幅は60センチです、

そこにようやく乗るほどの50センチクラスが7匹ほどありました。

Kinme2

数も最大でしたが、サイズも最大でした。


家に帰ってお刺身造りましたが、中位サイズのキンメ半身だけも十分食べ応えがあります。

半分は炙ってみましたが、脂が皮の隙間から浸み出します。

Kinme1

この時期のキンメは、脂の乗りが半端じゃないですね。

これをお正月まで食べ続けても終わりそうにありません。

おいしくって、笑いが止まりません。

2011年12月18日 (日)

またしても午後のLTウィリー@忠彦丸

今日は釣りに行く予定はなかったのだけど。

ぽかぽかのお陽さまを見ながら、無性に釣りに行きたくなりました。

昼からの半日釣りなので、カワハギやアマダイという選択肢はありません。

なので結局、再びTDのウィリーへ。


いい天気です。微かに富士山が見えます。

Aji3


残念なことにアジが殆ど口を使ってくれなかったけど、なぜかやたらチビいカサゴに好かれ、カサゴ12、アジ8、ハゼ1の21匹で終了。

カサゴは唐揚げにしかならないサイズなので全てリリース。

アジは40センチクラスが3匹混じりました。

小さいクーラーだから、斜めにしないと入りません。

Aji4

帰宅途中、近所の友達の家に寄りました。

彼女は魚を下ろせないのですが、御主人が大のお刺身好き。

たまには腕をふるいましょうと、アジの姿造りを作り、干物も家族人数分作ってさしあげました。

次もお刺身頼むと言われたけれど、これが毎度じゃ大変だよ。


2011年12月16日 (金)

結局タチウオ@忠彦丸

インド出張から帰国した途端体調を崩したので、昨日は昼までちゃんと寝ていました。

午後になって起き出し、少し仕事をしました。

さて、区切りがよくなるとまた例によって船宿HP巡り。


あれ、忠彦丸でスポットの沖のウィリーが始まってる、行きたいな~。

でもなぁ、どうせ一日船に乗るなら、山下丸のカワハギの方がいいかな~。


なんて考えていたら、また新たに急ぎの仕事が入ってきてしまった。

ううむ、体調悪いのに。

(と、その時だけ病人気分になる)


この状況で普通なら釣りになんか行きませんよね。


ところが忠彦丸のHPを見ると、「午前カワハギ船」というのがあった。

これだ!

病み上がりの私にも負担なく、しかも時間が短いから仕事への支障が最小限で済みます。

というわけで、カワハギの支度をして忠彦丸を目指します。

ところが、忠彦丸に着いてみると、社長が「カワハギは人数揃わず出船しません」と。

はぁ、超ショックです。

タチウオかウィリーはどうですか?と言われましたが、カワハギのタックルしか持って来てません。

いっそのこと、沖のウィリー一日船に乗ってしまおうかと、悪魔の誘いが頭をよぎりましたが、今日の仕事の分量からだと一日船は絶対に無理です。


さて、その10分後には、あきらめて帰り・・・・・

いや嘘です。

電動タックルを無料で貸してもらい、タチウオ船に乗っていました。

太っ腹の社長さん、ありがとうございました。

しかも、仕掛けまでいただいちゃいました。今日はハガキ持っていなかったのに。


朝日がまぶしいです。やっぱり海は最高だね。

Tachi0

ところがですね~、今日のタチウオは超難しかった。アタリが全然ない。

かすかに触る感じは分かるのだけど、餌を食ってくれない。

結局釣れたのは2匹だけ。

型はよかったのが救い。

お刺身、これで1本の2/3ですよ~。

半分は炙ってます。これが旨いのなんのって。

Tachi

まあ、とりあえず魚は釣れなくてもいいや。

海が見たかったんだ~。

てことにしておこう。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

バナー

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31